ユネスコから浮世絵複製の希望

記事番号:01404
年月:1952年01月

ユネスコ事務局文化活動部のピータア・ベリウから日本政府ユネスコ常駐代表萩原徹に対し、浮世絵版画の複製五〇セット(一セット一〇〇枚)を購入し、希望するユネスコ加盟国に一セットないし二セットずつ貸し出し、これを博物館や学校などで展示させたいという趣旨の依頼があつた。文化財保護委員会、国立博物館が協力して、作家を指定するなど準備をはじめた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top