本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,850 件)





石井柏亭

没年月日:1958/12/29

 日本芸術院会員石井柏亭は12月29日尿毒症のため東京女子医大病院において逝去した。享年76才。本名満吉。明治15年3月28日東京下谷区に生れた。若くして父鼎湖に日本画を学び、日本青年絵画共進会、日本美術協会に日本画を出品した。大蔵省印刷局に入つて彫版、水彩画を学んだが、明治31年浅井忠の門に入り洋画を正式に学んだ。この頃から明治美術会に出品した。浅井の渡欧後は中村不折の指導を受けた。また新日本画に興味を持ち、結城素明、平福百穂等の无声会に加わつて日本画を発表し、さらに明治35年からは太平洋画会に洋画を出品して会員となつた。一時東京美術学校に入学したが、眼疾のため1ケ年で退学した。明治40年以降文展に出品し、大正2年第7回文展「滞船」は2等賞となつた。この間、明治43年から大正元年にわたりヨーロッパ、エジプト等を巡歴した。同2年丸山晩霞、南薫造等と日本水彩画会を結成した。この年文展に第2科を置くことを建議したが容れられず、遂に翌3年山下新太郎、有島生馬等と二科会を創立し、多くの作品をこれに発表すると共に、その運営の中心となつて活躍した。その頃の主な作品に「鰤網の支度」(第3回)「道潅山」(第4回)「溶々水」(第7回)「江の島」(第13回)「果樹園の午後」(第15回)等がある。大正11年ヨーロッパに再遊し、翌年帰国した。昭和10年帝国美術院の改組にあたつて会員に選ばれて二科会と決別し、同11年同志と一水会を結成し、専らこれに出品した。戦後日展の常務理事として運営につくすと同時にこれに出品した。また同25年以来文化財専門審議会専門委員(名勝部会)となり、同29年にはその水彩画を携行して米欧を行脚した。その作品は、油絵、水彩画、日本画など数多いが、いずれも淡々とした色調と軽快な筆致に日本的な独自の画風を示している。文筆にも長け、評伝、画論等に筆を振つた。主な著書に「欧洲美術遍路」「マネ」「浅井忠」「明暗」「日本絵画三代志」などがある。わが国の近代美術の発展につくした功績は大きい。その葬儀は34年1月8日青山葬儀所で一水会葬をもつて行われた。略年譜明治15年 3月28日東京に石井重賢(鼎湖)の長男として生れた明治25年 父の指導により日本画を学ぶ。日本美術協会「八郎弓勢の図」、日本青年絵画共進会「観雁知伏図」明治26年 日本青年絵画共進会「勿来関図」日本美術協会「曾我復讐図」明治27年 神田の共立中学校に入学。日本青年絵画共進会「鐘馗の図」、日本美術協会「長年尽忠図」明治28年 中学を中退し、大蔵省印刷局の彫版見習生となる。日本美術協会「謙信送塩図」、日本青年絵画共進会「雪中斥侯図」明治29年 印刷局同僚の水彩画を見て独習する明治30年 父を失う明治31年 浅井忠に入門。明治美術会10周年展に水彩画出品明治32年 将来画家として立つことを決心した。はじめて油絵を試みた。明治美術会「墨堤秋雨」(水彩)「菊花秋」(同)明治33年 新日本画に熱中する。浅井渡欧のため中村不折の指導を受ける。日本画会「躑躅」(和画)明治34年 下根岸に移る明治35年 第2「明星」新年号以来挿絵の寄稿家となる。无声会会員となる。第1回太平洋画会展「少女」(水彩)「意富比宮」(〃)「塩浜」(〃)、无声会展「千住川」(和画)明治36年 谷中に移る。第2回太平洋画会展「南部城趾」「北上川」、无声会展「不忍池畔」(水彩)明治37年 春印刷局を辞し、中央新聞杜に入社、挿絵を担当。東京美術学校洋画科選科に入り、黒田清輝・藤島武二の指導を受く。