本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,817 件)





浜田信

没年月日:1973/08/06

 二紀会々員の浜田信は、8月6日肺水シュのため東大病院で死去した。享年58歳。本名信次。大正4年5月16日大阪市に生れ、大阪市立都島工業学校機械科を卒業し、昭和21年帝国美術学校(現武蔵野美大)西洋画を卒業した。同25年第4回二紀会展に「白壁の家」「夜のパッキャント」が初入選し、佳作賞を受賞した。又8回展「裏街(ハルピン)」、10回展「降魔成道(仏伝)」「太子降誕(仏伝)」で同人努力賞を得、第12回展では審査委員に推されている。昭和37年チェッコスロヴァキア文化省より招待を受け、約1カ年滞在し、この間、プラハとヴラチスラクで個展を開催した。翌年東欧、オーストリア、スイスを経て巴里に滞留、サロン・ドートンヌに出品し、またスペインに旅行した。さらに翌39年仏アンデパンダン、仏ル・サロンに出品、後者は銀賞をうけ、無鑑査となった。この年、イタリア、ドイツ等欧洲各国を巡り、東南アジアを経て帰国した。なお葬儀は13日千日谷会堂で二紀会葬により行われた。

跡部白烏

没年月日:1973/08/04

 日本美術院々友、大調和会運営委員で日本画家の跡部白烏は、8月4日喘息のため死去した。享年73歳。本名正人。明治33年9月28日東京に生まれ、早稲田大学中退後、画家を志して堅山南風に師事し、院展に出品した。大正12年第10会院展に初入選し、その後院友となり現在に至る。戦後は、日本画府、大調和会等を発表の場とした。主な作品「雪の山」「雨後」「篁」(いづれも院展出品作)

安藤軍治

没年月日:1973/07/28

 一水会委員、日展委嘱出品の安藤軍治は、大正4年12月31日、神奈川県小田原市に生れた。昭和9年小田原中学校卒業、東京美術学校に学び昭和17年同彫刻科を卒業した。在校中、同校の命により、西田正秋教授に随行して大同石仏調査研究のため同地へ赴く。昭和18年小田原で大陸スケッチ展を開く。作品は、一水会展及び日展に出品し、昭和26年一水会々員となり、又、昭和38年、41年の日展で「サイゴン市場の女達」「Yさん」が各々特選となり、43年日展の出品委嘱作家となった。また同年一水会委員に推されている。46年欧州旅行ののち、48年7月28日逝去した。享年58歳。 略年譜大正4年 神奈川県小田原市に生る昭和17年 東京美術学校彫刻科塑造部を卒業昭和18年 大陸スケッチ展(於小田原)昭和26年 一水会々員に推挙される昭和34年 皇太子・美知子妃謹写 琉球スケッチ展(銀座松屋)昭和38年 東南アジアスケッチ旅行 第25回一水会展会員佳作賞 第6回日展特選昭和39年 第26回一水会展会員優賞昭和40年 カナダスケッチ展(新宿伊勢丹)昭和41年 ヨーロッパ、エジプト旅行 第9回日展特選昭和42年 第10回一水会々員展記念賞 第29回一水会展岩倉具方賞昭和43年 一水会委員に推挙される 日展依嘱出品昭和44年 「最高裁長官横田正俊氏像」昭和46年 欧州旅行昭和48年 7月28日没

中本達也

没年月日:1973/07/22

 多摩美術大学教授で元自由美術協会会員であった洋画家の中本達也は、7月22日午後1時49分、脳腫瘍のため東京・府中市の都立府中病院で死去した。享年51歳。中本達也は、大正11年(1922)2月13日、山口県大島郡に生まれ、昭和18(1943)帝国美術学校(現、武蔵野美術大学)西洋画科を卒業、学徒動員で軍隊に入り、昭和20年復員した。はじめ、舞台美術、新劇運動に従事したが、自由美術家協会展に出品、昭和26年同会15回展「人と人」「間(ま)」、同27年16回展「回想」などを出品、27年に自由美術家協会会員にあげられた。昭和34年(1959)みづゑ賞選抜作家展でみづゑ賞を受賞し、中南米巡回展に出品、同年、「群れ」で第3回安井賞を受けた。昭和35年ギャラリー・キムラで第1回個展、翌年東京大丸ギャラリーで第2回個展、昭和37年大阪関西画廊で個展、同年大阪フオルム画廊でエッチングによる個展を開催した。昭和38年(1963)自由美術協会を退会したが、それまでに昭和28年「土壌」「思策」「誕生」、同30年「水浴」、同31年「牛飼い」「洪水」、同32年「憩える海人」、同33年「とり」「供物」、同34年「窟の声」、同35年「火山帯(動物)」、同36年「狩」、同37年「東洋の声」を同展に発表した。昭和38年から翌年(1963-64)までイタリアに滞在、昭和42年壱番館画廊で個展「残された壁」、翌年同画廊で個展「人間断片」を開催した。昭和45年、多摩美術大学油画科教授に就任、同47年、千葉県の鋸山に広大な岩壁彫刻「岩の声」を制作した。内面的な思考と叫びを彫直な形体で造型化した作風はその特異性を評価されて、昭和48年(1973)、東京セントラル美術館で『岩の声まで』と題して回顧展が開催された。

松野一夫

没年月日:1973/07/17

 雑誌『新青年』の表紙絵などで知られていた挿絵画家の松野一夫は、7月17日午後7時半、心筋こうそくのため東京文京区の自宅で死去した。享年77歳。松野一夫は本名一男、明治28年(1895)10月1日、福岡県小倉市(現・北九州市)に生まれ、小倉中学校を中退して上京、東京の中学校(校名不詳)を卒業。大正10年(1921)、第3回帝展に油彩画「ときちゃん」が初入選した。そのころから雑誌『新青年』(大正9年1月創刊)の表紙を描きはじめ、戦後廃刊になるまで同誌の表紙絵を全部描いている。その間、昭和6年(1931)9月から約1年間フランスに滞在しパリにあってグラン・ショミエールに通い絵画を勉強、帰国後は雑誌『少年倶楽部』の表紙絵、また昭和12~15年には『新女苑』の名作絵物語の挿絵などを描いている。そのほか、朝日、読売、東京、日経などの各新聞の挿絵でも活躍した。

伊藤彪

没年月日:1973/07/06

 独立美術協会会員の洋画家、伊藤彪は7月6日朝、食道ガンのため東京品川区の松井病院で死去した。享年61歳。伊藤彪は、明治44年(1911)12月10日、山口県萩市に生れ、昭和4年神学校を卒業、同8年(1933)独立美術研究所に入り、川口軌外に師事、その後、熊谷守一、林武に指導をうけた。昭和12年第7回独立美術展に初出品、以後毎回出品し、昭和22年第15回展に『真夏』『海ちかく』を出品して独立美術協会奨励賞を受賞した。昭和25年、独立美術協会会員にあげられ、同27年ころには藤田鶴雄、多田栄二、野口弥太郎らと白鳥会を結成した。作品略年譜(独立美術展出品作)昭和13年・造船場 同16年・樹間 同17年。鳩小舎と少女 同25年・新橋駅附近、ニコライ堂、神保町のひととき 同27年・新橋風景 同31年・河岸、越前堀 同32年・ポンモイ風景 同34年・牧舎と車、農場 同38年・とら河豚、まんぼう 同39年・駒形風景、浅草の屋根 同40年・池袋駅附近、拘置所の見える風景 同41年・池袋風景、越前堀 同42年・新宿の屋根、浅草の見える風景 同43年・艀のある風景、艀と橋 同44年・小樽港 同45何・札幌の街 同46年・札幌風景 同48年・池袋風景、浅草の屋根

