第2回「世界ポスタートリエンナーレトヤマ1988」開催

記事番号:03830
年月:1988年06月

ポスター・デザインの国際的交流とグラフィックデザインの現況を捉えることを目的に、1985年開設された「世界ポスター・トリエンナーレ・トヤマ」の第2回展受賞作品を決める第2次審査が、23、24日の両日行なわれた。その結果、最高賞の金賞に、A部門ではフランスのデザインスタジオ・グラピューの「APARTHEID/RACISME」、B部門では前回に続きサイトウ・マコトの「1987 ALPHA CUBIC M-I」がそれぞれ受賞。銀賞にA部門、B部門各1件、銅賞にA部門5件、B部門4件が選ばれた。入賞、入選作による展覧会は、28日から8月28日まで富山県立近代美術館で開催された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top