第3回太平洋画会展「草上の小憩」明治38年 慢性トラホーム悪化のため新聞杜及び美術学校を退き、大阪に赴き療養す。第4回太平洋画会展「なげき」「病児」(水彩)「廃屋」(〃)「恢復期」(〃)明治39年 眼疾快方に向い多少の画作をなす。京都の浅井を屡々カ訪ねた。第5回太平洋画会展「蔦模様」明治40年 東京に帰る。雑誌「方寸」を創刊。内外印刷会杜に入杜、図案を担当す。千駄に移る。東京博覧会「廃園」、第1回文展「姉妹」「千曲川」(水彩)明治41年 内外印刷会社解散、秋創刊の週刊誌「サンデー」に入杜、挿絵を執筆。第6回太平洋画会「嫩草山」「舞姫」(水彩)、第2回文展「火の跡」明治42年 第7回太平洋画会展「冬の朝」「煎餅屋」、第3回文展「紀の海」「熊野河口」(水彩)褒状明治43年 新錦絵「東京十二景」をはじむ。12月仏船ポリネシアン号で渡欧の途に上る。第8回太平洋画会展「御殿場の富士」明治44年 エジプト、イタリアを経てパリに滞在。冬渡英。「旧カイロ」「巴里の宿にて」等水彩画の制作多数。第5回文展「羅馬遺跡」(テムペラ)「サン・ミシェル橋畔」(素描淡彩)褒状明治45年 スペイン、北イタリア、ドイツ等を旅行。夏渡英。ベルリン、モスクワを経てシベリア線にて秋帰国。第6回文展「独乙の女」(水彩)「和蘭の子供」(テムペラ)褒状大正2年 4月旡声会展の中に西遊記念の個展を開く。国民美術協会を結成。丸山晩霞等と日本水彩画会を創立。大阪で佐々木加代と結婚。第7回文展「N氏と其一家」「並蔵」(素描淡彩)「滞船」(テムペラ)2等賞、国民美術展「山陰水郷」パナマ・パシフィツク博覧会「美保関」銅牌大正3年 大正博覧会審査員となる。文展二科設置運動に加担したが建議不調のため同志と二科会を創立。第1回二科展「麦秋」「早春」(素描淡彩)大正4年 秋「中央美術」創刊、その編輯に関与。国民美術展「堀」第2回二科展「牧柵に凭るめのこ」「鰊倉」「洞爺湖」(テムペラ)等大正5年 第3回二科展「鰤網の支度」「金沢の犀川」大正6年 道潅山の新居に移る。第14回太平洋画会展「徳島の女」「阿波吉野川」、第4回二科展「道潅山」「鹿島野」大正7年 朝鮮、満州に旅行。第5回二科展に「紅蓮」「厨」等大正8年 春から初夏にわたり中国に旅行。第6回二科展「阿四」(水彩)「某女工像」等大正9年 朝鮮に再遊。第7回二科展「東大門外」「農園の一隅」「溶々水」「団扇をもてる女」大正10年 西村伊作等と文化学院を創立。第8回二科展「靹の津」「内海の或午後」大正11年 東大工学部講師となり建築学科の自在画を指導。平和博覧会審査員となる。12月シベリア丸で米国経由渡欧の途につく。第9回二科展「小木港俯瞰」等。平和博覧会「外套を被たる婦人」大正12年 1月ニューヨーク着。次いでフランスに渡る。春イタリア、初夏ベルギー、夏イギリス、ノルエー、ドイツに旅行。第10回二科展「ナポリ港」「ソレント」。サロン・ドートンヌ「F夫人像」大正13年 1月帰国。第11回二科展「アスシジ」「サン・ミシェル橋」「姉妹」「避暑地にて」等特別陳列大正14年 文化学院に美術部を創設、部長となる。第12回二科展「湖畔の夕」「十和田湖畔」等大正15年 第13回二科展「麻雀」「最明寺遺跡」等、聖徳太子奉賛展「波斯壷の花」(水彩)、第14回日本水彩画会展「燈下二少女」(水彩)昭和2年 第14回二科展「牡丹」「水車場」等、燕巣会展「川沿ひの家」昭和3年 フランス政府からシュヴァリエ・ド・ラ・レジォン・ドンノール勲章を受く。第15回二科展「果樹園の午後」「曇れる日」昭和4年 春青樹社に個展。第16回二科展「洞」「暑き日」。