出羽桜美術館、弥勒之里美術館オープン

記事番号:03836
年月:1988年07月

李朝陶磁など韓国古美術を収蔵する財団法人出羽桜美術館(山形県天童市一日町1-4-1)が設立され、仮オープンを記念して「新羅・高麗・李朝陶磁の流れ」展が、15日から21日まで無料公開された。同館収蔵品は出羽桜酒造社長仲野清次郎の収集になるコレクションで、高麗青磁、李朝陶磁のほか、金工、木工、刺繍、民画など約1800点。美術館は10月に正式開館した。 また8日には、現代中国の油彩、国画、版画、書などを展示する弥勒之里美術館(広島県福山市外みろくの里)がオープンした。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top