秋田県立美術館開館

記事番号:05194
年月:2013年09月

秋田市中心部の再開発地域「エリアなかいち」に28日、秋田県立美術館が開館した。同市内の千秋公園内にあり、秋田の資産家、美術蒐集家である平野政吉のコレクションを収蔵する同館(1967年開館)が移転したもので、新館は安藤忠雄が設計、地下1階・地上3階、延床面積3746.66㎡。2012年より暫定オープンしていたが、その後藤田嗣治の壁画「秋田の行事」を移動するなど移転作業を終え、正式開館となった。開館記念展として「壁画《秋田の行事》からのメッセージ 藤田嗣治の1930年代」(9月28日~11月10日)が開催された。

登録日: 2016年09月05日
更新日: 2016年09月05日 (更新履歴)
to page top