恩賜賞日本芸術院賞

記事番号:01875
年月:1957年02月

昭和三一年度(第一三回)恩賜賞並びに日本芸術院賞が決定し、二七日発表された。美術部門は左の通りである。なお授賞式は五月二二日学士院講堂に於て、天皇陛下臨席のもとに挙行された。 日本芸術院賞 第一部(美術部門) 日本画 杉山寧 第一二回日展出品作「孔雀」に対し。 洋画 鈴木千久馬 第一二回日展出品作「てつせん」に対し。 装飾美術 東郷青児 壁画「創生の歌」に対し。 彫塑 雨宮治郎 第一二回日展出品作「健人」に対し。 工芸 宮之原謙 第一二回日展出品作陶製花瓶「空」に対し。 建築 堀口拾巳 現在迄の業績に対し。 書 鈴木翠軒 第一二回日展出品作「禅牀夢美人」に対し。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top