芸術選奨決定

記事番号:02278
年月:1961年03月

芸能、文学、美術など、年度内に秀れた作品を残し、我国の芸術の進歩につくした人々に贈られる文部省の芸術選奨第11回(昭和35年度)受賞者が8日決定した。演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、古典芸術、評論その他、の部門があり、美術関係では片岡球子(昨年度院展出品の「渇仰」及個展作品に対し)、亀倉雄策(我国デザインの近代化に影響を与え、宣伝美術の育成につくした業績に対し)が受賞した。受賞式は4月7日で賞金5万円と賞状がおくられる。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top