松本弘二

没年月日:1973/06/29

 二科会会員、理事の洋画家、松本弘二は、6月29日午後2時25分、肺気腫のため東京世田谷の自宅で死去した。享年77歳。松本弘二は、佐賀県佐賀郡(現・佐賀市)に生まれ、中学を中途で退学となり、高木背水を頼って上京、洋画を学ぶことになったが、葵橋洋画研究所に入って黒田清輝の指導をうけた。また、広津和郎との交友から文学にひかれ、青年期には雑誌の編集に携わり、思想的にも開眼、『種蒔く人』同人となっている。アルス社企画部長などを勤めて出版活動のあと、絵画に専念するようになるのは、昭和4年(1929)3月から、昭和6年(1931)7月にいたる2年間のフランス滞在以降である。それ以後、終始二科会に所属して大きな筆触で描かれた漁村風景、海港風景、花の静物などの作品を発表してきた。晩年は二科会の長老的存在として理事をつとめ、後身の指導にも情熱を傾けていた。年譜明治28年(1895) 9月21日、松本伊七、たけの次男として佐賀郡(現佐賀市)に生まれる。明治39年 兵庫県尋常高等小学校尋常科卒業明治41年 佐賀県立佐賀中学校入学明治45年 佐賀中学校中途退学後、叔母の計らいで当時東京鍋島候邸内で画塾を開いていた高木背水を頼って上京、洋画の手ほどきを受ける。またしばしば高木を訪ねていた広津和郎を知り交遊を結び、文学への興味を示す。大正3年 高木背水から渡鮮同行をさそわれたが辞退、黒田清輝の葵橋研究所入る。徴兵検査のため帰佐した際、第1回佐賀美術協会展への出品を請われて油絵2点(4号)を出品。大正4年 出版社飛行社に入社。「飛行少年」「飛行幼年」「活動画報」の編集に携わる。第2回佐賀美術協会展に出品(画号龍骨)「鍋島屋敷」大正5年 広津和郎と共に大鎧閣解放社に入社。大正6年 雑誌「解放」の編集に携わる。また「種蒔く人」同人となる。大正8年 第6回佐賀美術協会展に出品。大正10年 二科展に「水道橋駅風景」を出品し初入選。雑誌「解放」「文芸戦線」の編集に携わる。11月29日、吉岡藤枝と結婚。大正11年 秋田土崎地方風景を写生する。以後随時秋田へ赴き製作する。大正博覧会に「郊外」を出品二科展に「秋田土崎港」「冬」を出品入選。大正13年 アルス社に入社。大正15年 アルス社の「美術大講座」の編集に携わる。昭和3年 アルス社企画部長となり新刊の選定にあたる。二科展に「桐畑」を出品昭和4年 3月11日、藤枝夫人とともに渡欧。パリ到着後、美術学校グラン・ショミエールに学ぶ。昭和5年 サロン・ドートンヌに「ル・バザール」「旧市街の一角」入選。二科展に「コントア・ド・マルシャン・ド・ヴァン」「ノートルダム・ド・パリ」「梨子の花咲く頃」を出品。昭和6年 サロン・ドートンヌに「丘の上」入選。二科展に「リュー・ド・パリのほとり」「春色」「ル・バザール」「丘の上」「夏のボア・ド・ムードン」「旧市街の一角」「ペール・バレルとその家族」の7点が特別陳列される。7月帰国。昭和7年 二科会の中堅作家で結成されていた鉦人社が、新美術家協会と改称。宮本三郎氏らのさそいを受け入会。二科展に「東京の屋根」「静物」を出品。昭和8年 第5回新美術家協会展に「レモンのある静物」等5展を出品。二科展に「窓」を出品。二科会会友に推される。昭和9年 大阪阪急百貨店で最初の個展、30点出品。第6回新美術家協会展に「岩礁」「雪の北アルプス連峰」を出品。昭和10年 二科展に「立秋」「夏果」「ブッペー」を出品。文展改組に際し文部省から無鑑査出品の待遇を受けたが出品せず。第7回新美術家協会展に「夏果園」「吹雪の道」を出品。昭和11年 二科展に「花火大会所見」「太陽島の夏」出品。第8回新美術家協会展に「花を持つ女」を出品。銀座資生堂ギャラリーで個展。18点出品。昭和12年 二科展に「滞船」「赤坂見付」出品。昭和13年 京城三越で個展(5/12~14)二科展に「川岸」「思い出の海金鋼」「雪の蓼科」「高原」出品。第10回新美術家協会展に「滞船」「御嶽を望む」出品。昭和14年 佐賀市公会堂で個展(6/3~7)満州、朝鮮地方を写生旅行。二科展に「高原にて」出品。第11回新美術家協会展に「雪、月、花」「贈られた花」出品。昭和15年 紀元2600年奉祝展へ男鹿二題「龍ヶ島」「鳥海山」を出品し推奨受賞。小倉菊屋百貨店個展。(5/10~14)30点出品。昭和16年 下関商工会議所で個展。(4/2~3)二科展へ「雪の上」「ゲレンデ・スキー」を出品し二科会会員に推される。昭和17年 中国上海を中心に写生旅行し、その時の作品を「孔子廟附近」(南通)「バンド」(上海)を二科展へ出品。昭和18年 二科展へ「大宝」「芍薬」を出品。昭和22年 第1回美術団体連合展へ「春の関門海峡」A・Bを出品。下関で個展。二科展へ「田園」「閑庭」を出品。昭和23年 第2回美術団体連合展へ「初夏」を出品。二科展へ「ちまた・A」を出品。昭和24年 第3回美術団体連合展へ「花」を出品。佐賀市玉屋百貨店で個展。(2/4~8)二科展へ「ちまた」出品。昭和25年 春季二科展へ「梅林」を出品。二科展へ「滞船」「釣橋」「海女」「海の見える丘」を出品。昭和26年 二科展へ「海鹿島の夏」「嵐の後」「海女」「ダリア」「夏の海」を出品し会員努力賞受賞。豊橋市浦柴屋画廊で個展(11/7~13)25点出品。昭和27年 東京高島屋で個展(3/6~9)。福島県平市と福間で個展。二科展へ「原釜の夏」A、B「小名浜港」「野地の雲」を出品。昭和28年 東京兜町画廊主催で個展(4/6~12)。「大島元村にて」他17点出品。二科春季展へ「三原山」出品。二科展へ「木曾川の夏」「木曾路の夏」「濤」「静物」A、Bを出品。昭和29年 第1回現代日本美術展へ花二題「牡丹」「ダリア」を出品。二科展へ「宣伝戦」「貧しき部屋」「水辺」を出品。二科展へ「鰯漁」「満潮」を出品。昭和31年 第2回現代日本美術展へ「室内」を出品二科展へ「銀座風景」「漁港風景」「海浜」を出品。昭和32年 第3回日本国際美術展へ「ブルヴァール」A、Bを出品。二科展へ「ガード下風景」「漁村風景」「白い花黄色い花」を出品昭和33年 第3回現代日本美術展へ「夜の風景」を出品。二科展へ「ひなげし」「ダリア」「満潮の頃」「海辺の丘」を出品。秋田市で個展。24点出品。昭和34年 第4回日本国際美術展へ「内牧の阿蘇」を出品。二科展へ「街頭にて」「花」「遊ぶ鳶の子」を出品。宮本三郎、田崎広助、寺田竹雄氏らと友人会を結成。以後毎年東京高島屋で友人会展を開催。昭和35年 第4回現代日本美術展へ「春雪」を出品。二科展へ「シャトウのネオン」を出品。サロン・ド・コンパレゾーン展(パリ)へ「木曾川の夏」を招待出品。昭和36年 二科展へ「瓜痕」「黎明」を出品。平戸、鹿児島地方へ写生旅行。メキシコ二科展へ招待出品。二科会理事となる。昭和37年 第5回現代日本美術展へ「平戸港」を出品。二科展へ「海女のいる浜」「海猪の郡」「放牧」を出品。母校兵庫小学校の開校65周年記念に「バラ」を寄贈昭和38年 北海道写生旅行二科展へ「出漁」「夏」を出品。昭和39年 第6回現代日本美術展へ「新雪」を出品。二科展へ「廃墟」「日照る雨」を出品。秋田市木内ホールで個展。24点出品。昭和40年 二科展へアルプス三題「陳馬姨拾連峰」「白馬槍連峰」「戸隠妙高連峰」出品。銀座資生堂で個展(5/17~22)20点出品。東京都美術館運営審議会委員となる。(~46年3月まで)昭和41年 二科展へ「競馬」を出品し、青児賞を受賞。日動画廊にて個展。(10/17~22)30点出点。昭和42年 二科展へ「吾子の初旅」を出品。サロン・ドートンヌ展へ招待出品。昭和43年 二科展へ「逍遥遊」(荘子より)を出品昭和44年 二科展へ「広場(一)サンマルコ」「広場(二)」「李朝の壺」を出品。昭和45年 東京高島屋で個展(5/19~/24)25点出品。二科展へ「男鹿の夏」「雷窓」を出品。「男鹿の夏」で総理大臣賞受賞。昭和46年 二科展へ「渚の朝」「花」出品。昭和47年 二科展へ「富士黎明」「花」出品昭和48年 6月29日午後2時15分、肺気腫のため逝去。絶筆「アルプス」二科展へ「雄物川の冬」出品。第16回友人会展へ「春雪」「庭の秋」出品。昭和49年 5月29日生前の功績により紺綬褒章を藤枝夫人に追賞される。佐賀県立博物館主催で「松本弘二遺作展」開催。(7/20~8/4)(本年譜は佐賀県立博物館主催松本弘二遺作展目録より転載)

青木生冲

没年月日:1973/06/28

 日本画家青木生冲は、6月28日脳軟化症のため、京都市の自宅で死去した。享年82才。本名桂之助。明治24年10月12日京都に生まれ、大正3年京都市立美術工芸学校を卒業、同6年京都絵専本科を経て8年研究科を修了した。同年竹内栖鳳に師事し、竹杖会々員となった。大正15年第7回帝展「白鹿」が初入選し、以後新文展、日展等に出品した。また昭和16年には、塾員多数とともに目黒雅叙園壁画制作に当った。代表作「秋爽」(8回帝展)、「白孔雀」(9回帝展)ほか。

伊東種

没年月日:1973/06/14

 彫刻家、五元美術会会長の伊東種は、6月14日、千葉県茂原市の自宅で死去した。享年68歳。明治38年10月8日茂原市に生れた。昭和4年3月東京美術学校彫刻科塑造部選科を卒業。昭和7年美術団体国土会を設立、9年宗教団体生長の家本部設立の実行委員となりここに就職した。14年には、中国・満鮮旅行をなす。戦後の28年には、日本画家山田皓斎らと協力して新美術協会を創立し関東地方の責任者となると共に、同会展には毎年独自な解釈の精神性の濃い彫刻作品を出品し続けた。その主題には、大黒像、キリスト像、釈迦像、吉祥天像、観音像、木の花開★姫、合掌及び手、無量寿の顔、静物小品などを扱った。30年からは千葉県文化財保存調査員をつとめた。41年日本教文社停年退職。43年五元美術会を設立し会長となった。著書に「無韻の美」(昭和38年10月新美術協会出版部発行)がある。

江馬進

没年月日:1973/06/04

 日本画家江馬進は、6月4日肝臓ガンのため京都市の自宅で死去した。享年63歳。明治43年1月29日京都に生まれ、昭和8年京都絵画専門学校を卒業、西山翠嶂画塾青甲社に所属した。昭和5年第11回帝展「山の池」が初入選し、戦後は専ら日展に出品した。昭和34年以降牧人社の一員として風景画を描いた。風俗研究家・江馬務氏の従兄。

河野國夫

没年月日:1973/05/20

 舞台美術家河野國夫は、5月20日細網肉しゅのため東京港区の日赤病院で死去した。享年59歳。大正3年2月22日アメリカ、ロスアンゼルスに生れた。昭和7年現在の九段高校を卒業、昭和10年東京高等工芸造型科を卒業した。同11年野砲第一聯隊第七中隊第4班、砲兵本科幹部候補生となった。同18年には東宝演劇部設計課に入社し、昭和34年日本テレビ放送網美術部に入社した。新劇関係の舞台美術家として活躍したが、最近はテレビの美術も手がけ、日本舞台テレビ美術家協会専務理事であった。第1回毎日演劇賞・装置賞受章。主要作品 舞台=「罪と罰」「ハムレット」「蛙昇天」「かもめ」「アンネの日記」「山鳩」「ビルマの竪琴」。テレビ=「荒野」「ひとりぽっち」「赤い陣羽織」「つくし誰の子」。著書「舞台装置の仕事」(昭和40年)。

鷲頭ヨシ

没年月日:1973/05/14

 重要無形文化財・小千谷縮越後上布苧績み技術保持者の鷲頭ヨシは、脳軟化症のため、5月14日、新潟県小千谷市の小千谷総合病院で死去した。享年92歳。新潟県小千谷市の出身で、新潟県魚沼地方に伝わる三百年来の高級麻織物の糸を作る苧績み技術の伝承者。7歳頃から技術を習得し、現在約600人いるといわれる苧績み技術の中でも第一人者といわれ、昭和45年4月にその技術保持者に指定された。

宇野宗甕

没年月日:1973/04/28

 陶芸家の宇野宗甕(本名宗太郎)は、心臓麻痺のため、4月28日、京都市の自宅で死去した。享年85歳。京都市出身で、初代宇野仁松の長男、二代仁松を継承した。京都市立美術工芸学校卒業後、京都市立陶磁器試験場で陶芸を学び、また父の名工初代宇野仁松に師事、中国陶磁、特に南宋の青磁研究家として知られる。セントルイス、ミラノ、シアトルの博覧会で金賞を受賞、昭和27年「辰砂」、昭和32年「青磁」で無形文化財記録保持者に選ばれた。昭和40年紫綬褒章、昭和42年勲四等瑞宝章、京都府美術工芸功労章を受章。作品は東京国立博物館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、ボストン博物館などに買い上げられている

六谷紀久男

没年月日:1973/04/26

 重要無形文化財・伊勢型紙錐彫技術保持者の六谷紀久雄は、喘息のため、4月26日、三重県鈴鹿市の自宅で死去した。享年66歳。三重県鈴鹿市の出身で、大正末期から地元の伝統産業、伊勢型紙の彫刻師として厳しい修行を積み、錐彫の技術を受け継ぎ、その第一人者で、昭和30年2月にその技術の重要無形文化財保持者に指定された。自身の技術研究を行う傍ら後継者の育成にも努めていた。

成子佐一郎

没年月日:1973/04/23

 滋賀県無形文化財保存会長、県指定無形文化財手漉和紙技術者成子佐一郎は高血圧による肝性昏睡のため、4月24日、大津市の自宅で死去した。享年61歳。明治44年5月7日大津市に生まれ、昭和5年3月近江八幡商業学校を卒業後、手漉和紙製造の技術に専心、近江雁皮紙専門の技術者となる。昭和17年2月には宮内省御用達となり、同18年11月には工芸技術保存資格者に認定、同32年県無形文化財に指定、同42年滋賀県無形文化財保存会長、同43年労働大臣より優秀技能章を受ける。全国手漉和紙連合会に所属、主要作品は平家納経修理による紙、タイムカプセルEXPO70「風俗絵巻」の用紙、桂宮本万葉集複製のための用紙等。昭和50年4月に妻の成子ちかも滋賀県無形文化財に指定された。

長谷川塊記

没年月日:1973/04/16

 彫刻家、日展会員の長谷川塊記は、4月16日脳軟化症のため東京都北区の自宅で死去した。享年75歳。明治31年11月29日鳥取に生れた。本名は枡蔵。大正9年秋上京して朝倉文夫に師事するとともに昭和4年東京美術学校彫塑別科を修業した。大正13年第5回帝展に「少女立像」が初入選してより、終始官展に作品を発表し続けた。昭和16年には文展無鑑査となった。また朝倉文夫に師事した関係で、東台彫塑展、朝倉塾展、塊人社展などにも参加出品した。戦後は日展に出品し、昭和29年に特選、30年無鑑査、31年より依嘱、36年審査委員をつとめ、37年日展会員となった。43年には再度審査員をつとめた。また日彫会の古参会員として活躍した。例年の展覧会発表以外の作品には、弘法大師像(木彫)横浜八聖殿(昭8)、丈六釈迦座像(鋳銅)神戸市追谷霊園(昭和15)、菅公立像(鋳銅)埼玉県東吾野小学校(昭13)、緬羊像(鋳銅)大阪泉大津市駅前(昭20)、湖女像(鋳銅)鳥取市湖山湖畔(昭30)、地蔵尊像(鋳銅)福島県昌源寺(昭44)などがある。

