日本美術院同人帝展参与指定等辞退 

記事番号:00078
年月:1936年06月

日本美術院同人中藤井浩祐を除く帝院会員は総て辞表を提出したが、帝展参与及び指定の作家等も其の態度に倣ふこととなり、六月十三日協議の結果 参与 小川芋銭中村岳陵木村武山石井鶴三 指定 大智勝観山村耕花荒井寛方北野恒富喜多武四郎新海竹蔵大内青圃 の十一名は連袂して参与指定辞退の手続を取つた。斯くして日本美術院は全く帝国美術院及び帝展と絶縁する態度を明かにしたものである。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top