日本の創作版画、米国工芸デザインに使われる

記事番号:01741
年月:1955年09月

米国の世界的クリスタルメーカー、ステューベン・グラスでは、製品のデザインに日本の三版画家、棟方志功平塚運一斎藤清の作品を使用する事になり、ガラス器に版画を使用することははじめての試みであり、版画の新しい途への進出という意味で、わが国版画界の注目を集めた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top