上野直昭

没年月日:1973/04/11

 日本学士院会員・東京芸術大学名誉教授上野直昭は、4月11日、心不全のため、国分寺市の自宅で逝去。享年90歳。明治15年11月11日、上野昭道の長男として兵庫県に生れ、東京正則中学校・第一高等学校を経て、明治41年7月、東京帝国大学文科大学哲学科(心理学専攻)を卒業した。爾来65年間、美学・美術史学者としての研究活動、大学の教育と管理、美術館・博物館の運営と文化財の保護等、その貢献は多方面にわたって顕著である。 明治44年より大正10年まで、大塚保治教授の主宰する美学研究室の副手となり、大正5年、東照宮三百年祭記念会が帝国学士院に委托した研究費の補助を得、東大講師中川忠順指導のもとに、絵巻物の調査研究に当った。その研究成果は、戦後刊行された「絵巻物研究」に収載されているが、心理学・美学の素養を基礎として、美術史上の問題を取り扱いながら、形式と内容の両面から、、また時間性と空間性の観点から絵巻物の構造に対する独自の考察を試み、わが国の近代的絵巻物研究に先鞭をつけ、永く後進の準繩となった。美術史研究の業績の著しいものとしては、そのほか、日本の上代彫刻、東西美術の比較芸術学的研究等をあげることができる。 大正13年、美学美術史研究のため欧米在留を命ぜられ、大正15年、京城帝国大学教授に任じ、昭和2年帰国後、法文学部美学美術史第一講座を担任し、昭和16年まで在職したが、その間、昭和5年より翌年まで交換教授としてベルリン大学において日本美術史を講じ、また同7年より10年の間、九州帝国大学教授を兼務し、同10年より12年の間、京城帝国大学法文学部長の職に在った。昭和19年、東京美術学校長に任命され、昭和24年東京芸術大学発足とともに学長となり、昭和36年まで在職した。昭和41年、愛知県立芸術大学の創立に際して学長に就任、逝去の前年までその職に在った。 昭和15年国宝保存会委員となり、昭和27年文化財保護審議会専門委員を辞するまで、国の文化財保護事業に参画し、昭和16年より19年まで大阪市立美術館長、昭和24年に半年間国立博物館長の職に在り、そのほか帝室博物館顧問、正倉院評議会々員、国立博物館・国立近代美術館・国立西洋美術館評議員等を委嘱された。 以上ひろく学術上、研究教育上の功績により、昭和21年、帝国学士院会員に、昭和34年、文化功労者に選ばれ、昭和39年勲二等に叙し旭日重光章を授けられ、また昭和34年、ドイツ連邦共和国より、大十字功労章を贈られた。 略歴明治44年9月 東京帝大文科大学副手(→大正10年3月)大正9年4月 東京女子大学講師(→13年11月)大正13年10月 京城帝国大学予科講師嘱託大正13年10月 美学美術史研究のため満2年間ドイツ、イタリア、ギリシャ及びアメリカ合衆国へ在留を命ぜられ、11月出発大正15年4月 京城帝国大学教授、法文学部美学美術史講座担任昭和2年3月 帰学昭和2年6月 美学美術史第一講座担当昭和5年2月 日本協会主事としてドイツ国との交換教授のためドイツ国へ出張(→6年7月)昭和7年5月  九州帝国大学教授を兼任、法文学部美学美術史講座担任(→10年4月)昭和10年5月 京城帝国大学法文学部長(→12年8月)昭和15年12月 国宝保存会委員昭和16年1月 京城帝国大学教授を辞任昭和16年2月 大阪市立美術館長昭和19年5月 同辞任昭和19年6月 東京美術学校長兼工芸技術講習所長昭和19年6月 帝室博物館顧問昭和21年4月 文部教官昭和21年8月 帝国学士院会員昭和22年7月 正倉院評議会々員昭和22年12月 国立博物館評議員昭和24年4月 文部事務官兼文部教官昭和24年4月 国立博物館長兼東京美術学校長昭和24年5月 東京芸術大学々長事務取扱昭和24年7月 国立博物館長を免じ文部教官専任、東京芸術大学長昭和25年12月 文化財専門審議会専門委員昭和27年9月 国立近代美術館評議員昭和30年7月 フランス美術館設置準備協議会委員(→33年6月)昭和32年5月 日本学士院会員としてブラッセルに於いて開催される国際学士院連合第31回総会出席の序スエーデン、ドイツ、ベルギー、フランス、スペイン、イタリア及びギリシャの各国における音楽学校及び美術学校の教育課程についての調査研究のため外国出張昭和33年7月 国立西洋美術館設置準備協議会委員昭和34年3月 国立劇場設立準備協議会委員昭和34年4月 国立西洋美術館評議員昭和36年12月 任期満了により東京芸術大学退職昭和37年10月 東京芸術大学名誉教授昭和39年4月 文化女子大学家政学部教授(非常勤)昭和41年4月 愛知県立芸術大学々長昭和47年6月 同辞任昭和48年4月 死去に際し正三位に叙し銀盃一組を賜わる。 主要著作目録 *単行図書精神科学の基本問題 岩波書店 大正5年10月哲学辞典 岩波書店 大正11年10月美と崇高の感情性に関する考察(翻訳) 岩波書店 昭和14年1月上代の彫刻 朝日新聞社 昭和17年6月Fruhzeitliche Plastik Japans 朝日新聞社 昭和18年日本美術史 上代篇 河出書房 昭和24年4月絵巻物研究 岩波書店 昭和25年1月日本美術の話 宝文館 昭和27年11月源氏物語絵詞小論 東京芸術大学 昭和31年3月明治文化史8 美術編 洋々社 昭和31年3月日本彫刻史図録 朝日新聞社 昭和32年5月Woodblock Reproductions of the Genji Picture Scrolls Tokyo University of Arts 昭和38年邂逅 岩波書店 昭和44年3月*論文集・全集・講座作期の与へられた古絵巻物について「松本博士還暦記念論文集」絵巻物に於ける時間と空間との関係に対する一考察「大塚博士還暦記念美学美術史研究」岩波書店 昭和6年1月最近ドイツに於ける大学改革問題岩波講座「哲学」 昭和7年11月エレクテイオンのカリアテイデについて京城帝大法文学会「西洋文芸雑考」 昭和8年12月鎌倉時代の絵画 岩波講座「日本歴史」 昭和9年11月ギリシャ建築と朝鮮建築 特に柱について―比較芸術学の一つの試み―「速水博士還暦記念心理学哲学論文集」岩波書店 昭和12年天平彫刻について「天平彫刻」 小山書店 昭和19年11月三月堂群像「東大寺法華堂の研究」 大八洲出版 23-9東大寺の彫刻「図説東大寺」 朝日新聞社 27-9古代の彫刻 平凡社世界美術全集日本・古代 昭和27年11月平安時代の文化と書道 平凡社書道全集日本平安3 昭和30年4月法隆寺を想ふ 近畿日本叢書「大和の古文化」 昭和35年9月想ひ出「博物館ノ思出」東京国立博物館 昭和47年11月*定期刊行物などヰルヘルム・ヴントの想ひ出の記 思想3~5 大 10-12 大11-1、2日本国宝全集の発刊 思想 18 大12-3絵巻物について 思想 19 大12-3絵巻餓鬼双紙考察 思想 28 大13-2デルフィよりオリムピア迄 思想 133 昭8-6海印寺行 画説 13 昭13-1夏目さん 図書 37 昭14-2信貴山縁起について 図説 30 昭14-6エドムント・ヒルデブラント 図書 54 昭15-7伴大納言絵詞 美術研究 142 昭22-3レオナルドの皮肉 世界 19 昭22-7人及び芸術家としてのレオナルド・ダ・ヴィンチ西欧学芸研究 1 昭24法隆寺の柱 仏教芸術 4 昭24-6大塚保治先生 心 3-5 昭25-5室生寺釈迦像 芸術新潮 1-9 昭25-9大塚保治博士の思想 美学 4 昭26-2仏像形態学試論 大和文華 1 昭26-3飛鳥彫刻について Museum 3 昭26-6文学の絵画化(信貴山縁起第一巻について)文学 19-5 昭26-5絵巻物考断片一主として表現形式についてMuseum 6 昭26-9文化財は保護されているか―薬師寺日光菩薩の問題をめぐって―芸術新潮3-12 昭27-12高貴な絵 国立博物館ニュース 昭29-3玉依姫再礼讃 大和文華 13 昭29-3安井曾太郎追憶 心 19-3 昭31-3古都随想1~12 芸術新潮 7-5~8-4 昭31-5~32-41、2法隆寺の金堂 3アクロポリス逍遥4、5、7~9柱の美学 6古都の美10建築心理学の一節 11、12建築心理学の諸問題学究生活の思ひ出 思想 385 昭31-7中川忠順先生の追憶 大和文華 21 昭31-10裸体像について 心11-7 昭33-7人と教育(レオナルド・ダ・ヴィンチ)木曾教育 12 昭33-12正倉院ファンタジー Museum 104 昭34-11田中豊蔵のこと(同氏著日本美術の研究序) 昭35-10藤田亮策君追憶 大和文化研究 6-3 昭36-3岡倉先生 岡倉天心展目録 昭37-10美学者の散歩 芸術新潮157~168 昭38-11岡倉天心の講義 2、3三月堂を憶ふ4田中豊蔵のこと 5、6薬師寺の美学7モーツァルトの手紙 8フェノロサの美術論9日本的なるもの、伊勢神宮とパルテノン10フィレンツェの数日 11、12欧州の美術行脚日本美術の性格 月刊文化財 13 昭39-10失はれた古寺巡礼 芸術新潮 193 昭41-1長久手独居之記 研修あいち 48 昭和43-1

