鎌倉、瑞泉寺の庭が復元される

記事番号:02854
年月:1970年03月

鎌倉の瑞泉寺の庭に創立当初に造られた古い庭が発見され昨年末から復元工事が行なわれ、3月中旬にはほゞ原初に近い姿を現わした。従来の庭の姿を一変させる「心」字形の雄大な構想をもち江戸時代の古図と同じであることが判った。瑞泉寺の開山夢想国師の作と言われて来たが、同じく夢想国師作と言われる京都の西芳寺、天竜寺などの庭園に匹敵するもので鎌倉末期の庭園として日本庭園史上甚はだ重要な資料である。夢想国師作の確実な作例となるか詳細な調査報告と今後の検討が期待される。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top