東京芸術大学美術学部本館にサヨナラ

記事番号:02869
年月:1970年07月

明治43年のもらい火で全焼、翌年12月25日に完成した東京美術学校(現東京芸大美術学部)本館が、老朽のためまもなく、8月にとりこわされるというので、18日午後2時から卒業生、在校生約1200人が本館前に集って、「本館にサヨナラする会」を開いた。石井鶴三芸術院会員の音頭で乾杯、全国各地からはせ参じた老卒業生たちがあちこちで旧交をあたためながら、本館のなごりを惜しみ合った。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top