聖徳記念絵画館「昭憲皇太后広島予傭病院行啓図」昭和5年 朝鮮展鑑審査のため渡鮮。第17回二科展「画室」「木浦俯瞰」等、聖徳太子奉賛展「江村遅日」昭和6年 第18回二科展「緑衣」「古器」昭和7年 生誕50年記念展を都美術館に開く。第19回二科展「中禅寺の冬」「伊香保眺望」等昭和8年 第20回二科展「佐野瀑園」「天草の或部落」「二科二十人像」(素描淡彩)昭和9年 1月母を失う。第21回二科展「咢堂先生像」「松浦川朝霧図」昭和10年 大阪で回顧的個展を開く。二科会の作品を展観するため藤田嗣治等と渡満、帝国美術院会員となり二科会と訣別す昭和11年 一水会を結成。青樹社に個展昭和12年 帝国芸術院会員となる。第1回一水会展「葛飾」「村娘」「御岳」「秋晴」昭和13年 夏陸軍の嘱を受け北支蒙彊に、秋海軍の嘱によつて上海に赴く。日本水彩画会展・米国博覧会「晩春行楽図」(水彩)、第2回一水会展「蒙彊平穏」「康安門」等昭和14年 秋ソ満国境、朝鮮に赴く。聖戦美術展「双脚懐江南」、第3回一水会展「豆満江」「石神井池」(水彩)等昭和15年 秋日満文化協会の嘱によつて渡満、各地で講演。紀元2600年奉祝展「農村初秋」第4回一水会展「武蔵野」「吉林」「松花江」昭和16年 同志と邦画一如会創始。満州国展のため渡満。第5回一水会展「如意湖」「遼西古都」、文展「朝陽城外」昭和17年 春双台社主催還暦記念展。文展「五十嵐博士像」、第6回一水会展「野尻湖」「琵琶島」「或尼僧」、満洲国献納「手賀沼」昭和18年 陸軍の嘱を受けてソ満国境に赴き、帰途北京に立よる。文展「十和田湖」、第7回一水会「什殺海」「園中対像」昭和19年 戦時特別美術展「最上川」昭和20年 東京住宅罹災、信州浅間温泉東山別館に疎開。第1回日展「山河在」、信州美術展「山辺の秋」(水彩)昭和21年 第8回一水会展「槍ケ岳」「燕岳」「山荘の朝」、第2回日展「秋の朝」昭和22年 信州美術会々長となる。第9回一水会「飯土山」「女鳥羽川」昭和23年 第4回日展「堰」第10回一水会「清澄」「暮雲」昭和24年 国立公園中央審議会委員となる。第11回一水会展「麦秋」、第5回日展「画家小集」昭和25年 信州大学教育学部講師、文化財専門審議会専門委員となる。第6回日展「静穏」、第12回一水会展「芙蓉湖」昭和26年 日展洋画主査となる。第7回日展「湖畔浴泉」、第13回一水会展「湯沢残雪」「山花秋宵」昭和27年 東京、長野、松本で古稀記念展。新潟大学教育学部講師となる。第8回日展「湖畔の宿」、第14回一水会展「山湖曇日」「自像」「妙高秋晴」昭和28年 三越で水彩水墨画個展。第9回日展「秋のおとずれ」、第15回一水会展「小西湖晩春」昭和29年 5月工芸倶楽部で米国携行の水彩画内示展。9月夫人同伴米欧旅行へ出発、米国各地に個展。第10回日展「千代田城」昭和30年 3月欧州に渡りイタリア、パリ等で写景、6月末帰国。東京及び松本で滞欧米作品個展開催。第17回一水会展「カリフォルニアの秋」、第11回日展「松本城」昭和31年 ブリヂストン美術館で回顧陳列。十二指腸潰瘍のため金沢大学附属病院に入院手術、第18回一水会展「大山崎晩春」「裸身」昭和32年 第13回日展「佳人」、第19回一水会展「江の島A」「江の島B」、日米交換版画展「室内」(石版)「早春(リッチモンド)」(〃)昭和33年 改組第1回日展「パイプの男」、「山湖雨後」(和画)第20回一水会展「水かがみ」。3月腎臓を病み一時東京女子医大附属病院に入院、7月退院。この間3月28日上野精養軒で喜寿祝宴、12月11日風邪のため前記病院に入院。同月29日尿毒症のため逝去昭和34年 1月8日青山葬儀所に於て一水会葬