横山操

没年月日:1973/04/01

 日本画家横山操は、4月1日脳卒中のため東京都調布市の慈恵医大附属病院で死去した。享年53歳。大正9年1月25日新潟県西蒲原郡に生れ、川端画学校日本画科に学んだ。昭和15年第12回青竜展に「渡船場」が初入選したが、この年応召し、終戦までの5年間中国各地を一兵卒として歩いた。戦後さらに5年間のシベリア抑留生活をつづけ、25年復員した。翌年の青竜展で画生活に戻り、「塔」「熔鉱炉」「炎々桜島」などの大作を発表、「炎々桜島」では青竜賞となった。彼の作品の特色であるブラックを強調した線を、画面に縦横に駆使した激烈な作風は、画壇に一時爆発的ブームを引きおこした。しかし、一方ではこのような傾向に対する批判もまたないわけではなかった。斯くて昭和37年には青竜社を脱退し、無所属となった。以後、日本の伝統的水墨画の発展に意欲を示し、「瀟湘八景」「越後十景」等の作品がある。昭和46年発病し、半身不随となったが、左手で制作をした「武蔵野風景」などの作品もある。年譜年令大正9年(1920) 1月25日、新潟県西蒲原郡に生まれる。昭和12年 17 3月、県立巻中学校卒業。上京。昭和13年(1938) 18 この年光風会展に「街裏」(油彩)を出品、初入選する。昭和14年(1939) 19 川端画学校日本画部に入学。新興美術院に「隅田河岸」を出品。昭和15年(1940) 20 9月、第12回青龍展に「渡船場」を出品、初入選する。12月、召集。中支派遣鏡部隊に所属し、長沙作戦に参加。昭和20年(1945) 25 この年、終戦と同時にシベリア、カラガンダ、23区第9収容所に抑留され、26番炭坑において石炭採掘に従事する。昭和25年(1950) 30 1月、帰国復員。一時郷里に帰る。4月、春の青龍展を見る。この頃再び上京、不二ネオン会社のデザイン部にてデザインの仕事をし、銀座森永の広告塔などをデザインする。9月、第22回青龍展にソ連抑留中の印象を追憶してかかれた「カラガンダの印象」を出品。昭和26年(1951) 31 4月、春の青龍展に「カザフスタンの女」を出品。この作品も「カラガンダの印象」同様抑留中のカザフスタン共和国、カラガンダ地方の印象をもとにその風俗を描いた。5月19日、杉田基子と結婚。この頃、青龍社研究会に入会。9月、第23回青龍展に「沼沿いの町」を出品。この年、青龍社社子に推挙される。昭和27年(1952) 32 3月5日、長女彩子生る。4月、春の青龍展に「千住風景」を出品。9月、第24回青龍展に「灯台」を出品。昭和28年(1953) 33 4月、春の青龍展に「白壁の家」、「横卧」を出品。「白壁の家」は春展賞を受ける。9月、25周年記念青龍展に「ショーウィンド」、「駅前広場」を出品。「ショーウィンド」は奨励賞を受ける。昭和29年(1954) 34 3月、春の青龍展に「青春」、「熱海月明」を出品。「青春」は春展賞を受ける。8月、第26回青龍展に「変電塔」、「舞妓」を出品。「変電塔」は奨励賞を受ける。社友に推挙される。大井庚申塚のアパートに移転。また、不二ネオン会社社長―故瀬川氏の好意により、会社事務所(鶯谷)の2階を借り大作に着手する。昭和30年(1955) 35 3月、春の青龍展に「十文字」を出品、春展賞を受ける。この作品は、東京電力火力発電所にある通称―お化け煙突―の投影をもとに描かれた。8月、第27回青龍展に「対話」を出品、奨励賞を受ける。この年、青龍社新人による小品会―踏青会―に6点出品。また「ブランコ」(スケッチ)を描く。昭和31年(1956) 36 1月、第1回個展を銀座松坂屋で開き、「網」、「熔鉱炉」、「架線」、「川」、「木」を出品。2月26日、世田谷区に移転。3月、春の青龍展に「ビルディング」を出品、春展賞を受ける。5月、桜島写生のため旅行。8月、第28回青龍展に、「炎々桜島」を出品、青龍賞を受ける。この賞は社人以外の作品を薦賞する第一賞であり、受賞者は28年間のうち操を含む2名だけである。この年踏青会に8点出品。また「舞妓」を描く。昭和32年(1957) 37 1月、朝日新聞社主催第8回選抜秀作美術展に前記「炎々桜島」を出品。3月、春の青龍展に「時化」「樹」を出品、「時化」は春展賞を受ける。6月、取材のため、北海道旅行。7月、毎日新聞社主催、現代美術10年の傑作展(渋谷東横デパート)に前記「川」を出品。8月、第29回青龍展に「塔」「踏切」を出品。「塔」は奨励賞を受ける。この作品は、上野谷中天王寺の五重塔焼失時に取材され描かれた。11月、朝日新聞社主催今日の新人’57展(日本橋白木屋)に前記「樹」「網―部分―」を出品。この年、踏青会に10点出品。また「時化」(未発表)を描く。昭和33年(1958) 38 1月、第2回個展を銀座松坂屋で開き、「夕張炭鉱」、「昭和新山」、「鉄骨」、「家」、「闇迫る」、「仲仕」、「母子」を出品。同月、第9回選抜秀作美術展に前記「塔」を出品。3月、春の青龍展に。四日市港の所見をもとに描かれた「港」を出品。春展賞を受ける。5月、毎日新聞社主催第3回現代日本美術展に「犬吠」を出品。受賞候補となる。6月、佐久間ダムへ取材旅行、帰途上高地に立ち寄る。8月、大阪大丸にて個展を開く。9月、第30回青龍展に「ダム」を出品。社人に推挙される。10月、吉祥寺みつぎ画廊で開催の素描展に数点出品。11月、オーストラリア、ニュージーランド巡回日本現代美術展に前記「塔」を出品。この年、坦々会(日本橋白木屋)に「大正池」、「網」を出品。野生派第1回展(日本橋三柳堂画廊)に「野の夕」、「灯台」を出品。昭和34年(1959) 39 1月、青々会(日本橋三越)に「雪峡」を出品。同月、第10回選抜秀作美術展に「ダム」を出品。3月、銀座村越画廊主催第1回轟会―横山操、加山又造、石本正三人展―に「朔原」、「大正池」、「夕映桜島」を出品。同月、春の青龍展に「網」を出品。5月、毎日新聞社主催第5回日本国際美術展に「峡」を出品。優秀賞を受ける。6月、みづゑ賞選抜・新しい水彩15人展(銀座松屋)に「網」を出品。みづゑ準賞を受ける。9月、第13回青龍展に「岳」を出品。この作品は妙義山へ登った時の印象をもとに描かれた。同月、双樹洞画廊主催第1回9月会に「岳」を出品。この年孔雀画廊主催第1回百合会展に「茜」、踏青会に「道」を出品。昭和35年(1960) 40 1月、第11回選抜秀作美術展に「峡」を出品。3月、春の青龍展に「送電源」を出品。4月、兼素洞にて小品の個展を開き、「水映」、「朝」、「火の山」、「道」、「流星」、「明ける海」、「波涛」、「茜の道」を出品。5月、第4回現代日本美術展に「波涛」を出品。6月、新潟県大和百貨店にて個展を開き、前記「熔鉱炉」、「炎々桜島」、「昭和新山」「夕張炭鉱」、「闇迫る」、「家」、「川」、「灯台」他小品数点を出品。同月、現代美術の焦点シリーズ第1回展(日本橋白木屋)に大作「富士」を出品。8月、第33回青龍展に「建設」を出品。この作品は黒部第四ダムに取材し描かれた。同月、東洋美術館画廊主催第1回地上会展に「舞妓」を出品。12月、三鷹市に移転。この時、過去を絶ち新しく出発する事こそ真の芸術家の生き方だと考え、これまでの作品の大半を焼却した。この年、国立近代美術館主催日本画の新世代展に前記「熔鉱炉」、「塔」、「朔原」、「山湖」を出品。また「潮来の夕」「MADO(窓)」を描くこの頃「暁富士」を描く。昭和36年(1961) 41 1月、第12回選抜秀作美術展に前記「建設」を出品。3月、春の青龍展に「船渠」を出品。同月、第2回轟会に「富士雷鳴」、「早春」、「夕原」、「灯台」、「波涛富士」を出品。4月29日、取材のため渡米、約40日間滞在、主にカリフォルニアを回る。5月、第6回日本国際美術展に「黒い工場」を出品。8月、第33回青龍展に「グランドキャニオン」を出品。この年、兼素洞にて横山操・福王寺法林新作2人展を開き、―アメリカ5題―「ニューヨークシティー」、「コロラド」、「ブルックリン橋」、「ヨセミテの滝」、「マンハッタン」―を出品。昭和37年(1962) 42 1月、第13回選抜秀作美術展に「波涛富士」を出品。3月、青龍展に「金門橋」を出品。同月、第3回轟会に「イーストリヴァーの朝」、「イーストリヴァーの夕」「ウォール街」を出品。5月、第5回現代日本美術展に「ウォール街」を出品。夏、青龍社脱退。社は第34回青龍展に出品予定の超大作「十勝岳」(高さ8尺×横24尺)を縮小するよう要請するが、これを聞き入れず、このことが脱退の直接原因となる。11月、兼素洞主催第1回荒土会に「荒土耕人」、「叢々富士」、「晴日」を出品。第3回地上会展「晴るゝ日」出品。昭和38年(1963) 43 1月、脱退後第1回の個展―生まれ故郷越後の山水を主題にして―(2・4-12東京画廊「海」「雪原」他数点を出品。)2月、神戸高島屋にて個展を開き「白梅」、「紅梅」「赤富士」等を出品。3月、第4回轟会に「紅白梅」、「早春」を出品。5月、第7回国際美術展に「雪峡」を出品。6月、屏風絵展(6・14-19松屋)を開き「瀟湘八景」を出品。この頃青梅に別荘を建てる。7月、小品展(7・15-20関西画廊)11月、第2回荒土会に「伊豆富士」、「武蔵野の朝」を出品。小林一哉堂創立五拾周年記念展「伊豆富士」出品。日比谷公会堂緞帳、リッカービルの壁画を完成。昭和39年(1964) 44 1月、第15回選抜秀作美術展に前記「海」を出品。3月、第5回轟会に「湧雲富士」を出品する。5月、第6回現代日本美術展に「高速四号線」を出品。同月、ニューフジヤホテルの壁画「赤富士」完成。9月、アメリカ及びヨーロッパに旅行。イタリア旅行中シエナのホテルにて心臓発作をおこす。病状回復後帰途に着くが、途中フィリピン・マニラに立ち寄る。11月、第3回荒土会「ヴェニス」、「湖の秋」、「月下富士」出品。「ウォール街」東京国立近代美術館買上となる。また船原ホテル・ヒルトンホテルの壁画完成。昭和40年(1965) 45 前年より心臓病のため休養する。3月、第6回轟会「パリ郊外」、「黎明パリ」出品。6月、病後早々太陽展(銀座日動画廊)に「ふるさと」出品。9月、多摩美術大学で日本画科教授として加山又造と共に実技の指導にあたる。11月、第4回荒土会「イタリアの丘」、「祇王寺の秋」出品。同月、高燿会展(高島屋)「遠きノートルダム」出品。小林一哉堂画廊主催横山操・加藤東一・麻田鷹三人展「黎明」「凱旋門」「晴るゝ日」出品。昭和41年(1966) 46 3月、第7回轟会「水の都」、「朱富士」出品。4月10日、川端龍子死去。龍子の死は横山に「おやじを失ったよう」な悲しみを与えた。5月、第7回現代日本美術展に「万里長城」出品。同月青龍社解散。6月、中国旅行。香港―広州―長沙―武漢―九江―廬山―南昌―上海―北京と回る。北京では10日間滞在し、明の13陵、8達嶺、万里長城等で写生をする。8月、村越画廊主催中国の旅草描展に「東陵の丘」、「夕凪の泊船」、「長城万里」、「柳映」、「飛燕」、「九江風景」、「河南山水」、「天壇」、「霽れゆく長江」、「江畔の街」を出品。11月、第5回荒土会「天壇」、「塔のある風景」出品。同月、日本橋高島屋主催加山又造・横山操二人展「茜山水」、「紅白梅図」、「暁富士」、「富嶽」出品。昭和42年(1967) 47 3月、毎日新聞社主催現代日本画三人展―横山操・石本正・加山又造―(神戸そごうデパート)前記「瀟湘八景」出品。10月、名古屋松坂屋にて個展を開き「富士」、「茜」、「残雪富士」等を出品。昭和43年(1968) 48 4月、銀座彩壺堂主催水墨「越路十景」展を開く。5月、第8回現代日本美術展「TOKYO」出品。6月、日本橋高島屋主催第1回球琳会日本画展「遠富士」出品。6月~9月 日本経済新聞社主催近代日本画名作展(於レニグラード―エルミタージュ・モスクワプーシキン両美術館)「送電源(32回青龍展)」出品。11月、第6回荒土会「風渡る」、「遠富士」、「冬の山」出品。同月、春秋会展に「朝霜(水墨)」、「清雪富士」出品。この年横山操・加藤東一・麻田鷹司3人展に「奥入瀬の秋」を出品。文化庁主催大正・昭和名作美術展に出品。また、千葉県民会館の緞帳を制作。昭和44年(1969) 49 11月、轟会10周年記念展(日本橋高島屋)に富士八景(「冬富士」など)を出品。同月、第7回荒土会「紅葉富士」、「朱富士」を出品。この年第2回球琳会日本画展に「黎明富士」、彩壺堂主催彩春会に「峠の道」を出品。昭和45年(1970) 50 6月、第3回球琳会に「むさし野」を出品。この年青梅の別荘にアトリエを新築。昭和46年(1971) 51 春、第20回5都展に「暮雪」を出品。4月、神奈川県立近代美術館主催戦後美術のクロニクル展に「雪原」を出品。同月29日、脳血栓のため入院。1週間ほど意識不明が続き、右半身不随となる。8月、伊豆のリハビリテーションセンターに入院するが、本人の強い希望により11月3日に退院。好きな酒を絶ち自宅にて左手で制作にかかる。11月、第8回荒土会に「雪富士」を出品。この年「清雪富士」を描く。昭和47年(1972) 52 2月、東京国立近代美術館主催戦後日本美術の展開展に「塔」を出品。11月、第13回轟会に「静かなる風景」、「月」を出品。この年一哉堂主催芳樹会展「むさし野」出品。この頃雑誌「新潮」の表紙(48年度)12カ月分を制作したり、明治座や歌舞伎座の公演目録表紙を手がける。昭和48年(1973) 53 1月、朝日新聞歌俳壇の挿画(水墨)4点を手がける。2月、第9回荒土会に「茜」、「峡」を出品。3月26日 作画中再び脳卒中のため昏倒。これが「絶筆」となる。27日 病状悪化。入院。4月1日 逝去する法名 景享院篁風玄彩操志居士。深大寺に葬る。9月4日-10月7日追悼特別展「横山操の回顧」

