肉筆浮世絵コレクション、熊本県立美術館に寄贈

記事番号:03829
年月:1988年06月

元NHK熊本放送局員の故今西菊松の収集になる肉筆浮世絵234点を中心とする美術工芸品394点が、熊本県立美術館に寄贈された。同コレクションは、今西が美術品の海外流出を憂い戦後から収集を始めたもので、8割以上が真作と判明。葛飾北斎「鐘馗図」、勝川春章「太夫とかぶろ図」をはじめ各流派70作家を超える肉筆浮世絵のほか、書画29点、茶陶を含む131点の工芸品が寄贈された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top