飯塚琅玕斎

没年月日:1958/12/17

 日本工芸会理事、元日展参事、竹工芸界の重鎮飯塚琅玕斎は、12月17日急性心筋硬塞症のため、東京都文京区の自宅で逝去した。享年68才。本名弥之助。明治23年3月15日栃木市に生れた。家は代々竹芸を業とし琅玕斎も12才の時竹工を志し、父飯塚鳳翁に竹芸を学んだ。13才の折上京、書道、生花にも励んだ。制作活動は明治末から没年までにわたり、作品は各博覧会に、また帝展に工芸部設置後は帝展を主とし、続いて昭和期の文展に出品した。帝展で特選2回をうけ、文展では審査員、あるいは招待出品者として作品を送つている。昭和20年第1回日展からは出品委嘱者として、28年からは参事として出品をつづけていた。作品は一貫して格調の正しい、伝統的な竹芸の正調を保持していたところに特徴があつた。いわば伝統派の第一人者で、そのすぐれた技術は、我国の竹工芸の発展に多くの影響を及ぼしている。なお昭和33年新日展の発足とともに日展をはなれ、日本工芸会理事となつていた。 主な作品に、「竹製筥」(昭和7年帝展)、「竹風炉先屏風」(昭和9年帝展)、「竹炭斗」(昭和17年文展)、「魚の舞・花籃」(昭和22年献上品)、「花籃・銘鳥光」(昭和28年)、「花籃・銘黄絨」(昭和30年日展)等。作品略年譜大正4年 大正天皇御即位式に際し、神服入目籃謹製大正11年 平和博覧会に「厨子花籃」出品、銀賞日本美術協会審査員となり同会解散まで在任大正15年 パリ万国装飾美術工芸博覧会に「手筥」銅賞昭和3年 御大礼に際し皇太后陛下に「掛花籃」謹製昭和6年 第12回帝展「竹手筥」。この年から昭和18年まで東京府立工芸展覧会審査員となる昭和7年 第13回帝展「竹手筥」特選昭和8年 シカゴ万国博覧会に「花籃」出品昭和9年 第15回帝展「竹風炉先屏風」特選昭和11年 文展(招待展)「花籃」昭和12年 第1回文展「釣花籃」、以後文展に招待出品をつづける作品は殆ど花籃。パリ万国博覧会にも花籃を出品する。昭和14年 第3回文展「花籃」、審査員として出品昭和16年 第4回文展「竹炭斗」招待出品昭和22年 天皇陛下栃木市御巡幸に際し「魚の舞花籃」謹製昭和24年 第5回日展「花籃・七宝あみ」依嘱出品昭和28年 「花籃・銘鳥光」(岡田茂吉蔵)昭和30年 第11回日展「花籃・銘黄絨」日展参事として出品昭和32年 第13回日展「花籃魚籃」昭和33年 日本工芸会に転属、理事となり同展に「花籃」出品12月17日没

