「原爆の図」米国で初公開

記事番号:02870
年月:1970年07月

25年前、広島に落された原爆の惨状を描いた丸木位里、俊夫妻の作品「原爆の図」が今秋アメリカで初めて展示されることが、このほど(7月下旬)決まった。展示されるのは、「幽霊」「火」「水」「虹」「少年少女」「原子野」「竹やぶ」「救出」の8部作(昭和25年から29年までの執筆分、なお43年までに12部を描き上げた)で、積出しは9月中旬、10月15日からのニューヨークでの展覧会を皮切りに約6カ月間、アメリカの主要都市を移動展示する計画が実現した。この展示はニューヨークにあるニュー・スクール・アート・センターが中心になって行ない、クェーカー教団関係者らの応援もあった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top