日本芸術院賞決定

記事番号:03349
年月:1981年03月

日本芸術院(有光次郎院長)は3日、昭和55年度(第37回)の恩賜賞(小坂奇石、書道)、芸術院賞の受賞者を内定した。第1部(美術)芸術院賞受賞者は次の通り。 加倉井和夫・日本画(55年日展出品作「青苑」に対し)、楢原健三・洋画(55年日展出品作「漁港夜景」に対し)、野々村一男・彫刻(55年日展出品作「物とのはざま」に対し)、浅蔵五十吉・陶芸(55年日展出品作「佐渡の印象」飾皿連作に対し)、大江宏・建築(丸亀武道館など建築設計の業績に対し) 恩賜賞を含め、美術部門の6分野から揃って受賞者が出たのは初めて。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top