朝日文化賞決定

記事番号:02565
年月:1965年01月

昭和4年創設以来、文化、社会奉仕、体育の分野で各年度のすぐれた業績に対し贈られている朝日賞の39年度文化部門の受賞者が決定、3日発表されたが、美術関係では、棟方志功(日本の木版画につくした功績に対し)、東京大学教授・丹下健三(国立競技場代々木競技場の建築に対し)、奈良国立博物館長・石田茂作(日本仏教考古学への貢献に対し)に贈られた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top