足立源一郎

没年月日:1973/03/31

 春陽会会員、日本山岳協会会員であった洋画家の足立源一郎は、3月31日午前1時45分、胃ガンと老衰のため鎌倉市の自宅で死去した。享年83歳であった。足立源一郎は、明治22年(1880)7月8日、大阪市、南船場の一角にある石油商の家に生れた。父弥助、母浅野。明治37年第一高等小学校を卒業すると道修町の絵具屋(薬種問屋か?)に丁稚奉公にだされたが、翌年父の急死にあい、その年京都市美術工芸学校に入学した。明治39年、京都岡崎に関西美術院が開設され、それにも出席し浅井忠、鹿子木孟郎らの指導をうける。明治40年には上京して太平洋画会研究所に入り、柚木久太のすすめで大正3年(1914)渡欧し、パリにあってグラン・ショミエール、アカデミー・ランソンに通う。第1次世界大戦に遭遇するがリヨンや南仏に難をさけ、大正7年(1918)ロンドンを発って帰国した。ロンドン滞在中には松方コレクションの蒐集に尽力している。帰国後は、院展洋画部に出品して同人となり、さらに春陽会創立に参加、以後終始、春陽会展を中心に作品を発表したが、大正12-15(1923-26)第二回滞欧、昭和11年(1936)日本山岳画協会創立、同13年、14年、15年と毎年、中国、旧満州、朝鮮に写生旅行、同19年にも中国、朝鮮に旅行した。日本国内も各地に写生旅行し、後半期は山岳風景の画家として知られた。 略年譜明治22年(1889) 7月8日父弥助、母浅野の四男として大阪に生る。明治28年 足立弥助願念寺本堂に須弥壇寄進明治32年 大阪市立久宝小学校より東区立第一高等小学校に進む。明治37年 第一高等小学校を卒業し絵具屋に奉公す。明治38年 1月12日、弥助死亡。4月、京都市美術工芸学校入学。11月、褒状二等「洋食器」。秋期修学旅行で伊勢方面に行く。同輩に奥村林暁、加井民次郎など。明治39年 3月2日、京都岡崎に関西美術院開設、そちらにも出席、先輩に安井曾太郎、梅原良三郎など。同輩に黒田重太郎など。夏、富士山に登り箱根、伊豆を巡る。垂水海岸に滞在。明治38-39年、京都市美工校の写生、採点あるもの20数点あり。明治40年 殆んど関西美術院に移る。12月16日、浅井忠没。明治39年、40年の京都及び大阪の鉛筆デッサン多数。明治41年 上京し太平洋画会研究所に学ぶ。明治42年 徴兵検査の為大阪へ還る。同行奥村。中仙道をへて伊香保、安中、妙義を訪れ、木曾街道をたどる。明治41年-大正3年の間の消息殆んど不明。白馬会研究所や美校にも研究に通った。九段の暁星へフランス語及び会話の勉強に通う。この間の友人に奥瀬英三、金山平三、柚木久太、大久保作二郎、若山為三、鍋井克之等がある。房州、箱根、伊豆半島、伊豆七島、高野山、紀州、瀬戸内海等へ足を運んだ。大正3年 柚木久太、金山平三らのすすめにより柚木久太をたよって渡仏する。4月、パリ着、ホテル・オデッサに泊まる。後シテ・ファルギェールに移る。グラン・ショミエール、アカデミー・ランソンなどに学ぶ。オーヴェル・シュール・オワーズにガッシェを尋ねる。ベルリッツに通いノイローゼ気味となり、プルターニュへ旅行する。フイニステル地方に迄足を伸ばし、モエラン、ケルゴエ、ル・プールデユを訪れる。7月28日、第1次欧州戦争始まる。8月上旬、リモージュへ疎開する。島崎藤村、柚木、金山、正宗得三郎と同行。2週間で帰国の為リヨンへ向う。10月11日、……リオンの足立より手紙にも絵具を注文あり……(『懐中日記』、川島理一郎)、11月、パリへ戻る。大正4年 パリ滞在。7月、ブルターニュへ行く。パンポール、イル・ブレア等。森田恒友同行。鹿子木孟郎渡仏。大正5年 4月11日、願念寺鐘楼献堂供養。春、サヴォアに写生行。夏、チュルサックに滞在。コント・フルールの城館に泊る。プレ・イストリックの遺跡研究に過す。大正6年 1月、黒田重太郎パリ着。2月上旬、イタリア旅行に発つ。2月17日、サヴォアよりトリノへ。2月18日、トリノよりジェノヴァ着。3月8日、アマルフイ。3月17日、ペスタムにギリシア遺跡を訪う。3月18日、ナポリ滞在1週間目となる。3月18日、ローマ着。3月20日、アツシジ。3月21日、ペルージヤ。3月22日~25日。フィレンツェ滞在。4月3日、再びローマよりナポリへ。5月上旬、ニースを経てパリへ戻る。大正7年 4月、帰国の為ロンドンに向う。同行黒田重太郎。ロンドンで船待ち中に赤沼智善、山辺視学を知る。第1次松方コレクションの選択にたづさわる。5月中旬、ロンドンを発ちプリマスに向う。6月15日頃、船団出港。ケープ・タウン、マダガスカル経由日本へ向かう。因幡丸、8月20日上海に向け香港を発つ。大正8年 春、奈良へ移る。第1日曜写生会始まる。4~5月、第1回自由展覧会、於大阪天王寺美術館。主な出品者、浜田葆光、赤松鱗作、住田良三、普門暁、古谷新、藤堂杢三郎、林重義、向井潤吉、鶴丸梅太郎、小沢、安田、青木大乗、岩佐なら、他。9月12日~19日第6回日本美術院展出品、計20点。青き眼の女、アルプ・マリチームの風景、ニース郊外、ひじを突く女、登り道、チューリップ、風景、ブロドウス、ナチュールモルト、眼を粧う女、カーニュの村、冬の午前、アプレミディ、カーニュの冬、アルプ・マリチーム、女の習作、ビーボアン、オリビエの村、画家像、イルルブレアの夏。9月、足立源一郎を挙げて同人となす。(日本美術院)大正9年 7月17日~19日、足立源一郎小品展、大阪資生堂階上にて。ベトイユの春、村、セーヌ河岸、ムードンの冬、アブニュー・ド・ブルトゥイ、コロンブの運河、ポン・ヌーフ、サヴォアの夏、郵便局、モンマルトル、サンクルーの秋、パリ南郊の秋、ヴェルサイユの庭、春秋(ブルターニュ)サンクロア村、地中海岸、クアルチエ・オートイユ、プラス・ド・ラ・コンコルド、ドルドーニュ、トリノの冬、アルノ河岸、アルバノ村、アルバノ湖、カステル・サンテルモ(ナポリ)、ソレント街道、プラツア・サンタ・カテリナ、オリーブ園、カーニュ早春、静物、奈良。9月1~29日、第7回日本美術院展。首里早春、日盛り、静物、画家像、真玉橋、カクス・ノアール、佐渡山殿内、アトリエの午後、沖縄風景、南島冬雨、ポロネーズ、画家像。同年、徳川頼寧婦人像、静物(ケシ)他。「三代家死没の巴里美術界」(中央美術9月号)。大正10年 翻訳『ドオミエ』(日本美術学院)。翻訳「クロード・モネを訪う」マルセル・ペイ。(中央美術6月号)大正11年 1月14日、春陽会創立初顔合せ。於本郷燕楽軒、小杉未醒、森田恒友、長谷川昇、山本鼎、倉田白羊、足立源一郎、梅原良三郎以上会員、岸田劉生、萬鉄五郎、木村荘八、中川一政、椿貞雄、今関啓二、石井鶴三、山崎省三、以上会友。11月、農商務省、並に文部省、欧州工芸視察練習生。同年、那智枝と結婚(旧姓安本)。翻訳「オーエル時代のセザンヌ」、「巴里に於けるセザンヌとの交遊」、「セザンヌが画家になる迄」。ギュスターブ・コキオ著、(中央美術)。著書、『人物画を描く人へ』(日本美術学院)。大正12年 2月16日、農民美術基金集めに山本を同道し岸本吉左衛門を訪問。2月、神戸解纜、第2回渡仏。4月、パリ着、ソメラールのパンションに入る。後ヴィラ・デ・カメリヤへ移る。5月4~27日、春陽会第1回絵画展覧会於竹の台陳列館。静物(けし)、母の像、静物(さざんか)、あねもねの花、高畑の冬、風景。9月、東欧の農民美術調査の途次ウィーンにて関東大震災を知りパリへ戻る。同行岸本彦衛。12月~24年2月、クロ・ド・カーニュに避寒。12月24日、クロ・ド・カーニュ。古美術行脚『大和』刊行。辰巳利文、小島貞三著、アルス刊。大正13年 春、ルーブル美術館にて「キリスト降誕」ルイニ作模写、3ヶ月を要す。アトリエにて裸婦其の他。12月~25年春イタリア旅行。10月25日、グリンデルワルト。パテ・ベビー1式購入、製作は昭和9年頃迄続いた。大正14年 3月7~29日、第3回陽春会展、裸体。人物。夏、帰国。10月頃、九科会発足。著書『ルウッソオ』アルス刊。ヴアン・エイク以前のアギニヨン派絵画、(アトリエ 1~3月号)。大正15年 2月16~3月20日、春陽会第4回展、闘牛の男、浴後、ブルターニュ風景、水辺の女。5月13日、母浅野死亡。著書他、『ポンペイ壁画集』アトリエ社。「ぽーる・フエルジナン・ガッシュ」(アトリエ 1~5月号)。昭和2年 正月、東京府下荏原郡へ移る。春より自由学園へ美術の講義にゆき始む。意匠部を指導23年迄つづく。4月22日~5月15日、春陽会第5回展覧会、於東京府美術館。奈良の雪、夏の草花、うゐーとみもざ、けし、雑草とひなげし。『世界美術全集』委員 平凡社刊 昭和5年迄。昭和3年 4月27日~5月14日、春陽会第6回展。奈良新緑、春日山。この年房州へ写生行?、著書『現代西欧図案集』宝文館。昭和4年 4月27日~5月15日、春陽会第7回展。尾瀬沼小品(1)、(2)、肖像、会津燧岳、御宿風景。陽春会事務局を小杉方より移す。自由学園第7回美術展。第1回工芸展。風俗人形、臘染、手織等指導。昭和5年 4月23日~5月14日、春陽会第8回展、焼嶽、穂高嶽新雪、上高地初秋、窓辺、時雨、秋霽れ、秋の朝、小梨平初夏、上高知初夏、五月雨るる穂高。4月自由学園創立十周年記念美術工芸展の準備のため、ニュージーランド文様及び高山植物をテーマとして生徒の制作を指導。この年劔岳、他。昭和6年 4月11日~5月3日、春陽会第9回展。八ヶ嶽遠望、甲斐路の春(1)、(2)、穂高残雪、五月雨、常念小舎より、新緑。第1回新興美術展(企画実施)於大阪。自由学園工芸研究所設立。現在(昭和49年)に致る迄不変の需要ある「コルクの積木」は足立の発案、煉瓦をモデュールとした寸法である。この年家形山スキー行他。著書『技法研究洋画基礎』宝文館。『自由学園工芸図案集』自由学園工芸部。『技法研究風景』宝文館。昭和7年 春陽会第10回展。雨後の高瀬入、白馬嶽遠望、針の木遠望、雪景、高原散策、曙、仙丈岳、初秋の劔嶽、仙水峠の春。5月、尾瀬沼行、森田が国立公園協会(内務省管轄)の依頼で尾瀬沼を描くことになり同行した。