岡田謙三展

記事番号:03433
年月:1982年02月

ニューヨークを拠点に活動し、大和絵の感覚をとり入れた画風でアメリカ美術界にジャポニスムを喚起した一人岡田謙三の作品75点を集めた展覧会が、20日から4月6日まで池袋・西武美術館で開催された。幽玄の美意識をユーゲニスムとして自らの絵画理論とした彼の作品は、油彩の大和絵というべき清新な印象を与えた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top