現代アメリカ絵画展

記事番号:02675
年月:1966年10月

現代アメリカ画壇を代表する35作家、130余点の展観が、ニューヨーク近代美術館、国立近代美術館、朝日新聞社主催、米大使館後援で、15日から11月27日まで東京・京橋の国立近代美術館で開かれた。アクション・ペインテイングのポロック以後最近20年間の動向を展望出来る興味深い展観となった。つづいて12月10日から翌年1月22日まで国立近代美術館京都分館で開催された。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top