万国博記念の特別展

記事番号:02858
年月:1970年03月

万国博覧会に協賛して各博物館で記念の特別展が約6ケ月間の長期間にわたり開催された。 「京の美術」 京都国立博物館では4月1日より9月27日まで「京の人形」「古清水」「金剛力士」「天球院の障壁画」「高台寺蒔絵」「法然上人絵伝」「京名所風俗図」「京の絵地図」「友禅染」「禅の書」の10のテーマにより順次展覧を行ない。多方面から京の美術の開花を浮彫りにした。 「仏教美術名品展」 奈良国立博物館では4月18日より8月23日まで360余件の多数の仏教美術の優品が展覧された。 「万国博記念大和文華館名品展」 大和文華館では3月4日より9月27日まで同館所蔵の名品を展覧し、同時に「東西の交流」「東洋の美術」「日本の美術」「鉄斎の芸術」のテーマによる特別展を併せて開催した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top