第12回ワルシャワポスタービエンナーレで松永真、金賞、名誉賞を受賞

記事番号:03828
年月:1988年06月

1966年の発足以来、日本人アートディレクターも活躍してきたワルシャワ・ポスター・ビエンナーレの第12回展で、6月初旬に発表された審査の結果、松永真の平和ポスター「ヒロシマアピールズ」(’86年作)が、金賞、名誉賞をダブル受賞した。金賞受賞は、イデオロギー、文化、広告と三部門あるうちのイデオロギーポスター部門で受賞したもので、名誉賞は金賞作品の中から秀作に贈られるもの。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top