大久保作次郎

没年月日:1973/02/28
分野:, (洋)

 日展顧問、新世紀美術協会創立会員の大久保作次郎は48年2月28日逝去した。享年83歳。明治23年11月24日大阪市に生れた。明治44年氏原家より叔父の大久保家を継ぐ。大正4年、東京美術学校西洋画科本科を卒業、同級に鍋井克之がいた。更に同校研究科に進み、大正7年終了、大正12年2月渡仏、現在奈良国際ホテルのロビーにあるボチチェリーの壁画模写は滞欧中の作品である。昭和2年5月帰国、第8回帝展審査員となり、また、昭和13年創立の槐樹社に同16年まで会員として在籍した。官展審査員をつとめるかたわら、昭和14年、鈴木千久馬中野和高安宅安五郎らと創元会を結成し、17年迄同展に出品していた。戦後は日展に出品、審査員となり、他に旺玄会々員となり、30年には、和田三造川島理一郎吉村吉松柚木久太と共に新世紀美術協会を結成している。昭和34年日本芸術院賞を受賞、38年芸術院会員となった。風景画の他、明るい室内やテラス、樹下のベンチといった明るい外光の射す下での人物像を好んで描いている。作品はいづれも外光派の穏健な作風によっている。

出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(237-238頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「大久保作次郎」が含まれます。
to page top