本データベースでは中央公論美術出版より刊行された『黒田清輝日記』全四巻の内容を掲載しています。なお、デジタル化にともない、正字・異体字・略字や合成文字は常用漢字ないし現行の字体に改めました。



1894(明治27) 年12月30日

 十二月三十日 (従軍日記) 父上様よりのお手紙本月五日附のものを村田少佐より藤井少佐の処へ送り来りたりとて届け来る 新聞記者三名新ニ日本より着す

1894(明治27) 年12月28日

 十二月二十八日 (従軍日記) 夜荒川氏方へ出来上つた画四枚程持て行荷造り方を頼で来た 昨日より仲間が一人増た 其人ハ東京毎日新聞の林政文氏也

1894(明治27) 年12月27日

 十二月二十七日 (従軍日記) 朝小松若宮殿下ニお目通りに行 午後司令部ニテ忘年会 今日の寒さニもかまはず相撲など有りし 夜管理部ニ行野津ニ拙者等考案の部屋の紙張かへ一件も頼ニ行 もちを一ツ食ふ 今日ノ相撲ニ岩本ガ行事と為たのハ可笑

1894(明治27) 年12月26日

 十二月二十六日 (従軍日記) 雨天にて何もせず ぐづぐづで暮す 但シ昼めし前ニ工藤ニ逢ニ行た 夜宮様ヲ尋て司令部ニ行 宮様ハ露国人ノ居る処ニお泊りとの事ニてお目ニかゝらず

1894(明治27) 年12月21日

 十二月二十一日 (従軍日記) 合田へ手紙ヲ出ス 招魂祭ヲ見ニ行 其序ニ山本ト海ノ凍つたのを見ニ行 夜荒川氏へ画ノ出来たのを三枚持て行 知事の名で合田へ送る為也 招魂祭ノ処で高島等に逢フ

1894(明治27) 年12月19日

 十二月十九日 (従軍日記) 軍旗祭 朝十時南門外ニテ第二連隊ノ分列式ヲ見ル 十二時孔廟ニテ同隊により御馳走 二時過ニ楊家屯ニて第三連隊ノ祝宴ノ席ニ出張る 平岡八郎 伊藤(旧伊地知平吉)ノ二友ニ逢フ 夜ニ入て帰る(平岡ノ宿所ハ七里庄第三連三大隊副官部)

1894(明治27) 年12月18日

 十二月十八日 (従軍日記) 今日ハ天気もよし いつもより少し暖なり 金州城の門外にて支那兵の死体ヲ埋葬し居る図ヲ作る 其レヲ持て荒川氏方へ行 夜食の御馳走ニ為り帰る 大久保利武へ手紙ヲ出ス 日本ヲ出テカラ始テ此ノ手紙ヲ書た

1894(明治27) 年12月17日

 十二月十七日 (従軍日記) 戦ノ画ノ下画ナド描テ暮らす 一つもものニならず 午後荒川氏ヲ訪フ 風引にて寝て居られたり 又荒川氏方へ夜話ニ行たり

1894(明治27) 年12月16日

 十二月十六日 雪(従軍日記) 朝湯デ工藤ニ逢フ 鐘崎氏ノ肖像をかく 午後工藤が遊ニ来た 又池田中佐ト露国大佐ノボガク氏が山本ヲ訪ハレタルニ出遇フ 今夜も十一時過迄山本の部屋でかたつた

1894(明治27) 年12月12日

 十二月十二日 (従軍日記) 朝舟から上り奈良崎 鹿取と金州へ帰ル 金州の入口にて右松琵琶の日本へ帰ルニ逢フ 荒川 伊藤氏ニも逢フ めしの御馳走ニ為る

to page top