秋の生存者叙勲の美術関係者

記事番号:02680
年月:1966年11月

政府は3日付で41年度秋の叙勲および賜杯(銀杯)の受章者の氏名を発表した。その中で美術部門関係者の主な氏名、勲等は次の通りである。  勲一等瑞宝章=浅野長武(東京国立博物館長)、勲三等瑞宝章=雨宮治郎(彫刻家、芸術院会員)、大久保作次郎(洋画家、芸術院会員)、堀口捨己(建築家、文化財専門審議会専門委員、神奈川大学教授)、勲四等旭日小綬章=中川紀元次(洋画家、二紀会委員)、溝口三郎(漆工芸品の研究、文化財専門審議会専門委員)、水町和三郎(古陶磁器の研究と伝承者の養成、文化財専門審議会専門委員)、勲四等瑞宝章=佐竹林蔵(教育美術理事長)、生駒義博(津山科学教育博物館副館長)、稲村坦元(埼玉県文化財保護審議会委員)、前得二(号大峰、漆芸沈金作家)、山口亮一(佐賀県文化財専門委員)、宮坂英一(長野県茅野市尖石考古館長)、勲五等瑞宝章=片岡照三郎(号華江、漆芸螺鈿作家)、竹原吉助(文化財建造物の保存技術、大阪府文化財専門委員)、成田潔英(紙の博物館長)、勲六等瑞宝章=磯村才治郎(錺金具修理技術業)、勲七等清色桐花章=北村勘一(染織結城紬絣くびり業)、桜井勇次郎(久留米絣製造業)、勲七等宝冠章=森山ヤス(染織久留米絣手織業)、田中ミヨ(染織久留米絣手織業)、玉置びん(染織かっぺた織製作、染織黄八丈製作)

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top