美報解散

記事番号:00880
年月:1945年10月

大日本美術報国会では十月四日理事会を開催、会長横山大観をはじめ石井柏亭、同鶴三、高村豊周加藤顕清辻永野田九浦、斎藤素厳、平櫛田中児玉希望等の各理事、文部省犬丸文化課長、下田情報局第二部第三課長等の関係者が出席、美術界の官製団体としての性格を取りはらい、自主的活動に入るため、昭和十八年以来の報国会を解散することに決定した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top