梶原貫五

没年月日:1958/12/14

 光風会々員梶原実五は心筋硬塞に脳軟化症を併発、12月14日渋谷区の自宅で逝去した。享年71才。明治20年3月6日福岡に生れ、明治43年頃上京。大正5年東京美術学校を卒業、黒田清輝、藤島武二の指導をうけた。大正3年の大正博覧会に「化粧の後」を出品、受賞したほか同年の光風会第3回展に「女」を出品した。同6年には光風会第5回展に「裸体」で今村奨励賞を受賞、昭和3年光風会々友、同6年第18回展で会員に推された。他方、官展には大正5年第10回文展に「縁陰」「窓際」が初入選となり、6年第11回文展「想韻」、また、帝展は第4回展「九月の日」を出品以来毎年出品をつづげ、第17回展から招待、無鑑査出品の待遇をうけた。主な作品は上記の外に第5回帝展「芽立ち頃」、第7回展「赤い日傘」などがあり、また幣原喜重郎、近衛文麿ほか貴族院議員など有名人の肖像画の制作が多い。

木村荘八

没年月日:1958/11/18

 春陽会々員大村荘八は脳腫瘍及び肺臓癌のため11月8日東大病院で逝去した。65才。明治26年8月21日東京日本橋区に生れた。明治43年京華中学を卒業、文学演劇に関心をもつ多感な少年であつた。45年葵橋の洋画研究所に入り岸田劉生と交友、同年フューザン会を結成して当時としては革新的な、フォーヴ風な作品を発表した。翌年フューザン会は解散し生活社を起したが、大正4年更に岸田劉生等と草土社を創立した。草土社時代は劉生の影響をつよくうけ、精神主義的な傾向のつよい写実描写に入つていつた。この時代、二科会、院展洋画部にも出品して、大正7年には院展で樗牛賞を受けている。大正11年草土社は解散、同年発足した春陽会に招かれて、客員として参加し、以来春陽会々員として、小杉放庵、中川一政らと同会の中心となつて会の発展につくした。「パンの会」「歌妓支度」「牛肉店帳場」「新宿駅」「髪を結う女」など代表的な作品が春陽会前期に描かれている。芝居、東京風俗などを扱つた作品が多く、独自の画風をみせている。戦後は浅草風俗「一の酉」などのほか、「窓外風景」「南橡風景」など、自宅周辺の風景を題材として一層観照を深めていつた。油絵のほか、挿絵、舞台装置、随筆と多才な面をみせているが、ことに挿絵では「にごりえ」「たけくらべ絵巻」「墨東綺譚」「霧笛」などのすぐれた作品をのこしている。西欧的な教養をもち、東京下町の人情風俗に限りない愛着をよせていた東京人であつた。著書に「風俗帳」「続現代風俗帳」「現代挿絵考」「東京今昔帳」などの随筆集があり、「東京繁昌記」は芸術院恩賜賞をうけた。略年譜明治26年 8月21日東京市日本橋区に生れた。父荘平は「第八いろは牛肉店」経営、荘八は八男。兄弟に大村荘太、荘十、荘十二など明治43年 京華中学卒業、この後暁星中学仏語講座に席をおき仏語を学ぶ明治45年 葵橋洋画研究所に入り、岸田劉生と交友10月、フューザン会を結成する大正2年 フューザン会解散、この頃から美術書の翻訳、新美術の紹介など盛んに行う。「ボティチェリ」「エル・グレコ」などの訳書出版大正3年 南品川宿、及び大崎に居住。岸田劉生、高村光太郎等と「生活社」をつくり展覧会をひらく大正4年 田中屋、三笠で個展10月現代の美術社主催洋画展に参加し、「桐谷展望」他11点出品。ほぼこのときのメンバーで草土社を結成する(この展覧会を草土社第1回展と勘定する)また美術雑誌「現代の洋画」の編集を担当する。