第三部会文展不参加声明 

記事番号:00114
年月:1936年07月

第三部会では七月七日午後丸の内マーブルに会員集合協議の結果、文展不参加に決定、左の如く声明書を発した。 「明治、大正、昭和を通じ我国彫塑界に捲起したる凡ゆる闘争、すべての情実の根源たる松田改組によりて成れる現帝国美術院第三部会員の独占的に鑑審査に携はる文部省美術展覧会には本会会員は招待礼を受けず、純在野団体として我国彫塑界進展に努力せんことをここに声明す。 会員 池田勇八石川確治畑正吉上田直次、小倉右一郎、開発芳光、吉田久継日名子実三

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top