「日本画の100年」展開催

記事番号:04519
年月:2000年04月

日本画を20世紀の日本が生んだ近代絵画として回顧しようとする展覧会が、4月4日から東京芸術大学大学美術館で開催された。同展は、東京国立近代美術館の企画協力を得て実現されたもので、菱田春草から中島千波まで、67点で構成され、近代日本画の流れをたどるとともに、同大学の東京美術学校時代からの「日本画科」の伝統をもふりかえる企画であった。(会期、5月28日まで。)

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top