夏、大東京市発足により東京市大森区となる。この年乗鞍嶽写生行、他。著書、セザンヌ大画集第2巻『人物』アトリエ社。「山の写生『山岳講座』第5巻255~315頁、共立出版。昭和8年 春陽会第11回展。ばら(一)、(二)、飛騨の秋、会津燧岳、尾瀬沼解氷、春、解氷期の南アルプス縦走。七月、北海道行き。秋、自由学園第1回工芸展、於大阪三越。足立の指導により1年の準備期間をかけて開催されたが、入場者は2万人を越した。昭和9年 4月、自由学園工芸研究展、於三越本店。4月22日~5月13日、春陽会第12回展。後立山の春、花、白馬連峰。6月、日本山岳会々員となる。推薦者、茨木猪之吉、中原万次郎。後、陶器に依る日本山岳会の略章をデザインす(現行)。6月12日~17日、山の絵展覧会、於日本橋高島美術部。針の木岳遠望、湖畔新緑等、計60点。7月上旬、西黒沢、白鷺の池、写生行。7月24日~29日、乗鞍岳写生行。8月13日~22日、水昌小屋中心に写生行。9月12日、この近辺奧穂高岳写生行。10月27日~30日、裏妙義写生行。11月、自由学園工芸研究所第2回工芸展。於東京・大阪三越。12月4日~9日、高山より乗鞍岳写生行。同行藤木九三。右以外、冬期五色温泉、冬期雲竜峡(日光)、菅平(自由学園O・Bと共に)ら写生行。昭和10年 4月28日~5月20日、春陽会第13回展。鳥帽子嶽、石楠花、西鎌尾根、F氏像、東沢の夕。六月。日光湯の湖近辺写生行。他に乗鞍岳、甲州、劔嶽写生行。昭和11年 3月、日本山岳画協創立。A・A・A(Association des Artistes Alpins)。会員、足立源一郎。茨木猪之吉、石井鶴三、丸山晩霞、中村清太郎。4月。春陽会第14回展覧会。甲斐駒ヶ嶽。 劔嶽三趣(朝・昼・夕)、甲斐ヶ根の春。3月16日~5月17日、神戸商大山岳部に同行して台湾写生行。3月16日、神戸解纜。20日、台北。21日、東勢。22日、対劔美角、烏来。23日、ビスタン社・サラマオ峠。24日、シカヨウ社。25日、ヒマナン路26日、マクラハ渓。27日、ガンテリエ。28日、キレットイ、インタシンバジン。29日、南湖連峰幕営。30日、スムツタ。4月5日、ヤボラン断崖、プスラユ尾根。7日、大覇尖山の肩。8日、上テンシピヤナン鞍部。12日、土湯温泉。13日、羅東。15日、ラジオ放送「美化山東」。20日、新高山北峯。21日、日月潭。5月6日、漢水。16日、台南赤嶺楼泊。17日、平安。6月中旬~下旬、土佐、高松写生行。8~9月、阪大理工学部の為壁画2面。助手、佐藤他1名、目白、自由学園講堂にて製作。10月23日~26日頃、日本山岳画協会第1回旅行。木曾福島、藪原、小木曽、境峠、野麦峠。同行者、石井鶴三、茨木猪之吉、中村清太郎、計4名。他に乗鞍岳、志賀高原、上越、蔵王等写生行。昭和12年 4月11日~5月4日、春陽会第15回展覧会。霧巻くヤボラン山。春の新高南山。★萊主連峯、台北の娘、新高山主峯、南湖大山の朝、大覇尖山、新高山。次高山の北端。7月17日~月末、利尻島、礼文島、写生行。夏、小画室を箱根に設く。9月下旬、日光(小米平、曲り廊下入口、赤薙)写生行。10月25日~11月13日、阿蘇、霧島、雲仙写生行。11月25日、足立の指導による自由学園工芸研究所作品、布地15種、パリ万国博にて受賞。金牌、「山と波」タピスリ。他に銀牌、銅牌。穂高、志賀高原、霧ヶ峰、妙高、蔵王等、写生行。12月26日~1月7日、北海道スキー写生行。鯉川温泉→ニセコアンヌプリ→土狩→札幌→北見→上富良野→十勝吹上温泉→泥流→帰京。昭和13年 4月9~27日、春陽会第16回展覧会。雪の朝(十勝岳麓)、春畫、乗鞍岳と木曾御嶽、かぐろへる穂高。5月下旬→8月上旬、朝鮮北支写生行。5月19日、春陽会大阪展3日目、朝出発、夜9時興安丸乗船。20日、慶州。21日、金夷信墓、鮑石亭、他。22日、北州河原。23日、仏国寺。24日、慶州、夜京城に向う。27日、京城発内金剛に向う。28日、摩訶衍。29日、迦葉洞。30日、玉女峯。31日、朝陽瀑。6月2日、昆廬峯。3日、動石洞。4日、神渓寺より温井里。5日、極楽峴。6日、薬柳相。7日、海金剛より京域。19日、羽仁もと子より北京生活学校について相談をうけ、北京行を依頼され承諾する。20日、水原。7月3日迄京城。7月17日、奉天、北陵其の他。19日、北京・天壇、北海公園。22日、大同日之出屋泊、雲崗鎮。24日厚和。26日、北京南海公園。8月2日迄北京にて生活学校指導。9月28日。夜大阪発。30日、小倉、夜興安丸乗船。10月4日、正陽寺。10月5日、弥勒峯、中内院、温井里。5日以後海金剛。17日、関城。11月上旬帰京。12月20日頃八ヶ岳山麓写生行。12月27日~1月3日、蔵王高湯写生行。同行袋一平。他に志賀高原、上越、信夫高湯方面等、写生行。昭和14年 4月23日~5月14日、春陽会第17回展覧会。谷川岳カタズミ尾根、市の倉沢、大同石仏第20窟、大同石仏第17窟、大同石仏第3窟、大同石仏第20窟、大同石仏寺、夏の北京。4月、倉田白羊追悼講演会、並に遺作展に出席、信州上田。4月24日~7月下旬、満州北支写生行。4月24日夜東京発、滞阪。28日、のぞみにて京城着、半島ホテル。29日、茨木猪之吉に会う。30日、李王職美術館。午後発、5月1日、奉天。2日、鞍山。4日、遼陽。5日、海城。7日、廟台無量観に泊。8日龍泉寺。20日、ハトにて新京へ。21日、吉林。24日迄吉林。25日、新京経由哈爾賓へ。30日迄哈爾賓。28日、泉靖一他1名の慰問に当る。29日、山下一夫、西島と太陽島に遊ぶ。6月3日迄佳木斯。3日、牡丹江着。4日、綏芬河、立上秀二に会う。愛河にて下車、小杉二郎(放庵二男)を井上芳部隊に慰問。5日、ハルピンに戻る。6日、哈爾賓を発つ。17日~19日、承徳。21日、古北口站。23日~26日、北京。27日、青竜橋。28日~9日、大同。7月1日、張家口。下旬帰京。日時不詳。乗鞍岳、八ヶ岳、甲州、上高地、安曇野、野尻湖、尾瀬沼等写生行。足立の指導に依り自由学園工芸研究所が1年掛りでニューヨーク・サンフランシスコ万国博のため制作した壁掛、希望の曙を現す「東亜の黎明」はニューヨーク市の永久保存品に指定された。12月28日~1月5日、大島式根島写生行。日時不詳。3月中旬、遠見尾根より五竜岳、拇池、八方尾根、志賀草津、他写生行。著書『山に描く』古今書院。昭和15年 4月8日~17日、春陽会第18回展覧会、北京風景(北海公園)、北京好日、春の五竜岳。5月2日~6日、山嶽画展、銀座、青樹社。上高地新秋、朝霧、他計24点。8月5日~9日、山嶽画展。大阪・東・道修町青樹社支店。甲斐駒岳、小梨咲く上高地、他計15点。8月31日~10月中旬、満州写生行。8月31日、神戸より扶桑丸乗船。9月3日、大連着。5日、鞍山着、箱崎、津田治七。6日、奉天、ヤマトホテル泊。7日、「大陸」にて錦県着。8日、北鎮。11日、北鎮発医巫閭山。12日閭山。14日、金州城。15日、東京城、義県、鏡泊湖。11月下旬、赤城、榛名写生行。秋、第4回文部省美術展覧会。紀元2600年記念に聖峯試練を出品。日時不詳。蔵王、大和路他。自由学園工芸研究所、作品を輸出工芸新興展に出品。織物ベットカバー、1等賞、和紙★纈染、3等賞。著書『人物画の描き方』崇文堂。此の年文部省買上げ作品あり。昭和16年 1月20日頃、蔵王写生行。4月12日~25日、春陽会第19回展覧会。穂高3題(冬、初冬、新秋)、蔵王樹氷。4月下旬、庄内、羽前写生行。5月下旬、岩木山近辺写生行。6月上旬。千曲川水源方面写生。6月20日~24日、八甲田方面写生行。象潟鳥海山、等。7月6日~9日、山嶽画展覧会。日動画廊。槍穂高遠望20号、蔵王山の樹氷8号、穂高新緑15号、他計28点。7月下旬、紀伊写生行、大台ヶ原、有田、保田。8月5日~9日、8月5日、甲府にて清沢久吾に会う。6日、喜多恒雄を迎え夜叉神峠へ。8日、北岳頂上。9日、夜帰京。11月、7日(樽で手に入るのはこれが最後と思われるので)、太平山を山本の仲介で皆で飲む会。幹事、山本・足立、案内先、石井柏亭、長谷川昇、青山義雄、中川紀元、中村研一、中山魏、『山本鼎の手紙』380頁。11月9日、那智、南紀写生行。日時不詳、蔵王、朝日磐梯、甲州、上越へ写生行。昭和17年 1月17日前後、甲斐、佐久往還写生。2月、土佐写生行。3月中旬~4月中旬、内金剛、外金剛写生行。4月、春陽会第20回展覧会。吾妻高原、会津駒ヶ嶽、甲斐路早春、7月23日~8月7日、白頭山行。11月7~11日、第2回油絵山嶽展覧会、日動画廊、嶽麓初夏(吉田)15号、志賀高原の秋12号、他計35点。昭和18年 1月17日~23日、近作油絵展覧会。大阪・三越。霞む集仙峯、初夏の青木湖、他計20点。4月18日、春陽会第21回展覧会。粉雪降る丸池、霞む集仙峯、志賀高原笠ヶ嶽。4月、山本鼎春陽会に戻る。足立仲介。10月16日~20日、第6回文部省美術展覧会。委員、審査員、★巌霧湧出品。日時不詳、写生行。上高地穂高、甲斐路。昭和19年 3月24日、蘇州(26日迄)、夜水谷清、井出、大鹿。3月26日、上海へ戻る。4月9日、華翔号にて舟山列島に向う。10日、定海。11日、東嶽廟。12日、定海・中和里。13日、鎮家門。14日、普陀山島短姑街頭。15日、定海に戻る。16日、普陀山。17日、帰途。18日、朝上海。21日宜興。22日、十里長山。28日、蘇州。29日、常熟。5月6日、棲霞寺。7日、蕪湖、巣県。8日、巣県、合肥。10日、爐橋鎮。12日嘉善。4月7日~18日、春陽会第22回展覧会。出品作品無し。7月25日~8月19日、穂高写生行。7月25日、西穂独標。8月2日、前穂高岳。8月5日、西穂高岳。8月16日、西穂山荘。8月19日、ジヤンダルム。9月9日~10月下旬、北支行。9月9日、東京発。10日、下関ホテル泊、バスなし。11日、前7時、興安丸乗船、18時釜山着。12日、8時京城通過、18時鴨緑江。13日、13時05分、奉天通過、15時山海関、24時00分、北京着。勝直義、徳光出迎。14日~10月下旬、北京。