芸術院賞

記事番号:02907
年月:1971年04月

第27回芸術院賞の美術関係者は日本画の吉岡堅二(受賞対象34回新制作展出品「鳥碑」、新制作会員、東京芸大教授)、洋画の高光一也(2回日展出品「緑の服」、日展評議員、公立金沢美術工芸大教授)、木彫の水船六州(2回日展出品「紡ぎ唄」、日本彫塑会会員)、陶芸の吉賀大眉(2回日展出品「連作暁雲」、日展審査員、私立山口芸術短大教授)、建築の海老原一郎(「尾崎記念館」など一連の建築作品)、書の大石隆子(日展評議員)、金田心象(日展評議員)である。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top