岡田三郎助抗議 

記事番号:00014
年月:1936年02月

帝展第一部の鑑別は二月十五日から始められたが、之に関聯して、同夜岡田三郎助は第一部審査主任小室翠雲に対し、去る五日横山大観小林古径等が日本美術院々友等の帝展出品画を下見したことに就き抗議を申し込んだ。小室主任は翌十六日鑑査続行に先ち横山審査員の説明を求めた所、問題とする程度でない実情が判明した為他の審査員等も之を諒解し、同日夕小室、岡田両名と会見の結果此の問題は打切られることとなつた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top