アジア連帯文化使節団出発

記事番号:01799
年月:1956年04月

昨春バンドンで開かれたアジア諸国会議の決定にもとづき、各国にアジア連帯委員会が設けられたが、印度、ソ聯、中国等の招請により日本文化使節団の民間代表二○数名が、二四日羽田を出発した。一行は谷川徹三を団長とし、芸術を通じ相互理解と交流を推進することを目的とし、印度、エジプト、ソ聯、中国、ベトナム、北鮮の各国を訪問した。美術関係団員では、本郷新福田豊四郎加藤唐九郎菊池一雄渡辺義雄今泉篤男がいる。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top