平福百穂記念碑建立

記事番号:00519
年月:1939年09月

平福百穂の七周忌を迎へ、故人と親交のあつた鏑木清方結城素明川端竜子川合玉堂田口掬汀の五名の発起で、故人の生地秋田県角館町に記念碑が建設され、九月九日遺族、関係者ら参集、除幕式を行つた。碑は黒の水成岩で幅四尺、高さ十一尺、表面に田口省吾の描いた肖像素描と、川端竜子筆「百穂先生之碑」の文字を刻み裏面に略歴その他を刻んだものである。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top