15日、生活学校に羽仁氏を尋ぬ。16日、瑠璃廠同古堂にて斎白石に印を依頼。17日、三菱大倉と孔子廟、★和宮、等東北隅を巡る。21日防空演習ある由にて、在室作画。22日、徳光、一氏、王石之に会う。24日、中海公園の新聞学院、楠恭。25日、展覧会目録原稿を一氏へ、楠に会う。25日、飯山より鄭文公下碑拓本を求む。北京空襲。27日、大陸画報打合せ。10月5日~7日、北京飯店6階別室にて個展。12日、斎白石刻印出来。18日、羅城巡り。19日、広梁門。11日、帰国。著書『ヴアン・ゴッホ』アトリエ社。昭和20年 2月、箱根へ疎開。4月15日、空襲にて田園調布のアトリエ焼亡。パリ時代より戦時中に制作した一切の画布、スケッチ類、書籍を失う。春、箱根植物のデッサン。秋、別府、大分、臼杵方面。昭和21年 4月28日、水郷写生行。5月29日~6月6日、春陽会第23回展。作品なく出品せず。7月8日、上高地槍、穂高、写生行約10日。10月下旬から11月上旬、大和、紀伊方面。10月24日、有田、保田。26日~29日、熊野。27日、静。11月4日、中ノ坊(当麻)。日時不詳、第1回国民体育大会ポスター原画(油彩)。昭和22年 2月24日~3月7日、春陽会第24回展。槍ヶ岳二題、(霧、日暈)。3日~5日、北九州行。3月19日、小田原より上京、交通会社専門委員に出席、石川一郎、中村研一他に会う。夜行にて門司に向う。21日、門司着。22日、小倉にて月原俊二。4月5日~6日、和布刈。11日~18日、若松、下関。22日~5日福岡岩田屋にて個展。5月7日~10日、小倉市井筒屋にて個展、九重山4点、関門風景5点、信州山岳風景13点、富士2点、九州岳連、九州タイムズ。5月4日、講演会「近代美術の傾向」主催門司市基督教青年会。5月15日、由布院。7月、上高地、槍、穂高写生行。9月下旬~11月上旬、九州、屋久島方面。9月24日、九重、10月16日~28日、屋久島。11月16日、別府、阿蘇、竹田。日時不詳、梅雨明け頃?野麦峠、境峠、同行者、石井鶴三、茨木猪之吉、中村清太郎、計4名。昭和23年 3月31日~4月13日、春陽会第25会展。北鎌尾根の槍ヶ嶽。5月、唐津、菊地、鉾立峠、臼杵。6月7日、涸沢、穂高方面。10月11日、第3回国民体育大会記念九重登山を兼ね九州行、別府、九重、臼杵、耶馬渓他。日時不詳、八甲田山、十和田湖、志賀高原。昭和24年 3月15日~21日、加治木、霧島、高千穂。4月2日~7日、鹿児島桜島。4月1日~16日、春陽会第26回展覧会。或る朝の槍ヶ岳。7月8日、日本山岳画協会再出発打合せ会。連絡事務所、東京都大田区、日本山岳画協会仮事務所。通知発送先、足立源一郎、石川滋彦、高田誠、石井鶴三、宮坂勝、上田哲農、河越虎之進、中村清太郎、山川勇一郎、加藤水城、中村善策、山下品蔵、春日部たすく、奥田脩太郎、吉田博。7月上旬~8月上旬、横尾、涸沢、奧穂(重太郎小舎中心)。日時不詳、草津、志賀高原、上越、蔵王、乗鞍他。昭和25年 4月10日~26日、春陽会第27回展覧会。前穂高北尾根、北穂高岳南峰、横手山。5月、長崎滞在。夏、槍穂高。9月下旬~11月中旬、雲仙、長崎(附近)別府臼杵、邪馬渓。日時不詳、志賀高原、劔嶽立山、他。著書『山に描く』(再版)古今書院。昭和26年 春陽会第28回展覧会。朝の劔嶽。4月、湯檜曾、谷川岳。5月、谷川岳、天神小屋、12日、田尻尾根。夏奥穂高岳。日時不詳、劔立山、後立山。昭和27年 3月箱根。3月下旬、穴山、韮崎。4月18日~5月4日、春陽会第29回展覧会。劔嶽八ヶ峯、穂高滝谷の断壁(県立近代美術館蔵)、北穂高嶽南峯、5月、秩父、三峠。7日~8日、西穂高岳と奥穂高岳。9月中旬、谷川岳市の倉沢。9月23日~28日、第13回日本山岳画協会展覧会。於三越本店7階。穂高ツリ尾根、北穂高南峯、滝谷第5尾根の頭、春の槍ヶ岳、梓川。10月10日~15日、苅込湖他。12月下旬、土樽方面。日時不詳、谷川岳(数次)日光、尾瀬。昭和28年 1月29日、土樽方面。3月7日、越生梅林。3月22日、苗場小屋。23日、苗場ヒュッテ。24日、武能、マチガ沢の上。4月、春陽会第30回展覧会。北穂高第2尾根、滝谷ドーム北壁。6月、北海道。6日、阿寒湖、愛別岳比布岳(厚生省、国立公園協会所蔵)。7日~8日、前穂高嶽、奥又白。9月10日~15日、松原湖、稲子牧、佐久高原。10月13日~16日、清津峡、飯士山。11月11日~12日、石廊崎。日時不詳、八ヶ岳々麓、蔵王、志賀、上越。昭和29年 4月17日~5月2日、春陽会第31回展覧会。滝谷の岩壁、母子。4月28日、阿蘇。5月2日、傾山。5月28日、菊池水源発帰京。6月7日~11日、金精峠、湯の湖。7月10日~25日奥穂ジャングルム、滝谷。9月末初、日光。10月中旬、北穂滞在。日時不詳、上越、朝日磐梯、他。穂高、70号。歌舞伎座蔵。昭和30年 3月末、深大寺。4月17日~5月3日、春陽会第32回展。穂高稜線にて、5月中~下旬、西黒尾根、奥利根、マチガ沢。6月25日、法師。夏、北穂高岳、奥穂高岳。9月21日、御座石場。24日、鳳凰小屋。25日、北岳。10月野麦峠。日時不詳、上越、鳥海山、八幡平、他。昭和31年 3月、吾妻山、4月30日~5月6日、春陽会第33回展覧会。北穂高岳南峰、朝 雲。5月17日、夜叉神峠。5月23日、折平。7月、稲住温泉、秋の宮温泉、磐梯山。日時不詳、北穂高岳滞在、他多方面。著書『山は屋上より』朋文堂。昭和32年 4月18日~5月4日、春陽会第34回展覧会。穂高岳南峰、30号。6日、スケッチ展。於大阪大丸。7日~8日、涸沢、奥穂高岳、北穂高岳。9月17日~21日、個展。於日動画廊。日時不詳、夏北穂高岳滞在、他多方面。昭和33年 4月上旬、塩尻峠、美しヶ原。4月27日~5月13日、春陽会第35回展覧会。奥穂高岳と涸沢岳、25号。5月~8月、箱根に仮寓。8月、神奈川県鎌倉市に移る。7月~8月、奥穂高岳、北穂高岳。日時不詳、八ヶ岳々麓、他。昭和34年 4月22日~5月8日、春陽会第36回展覧会。奥穂高岳と涸沢岳 25号。7月~8月、北穂高岳、奥穂高岳。9月中旬、丹沢。日時不詳、上越、蔵王、他多方面。昭和35年 3月20日~30日、八ヶ岳山麓。4月22日~5月8日、春陽会第37回展覧会。穂高岳三題、滝谷ドーム、40P。第2尾根、25F、北穂高岳、30F。4月、谷川岳。日時不詳。夏、北穂高岳滞在。八ヶ岳、他多方面。昭和36年 4月17日、羽田発。7月帰国、渡欧。イール・ド・フランス、シヤモニ、ツエルマットを中心として写生。日時不詳、山行多数。昭和37年 4月22日~5月7日、春陽会第39回展覧会。モンブランの針峯群、エギュー・デュ・ドリュ。7月~8月、上高地槍穂高。日時不詳、上信、安中、伊豆。昭和38年 4月、春陽会第40回展覧会。ブラッテンの礼拝堂、シャモニーの針峯群。日時不詳、北アルプス滞在、甲州、上高地、他。昭和39年 4月22日~5月8日、春陽会第41回展覧会。北穂高岳。7月、双六方面、10日間以上雨。10月初旬、裏尾瀬。11月上中旬、新潟山岳会のメンバーと佐渡へ。11月、三浦崎。日時不詳。北穂方面滞在、大磯、丹沢、上越。昭和40年 4月22日~5月8日、春陽会第42回展覧会。上高地初夏、7月~8月、槍ヶ岳北鎌尾根。日時不詳、槍・穂高岳方面滞在、多方面。昭和41年 4月17日~23日、大和紀伊の旅。4月22日~5月8日、春陽会第43回展覧会。槍ヶ岳北鎌尾根にて50F。7月~8月、開田高原、上高地、北穂滝谷を中心に滞在、西穂高岳。11日秩父方面。日時不詳、上信越、その他。神奈川県美術展始る。没年迄招待出品。3月のスキー行にて体力の限界を知り、永年親しんだスキー行中止す。昭和42年 4月1日、秋間梅林。4月22日~5月8日、春陽会第44回展覧会。北穂高岳南峯 50F。5月1日~9日、個展。於日動サロン。日時不詳、槍岳、北穂高岳、上信越方面。昭和43年 3月、第3回神奈川県美術展、実行委員。4月22日~5月8日、春陽会第45回展覧会。春の槍ヶ岳、5月、上高地、槍・穂高方面。日時不詳、甲斐路、その他。昭和44年 4月22日~5月8日、春陽会第46回展覧会。牡丹15F、穂高新秋。6月、甲州アヤメ平。7月、甲州、悪沢を見る。8月末、鹿島平。9月、アヤメ平。日時不詳、乗鞍岳、上高地、他。昭和45年 3月初、甲州穴山。4月22日~5月8日、春陽会第47回展覧会。初夏の鹿島槍。5月、上高地ウエストン祭の後鹿島に泊る。6月。高山より、開田高原、野麦峠。10月16日、千石尾根(西穂高)。7日、乗鞍岳一ノ瀬。12月5日頃、「霧の旅」にて可睡斎。日時不詳、上高地、穂高、上信越、他。昭和46年 4月22日~5月8日、春陽会第48回展覧会。初夏の穂高岳。5月、ウエストン祭の日に長屏に登り雪中より穂高連峯に別れを告げる。最後の自力による登山となる。乗鞍へ廻る。日時不詳、甲斐路、佐久往還、他。著書『日本の山旅』茗溪堂(奥付は1970なるも刊行は翌年となる)。昭和47年 3月、白内障手術の為日大板橋病院に入院、視力は「見えすぎる」程に恢復。4月22日~5月8日、春陽会第49回展覧会。劔岳新雪 20F8月、視力極めて良好なるも食事が進まず外来検査、即日入院し、月末に手術、胃を殆んど除去。9月、退院帰宅、極めて好調、11月末より不調を訴え、12月、額田病院に入院、点滴にて越年す。昭和48年 1月、調子良き日を見計いアトリエへ通って春陽会への出品作品を描く。29日、退院、自宅へ戻る。2月下旬、出品作を完成。3月31日永眠。痛みを訴えたが死の直前迄意識明瞭であった。4月5日、春陽会葬、於鎌倉七里ヶ浜ホテル。4月22日~5月8日、春陽会第50回展覧会。春の穂高岳徳本峠より。昭和49年 4月22日~5月8日、春陽会第51回展覧会。遺作室設けられ、チューリップ、10号1923、上海の娘、5号1943、ホテルモンブランの窓、5号1961、マッターホルン、25号1962、牡丹、10号1968と著書など陳列、石井鶴三遺作等併陳。(本年譜は足立朗、『神奈川県美術風土記・幕末明治拾遺篇』より転載)

