須磨コレクション、寄贈

記事番号:02860
年月:1970年04月

須磨コレクションとして知られている須磨弥吉郎元外交官(東京都杉並区南荻窪2の101)蒐集の、スペイン代表作家の作品92点が19日、長崎県と長崎市に贈られることになった。長崎開港400年を記念して同県と長崎市は、この20日まで長崎県立博物館で当コレクションを借受け、「スペイン作家美術展」を開いたが、その出品作品がそっくり寄贈された。寄贈作品は、スペインのゴシック時代から現代まで700年にわたる代表作家の作品で、油絵46点、彫刻17点、板絵類9点など合計92点。「個人で所蔵しているより、スペイン、オランダなどいち早く外国の文化を受けた長崎で、長く保存して頂く方がふさわしい」という蒐蔵家の意向が実ったもの。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top