松林桂月遺作展

記事番号:02599
年月:1965年08月

日本南画壇に長く活躍した松林桂月が、さる38年5月88才の高齢で逝くなったが、その遺作展が10日から15日まで東京・日本橋三越で日本経済新聞社主催のもとに開かれた。出品作は初期から晩年まで代表作60余点が集められ、その芸術的全貌がうかがえる展観であつた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top