木下孝則

没年月日:1973/03/29

 木下孝則は、明治27年2月24日東京市四谷区に生まる。父友三郎は、和歌山県の出身で司法畑から後に明治大学総長となった人で、母は児島氏の三女。孝則は7人兄弟の長男で、三男は、やはり洋画家となった木下義謙である。孝則の洋画志望には、母方の叔父児島喜久雄(西洋美術史家)の影響によるところが大きかったといわれる。明治39年、学習院初等科卒業、次で中等科、高等科に進み、大正6年京大法科大学政治経済学科に入学、翌年東京帝国大学文科大学哲学科に再入学したが、大正8年東大も退学。この頃、小島善太郎、林倭衛、佐伯祐三その他との交友から、油絵を描き初め、大正10年第8回二科会展に「富永君の肖像」が初入選となった。続いて大正12年、13年に樗牛賞、二科会賞を受けたが、15年、1930年協会を設立。昭和2年には春陽会に会員として招かれ、しばらくは1930年協会展並びに春陽会展にも出品していた。昭和5年、春陽会を退会、フランス留学ののち、昭和11年一水会の創立に加わり、以後、毎年一水会展、戦後は更に日展にも出品し、双方の展覧会を主な作品発表の場としていた。一貫して婦人像を描きつづけ、穏健な写実派の作家として知られていた。戦後、一連のバレリーナの作品によって注目されたが、その他の婦人像も、すべて、都会の洗練された若い女性をモデルとして、明快単純な色調、優れた描写力が独自の作風を創り出していた。作品は殆ど女性像でそれもコスチュームが多かった。 略年譜(木下孝則回顧辰(和歌山県立美術館)目録より)明治27年 2月24日、東京四ツ谷区に、木下友三郎、鈴の長男として生れる。明治33年 学習院初等科入学大正6年 学習院高等科卒業、7月、京都帝国大学法科大学政治経済学科入学大正7年 4月、東京帝国大学文科大学哲学科に京大在籍のまま、再入学、11月京大中退大正8年 東大を退学、小島善太郎、林倭衛、佐伯祐三、前田寛治、里見勝蒋、中山巍らと交友。大正10年 第8回二科展に「富永君の肖像」入選。9月渡仏大正12年 イタリアに数カ月滞在ののち、秋帰国、小島善太郎、児島善三郎らと円鳥会々員となる。大正13年 第11回二科会展に「針仕事をする女」「ゼレニフスカ夫人」「イヴォンヌ」など7点を出品、樗牛賞をうける。大正14年 第12回二科会展に「後向きの裸婦の習作」「読書する了子」「志津枝」等出品、二科会賞をうける。大正15年 第1回聖徳太子奉讃展に「K男爵夫人」出品、前田寛治、佐伯祐三らと1930年協会を設立昭和2年 3月、春陽会々員に推挙され、同展に「女流画家」「女優の像」等出品。1930年協会展に「少女像」を出品昭和3年 1930年協会展、春陽会展に出品後、5月、岡松参太郎の次女了子と結婚、妻と共に渡仏。昭和5年 春陽会を退会。昭和8年 サロン・ドートンヌに「ピンクのガウンをかけた女」を出品、帰国迄の間に「読書」「裸婦ナックレ」「赤衣の女」等を同展に出品する。昭和10年 帰国。昭和11年 9月、二科会々員に推される。第23回二科会展に滞欧作19点を特別陳列したが、10月小山敬三、硲伊之助、実弟木下義謙と共に二科会々員を辞退する。12月、一水会の創立に参加。昭和12年 6月、木下孝則洋画個人展を、大阪長堀高島屋で開き60点出品。9月、銀座日動画廊で帰朝展を開き60点を出品。11月、第1回一水会展に「O氏像」「K氏像」「ヴォーグ」出品。以後、毎年一水会展に1~2点を出品する。昭和24年 第11回一水会展に「一兵卒像」また、第5回日展に審査員として「肖像」出品。昭和25年 第12回一水会展に「N君像」、第6回日展に審査員として「バレリーナ」出品。この年からバレリーナをモデルとした作品を描きつづける。一水会、日展に毎年出品。昭和30年 神奈川県立近代美術館で木下孝則自薦展を開き、34点を出品。第17回一水会展「読書婦人」「婦人像」。11月第11回日展に参事、審査員として「室内婦人」を出品。昭和31年6月 木下孝則個展(上野松坂屋)9月 第18回一水会展に「M君像」「バレーダンサー」「室内婦人」を出品。10月、第12回日展に参事、審査員として「読書」を出品。同年「諏訪奨氏像」「油壺」等を制作。昭和32年5月 第4回日本国際美術展に「ピアノによるアイリーン」を出品。7月 現代美術10年の傑作展(渋谷東横)に「M君像」を出品。昭和32年9月 第19回一水会展に「ピアノによるアイリーン」を出品。昭和33年5月 第3回現代日本美術展(毎日新聞社主催)に「室内」を出品。9月 第20回一水会展に「バレーダンサー」「少女スラックス」「食卓」「T氏像」「T氏の花嫁」を出品。この時、委員回顧室に「M君像」を出品。昭和33年11月 第1回日展に評議員、審査員として「室内少女」を出品。昭和34年5月 第5回日本国際美術展に「婦人像」を出品。6月 第2回一水会会員展に(於新宿伊勢丹)「読書」を賛助出品。昭和34年9月 第21回一水会展に「ホームバー」「婦人像」「読書」を出品。11月 第2回日展に評議員として「婦人像」を出品。昭和35年5月 第4回現代日本美術展に「Y夫人像」を出品。6月 第3回一水会会員展に「裸婦」を賛助出品。9月 第22回一水会展に「裸婦習作」「食後」「パール夫人像」「梁瀬次郎氏像」を出品。11月 第3回日展に評議員として「食後」を出品。昭和36年5月 第6回日本国際美術展に「婦人像」を出品。9月 第23回一水会展に「バレーダンサー三人」「森夫人」を出品。昭和36年11月 第4回日展12「化粧」を出品。昭和37年4月 「週刊朝日」の表紙絵を翌年3月まで担当、バレエダンサー等の油彩画を掲載、各号巻末に自ら寸評を記す。昭和37年5月 第1回一水会委員展(於三越)に「靴下をはく女」を出品。同月、第11回五都展(五都美術連合会主催)に「花」を出品。雑誌<アトリエ>No.424「着衣・裸婦・自画像の描き方」を著す。(大久保泰氏と共著)同月、第5回現代日本美術展に「バレーダンサー」を出品。6月 第5回一水会会員展に「牡丹」を賛助出品。9月 第24回一水会展に「裸婦」「バレー靴をはく」「婦人像」「マガジンを見る女」を出品。10月 個展開催(大阪高島屋)。同月、作品展(横浜市関内ギャラリー)開催。昭和37年11月 第5回日展に「裸婦」を出品。昭和38年5月 第2回一水会委員展に「婦人像」を出品。同月、第12回五都展に「バレリーナ」を出品。昭和38年9月 第25回一水会展に「立てる裸婦」「黒衣のバレーダンサー」出品。11月 第6回日展に「婦人像」を出品。昭和39年1月 雑誌<全線>1月号の表紙を担当。5月 第3回一水会委員展に「Giselle」を出品。6月 第7回一水会会員展に「バレーダンサー」を賛助出品。同月、個展開催(大阪高島屋)。7月 第1回太陽展(日動画廊)に「バレリーナ」を出品。同月、第18回文化人肖像写真展(於三越)に今井イサオ撮影の木下画伯肖像が展示される。同月、第2回丹砂会展(伊勢丹画廊)に「バレーダンサー」を出品。この頃、洋研展に「薔薇」を出品。9月 第26回一水会展に「ピアノによるバレーダンサー」(同名作品2点)「ヴアイオリンをひく女」を出品。10月個展開催(日動サロン)。11月 第7回日展に「ピアノの前の踊子」を出品。昭和40年3月 横浜市に新戸籍作製。5月第4回一水会委員展に「ピアノの前」を出品。同月、個展開催(大阪高島屋)。昭和40年6月 第8回一水会会員展に「ピアノの前」を賛助出品。7月 第2回太陽展に「バレーダンサー」を出品。9月 第27回一水会展に「智恵子像」「アイリン」「空色の女」を出品。11月 第8回日展に「黒衣婦人」を出品。この年、画壇選抜100人展に「踊り子」を出品。昭和41年5月 第5回一水会委員展に「水色の女」を出品。同月、第15回五都展に「バレリーナ」を出品。雑誌<絵>No.27に随想「自作を語る」を寄稿、表紙に「ばら」を掲載。6月 第9回一水会会員展に「ピアノの前のカンカン」を賛助出品。昭和41年9月 第28回一水会展に「かよ子像」「ルシルフィード」「マラゲニヤ」「るり子像」「手鏡」を出品。同月、現代日本大家油絵展(小田急)に「バラ」を出品。第4回丹砂会に「カンカンダンサー」を出品。11月 第9回日展に「八重子像」を出品。昭和41年12月 月刊新聞<花のある暮らし>に随想「パリの思い出」を寄稿、カットに「花飾りをつけた女」(デッサン)を掲載。昭和42年5月 第6回一水会委員展に「読書」を出品。6月 第10回一水会会員展に「読書」を出品。7月 第4回太陽展に「バラ」を出品。昭和42年9月 第29回一水会展に「水色のベビードール」「コルドバの女」を出品。11月 第10回日展に「ベビードール」を出品。昭和43年3月 個展開催(日動サロン)。5月 木下孝則展(名古屋日動画廊)を開き、滞欧作2点を含めた40点を出品。昭和43年6月 <京浜新潮>に「随想交通問題等々」を寄稿。9月 第30回記念一水会展に「K子像」「ブルーネグリジェ」「ピンクネグリジェ」を出品。11月 第11回日展に「ブルーネグリジェ」を出品。昭和44年5月 第18回五都展に「三人のバレーダンサー」を出品。7月 第6回太陽展に「カーネーション」を出品。昭和44年9月 第7回丹砂会展に「白いバレーダンサー」、第31回一水会展に「後向きの裸婦」「ディバンの裸婦」「上田博士像」を出品。昭和44年11月 改組第1回日展に「水色のバレーダンサー」を出品。昭和45年5月 第9回一水会委員展に「バレーダンサー」、第19回五都展に「ばら」を出品。6月 女性の美・裸婦名作展(大阪読売新聞社主催、広島県市教育委員会後援、会場広島福屋)に「裸婦ナックル」を出品。9月 第32回一水会展に「裸婦とネグリジェ」「晴子プロフィール」「バレーダンサー」を出品。10月 第8回丹砂会展に「ピンクのネグリジェ」を出品。昭和45年 11月 第2回日展に「バレーダンサー」を出品。昭和46年5月 第10回一水会委員展に「バレーダンサー」、第20回五都展に「ピアノの前」を出品。同月、集英社刊<現代世界美術全集6・ドガ>の別冊付録「ドガの裸婦の絵に惹かれて」を執筆。9月 第33回一水会展に「ピアノに倚るバレーダンサー」「婦人像」「佐々木夫人像」を出品。11月 第3回日展に「バレーダンサー」を出品。昭和47年5月 第11回一水会委員展に「バレーダンサー」、第21回五都展に「ピアノの前」を出品。7月 第9回太陽展に「バラ」を出品。昭和47年9月 第34回一水会展に「ばら」「H夫人像」「北本先生像」を出品。昭和48年3月29日 心不全のため鶴見の自宅で死去。法名、彩照院絶法孝道居士。東京都雑司ヶ谷霊園に埋葬される。昭和48年9月 第35回一水会展に遺作コーナーが設けられ、「N嬢像」「後向きの裸婦」「バレーダンサー」等が展示される。昭和48年11月 勲四等旭日小綬章叙勲(3月29日付)。

to page top