グッゲンハイム美術賞

記事番号:02029
年月:1958年10月

1958年度グッゲンハイム国際美術賞の選考が16日ニューヨークで行われ、スペインのホアン・ミロの陶芸作品「夜と昼」と決定した。この作は新しいユネスコ本部のために作られたものである。なお日本では、国内賞の山口薫と、川端実山口長男、佐野繁次郎、加山又造の作品が送られたが、川端実が他の国の作家3名と共に個人表彰をうけ、日本とカナダはグループとして団体表彰を受けた。 

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top