メトロポリタン美術館名作展「ハドソンリヴァー派の世界」開催

記事番号:03827
年月:1988年06月

ロマン主義風景画の影響下、19世紀中頃にアメリカでハドソン川流域やロッキー山脈の壮大な景観を題材に描いたことから命名されたハドソンリヴァー派の作品を展観する展覧会が、3日から7月24日まで静岡県立美術館で開催された。同美術館は東西の風景画の収集にも力を入れているが、昨秋ニューヨークのメトロポリタン美術館で「アメリカの楽園・ハドソンリヴァー派風景画展」が行なわれたのを受けて、同展の日本版として、メトロポリタン美術館の所蔵品で構成したもの。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top