彫刻家のグループ「集団現代彫刻」結成

記事番号:02214
年月:1960年08月

前衛彫刻家が集つて互に横の連絡を保ち、はげましあつて、新しい彫刻を生みだすために強力な作品発表の場をつくろうというのが目的で「集団現代彫刻」というグループを結成した。メンバーは小野忠弘建畠覚造、中島快彦、木村賢太郎、毛利武四郎、広井力、向井良吉、野崎一良、昆野恒、篠井欽治、朝倉響子ら38人で、各会に所属のまま新しいグループ活動を推進する。第1回展は9月17日から26日迄東京西部デパートで開催される。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top