貴族院に於ける現代美術館問答

記事番号:00176
年月:1937年02月

開会中の帝国議会三月二十五日貴族院予算委員第三分科会に於て、委員関谷貞三郎は現代美術館建設の必要を説いて政府の努力を希望する意見を述べ之に対する政府の所見を質問した。之に対し政府委員河原文部次官は至極同感なる旨を述べ文部省が能ふ限り尽力する考であるとの意昧を答弁した。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top