「フアン・ゴッホの手紙」「未来派及立体派の芸術」など翻訳出版大正5年 本郷に転居草土社第2回展に「築地グラムマア・スクール附近」等47点出品。草土社第3回展に46点出品大正7年 第5回二科会展「土と草」(夏)(秋)出品第5回日本美術院展洋画部に「二本潅木」他3点出品、樗牛賞をうける。以後院展には毎回出品なお草土社には解散迄毎回10点以上出品する大正8年 第6回日本美術院展洋画部に「朝の雲」「夕焼」等9点出品少年美術史「二一ル河の草」出版大正9年 中国に旅行。第7回院展に「老虎灘の支那家屋」他4点の中国風景を出品。(この年で美術院洋画部は消滅)大正11年 1月春陽会結成に招かれ客員となる。11月草土社は第9回展を開いて解散大正12年 春陽会第1回展に「大学構内」「郊外風景」大正13年 春陽会第2回展「演劇図」外7点出品。春陽会々員となる「富士に立つ影」の新聞挿絵執筆、東京市復興局参与となる大正15年 春陽会第4回展「たけくらべ絵巻」「お七」「桜丸切腹」出品聖徳太子奉讃展「たけくらべ絵巻第2巻」昭和2年 春陽会第5回展「たけくらべ絵巻第3巻」「風景習作」、挿絵画稿類を出品著書「広重」昭和3年 春陽会第5回展「パンの会」昭和4年 春陽会第7回展「室内婦女」昭和5年 春陽会第8回展「歌妓支度」昭和6年 杉並区に転居春陽会第9回展「牛肉店帳場」(未完)、「夜楽」、挿絵原稿「ラグーザ玉」「祖国は何処へ」他昭和7年 春陽会第10回展「牛肉店帳場」昭和8年 春陽会第11回展「東京風景に因む挿絵」38点昭和9年 春陽会第12回展「わたしのラバさん一駒」「小説霧笛の場面」8点その他挿絵2点昭和10年 春陽会第13回展「新宿駅(東京風景第5)稿」、「同習作」昭和11年 春陽会第14回展「新宿駅(東京風景第5)」「浅草寺春(東京風景6)」のほか「女人横躰」など9点昭和12年 春陽会第15回展「盛綱陣屋」「浅草元旦」「夜の宿」など5点。東京朝日新聞に4月から6月迄連載の永井荷風「墨東綺譚」に挿絵をかく昭和13年 杉並区に新築成る春陽会第16回展「暫」「夜の宿」「墨東綺譚小説挿絵」など。この前後から芝居の舞台を題材とした作品多くなる昭和18年 春陽会第21回展「銀座なにわ橋」著書「随筆風俗帳」昭和22年 春陽会第24回展「庭木」「春雪」「日没」大仏次郎の小説「霧笛」の挿絵昭和26年 春陽会第28回展「窓外晴」など5点、他小説挿絵出品昭和27年 春陽会第29回展「窓外風景」など6点著書「現代風俗帳」昭和28年 春陽会第30回展「樹の中の家」「三の酉」の外、「花の生涯挿絵」著書「続現代風俗帳」「東京今昔帳」昭和29年 春陽会第31回展「窓外風景」など3点の外「雨月物語、白峰」など著書「銀座界隈」「花の生涯画譜」昭和30年 春陽会第32回展「窓外晴」など3点昭和31年 春陽会第33回展「窓外晴」「窓外日没」「酉の市」昭和32年 春陽会第34展「どん底」など3点昭和33年 春陽会第35回展「窓外風景」「和田本町日没」など。他に日本画「たけくらべ」など5点10月22日発病、11月18日東大病院にて逝去。病名転移性脳腫瘍及び肺臓癌11月遺著「東京繁昌記」出版昭和34年 2月「東京繁昌記」の文と絵に対し芸術院恩賜賞が贈られた2月日本橋白木屋において木村荘八遣作展開催、洋画、日本画、挿画100余点陳列

