日本芸術院補充会員候補決る

記事番号:01268
年月:1950年10月

日本芸術院では欠員の補充候補として九名を七日内定した。第一部では日本画の堂本印象山口蓬春、洋画の中村研一、工芸の高村豊周堆朱楊成が推薦された。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top