現代の陶芸ヨーロッパと日本

記事番号:02874
年月:1970年08月

28日から10月11日まで京都国立近代美術館で開催。デンマーク、フィンランド、フランス、イギリス、イタリア、ノルウェー、スウェーデン、スイスの8カ国83名、日本から47名計約250点が展示された。焼物の質感を生かした新しいオブジェ的作品など、既成の陶器の概念を破ったものが多く、北欧ことにフィンランドの活躍が著しかった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top