第二次重要文化財指定発表

記事番号:01454
年月:1952年07月

文化財保護委員会では一四日、重要文化財七六件の指定を発表した。重要美術品の中から選ばれたものと、いままで全然未指定であつたものとで、箱根美術館蔵「樹下美人図」、細川護立蔵「宋白地黒掻落牡丹文瓶」などがあり、そのうちの一部は二二日から二七日まで東京国立博物館において展観された。重要文化財の新指定はこれが二回目である。 

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top