「愛の像」除幕式

記事番号:01763
年月:1955年11月

永遠の平和を祈念し戦犯で刑死した人々の霊をなぐさめようと、巣鴨遺書編さん会が東京駅中央口前広場に建立した「愛の像」の除幕式が一一日に行われた。巣鴨に拘置中の戦犯者たちの手になる「世紀の遺書」の印税により建てられたもので製作は横江嘉純があたつた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top