長流画塾慰問画献納

記事番号:00561
年月:1940年01月

川合玉堂の長流画塾に於ては一昨年五月、昨年七月に続き、玉堂をはじめ門生百四十余名が陸海軍の傷痍軍人慰問の為陸軍省へ百十三点、海軍省へ二十九点を夫々献納した。一月二十七日献納に先立ち神田如水会館に於て内見を行つた。主なるものに玉堂の「渓林春浅」「山家春靄」、希望の「水邨初夏」「叭々鳥」等があつた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top