赤松雲嶺

没年月日:1958/10/16

 日展出品依嘱作家赤松雲嶺は10月16日敗血症で逝去した。享年62才。自宅は大阪市東住吉区。明治25年12月12日大阪市に生れた。本名好亮。明治32年大阪の南画家小山雲泉のもとに入門し、雲泉没後、45年さらに姫島竹外(昭和3没)につき南画を学んだ。大正4年第9回文展に「渓山清趣」(2曲1双)が初入選となり、そのご帝展の第5・8・9回をのぞき毎年官展に出品し、昭和5年第11回帝展から無鑑査待遇となつた。日本南画院同人で、また画塾墨雲社を主宰していた。戦後は、日展の出品依嘱者として昭和25年第6回日展に「香落湊」を出品している。主要作品に南画院出品の「惜春」(2曲1双)、帝展出品の「金風万籟」「木曾川」などがあり、他に大阪府から東久迩宮へ献上の「金剛山の図」、秩父宮へ献上の「高槻名所の図」、天皇神戸行幸の折、衝立に揮毫の「玉堂富貴の図」などがある。

大淵武夫

没年月日:1958/10/13

 国画会々員大淵武夫は、10月13日脳溢血のため武蔵野市の自宅で逝去した。享年53才。大淵武夫は明治38年2月11日姫路市に生れた。昭和4年東京美術学校の彫刻科選科塑造部を卒業したが、在学中から洋画に専念して大正15年第5回国画創作協会展に(この年洋画部新設、すなわち第1回国画会展)「静かなる港」を出品、国画創作協会奨学賞をうけた。つづいて毎年同展に作品が入選し、昭和5年第5回国展では樗牛賞、8年第8回展では再び国画奨学賞を受賞して昭和12年国画会同人に推薦された。その間英独仏を歴遊した。写実的画風で、風景、静物画が多い。戦後は日展委員を委嘱され出品したこともある。28年以後、神戸、大阪各地で個展をひらき、33年には研究会「みねるば会」を主宰、第1回展を催している。主な作品は受賞作のほか「花のある静物」「長崎眺望」など。略年譜明治38年 8月21日兵庫県姫路市に生れる大正13年 東京美術学校彫刻科選科塑造部に入学大正15年 第5回国画創作協会展(第1回国画会展)に「静かなる港」出品、国画会奨学賞となる昭和4年 東京美術学校卒業昭和5年 国画会第5回展に「卓上静物」「花」「曇り日のハルピン」出品、樗牛賞をうける昭和8年 国画会第8回展に「午後の風景」「横浜」ほか2点を出品、国画奨学賞をうける昭和9年 渡欧、翌年パリでサロン・ドオトンヌ、サロン・チュイルリイ等に出品昭和11年 仏、独、伊、和各地を廻り、帰国昭和12年 国画会第12回展に「モレーにて」「通りの朝」「画室の一隅」「ヴァーンブの道」「靴屋」などの滞欧作を発表、同人に推される昭和14年 第3回文展に参加「北京の春」出品。国画会第14回展「奈艮公園」「大和路浅春」出品。この年から陸海軍嘱託となり記録画多数制作。従軍数回に及ぶ昭和21年 日本美術展覧会委員を委嘱される昭和28年 国画会第27回展「花のある静物」「鏡のある静物」「桂川湊谷」昭和31年 国画会第30回展「長崎跳望」「長崎南山手」「長崎」。長埼県依嘱により「西海国立公園」、また姫路市依嘱により「姫路城」制作昭和33年 神戸大丸で個展。28年頃から神戸、大阪各地で度々個展をひらく。自己の主宰する研究会「みねるば」第1回展開催。10月13日没昭和34年 第33回国展に遺作20点を陳列

山下繁雄

没年月日:1958/09/27

 日展出品依嘱、元太平洋画会々員山下繁雄は、9月27日脳軟化症のため奈良市の自宅で逝去した。明治16年12月9日東京市京橋区に生れた。不同社で小山正太郎の教えをうけ、また太平洋画会の研究所にも学んだ。明治40年の東京勧業博覧会に「武蔵野」が入選、褒状をうけたのが展覧会への初出品で、続いて41年第2回文展に「夏木立」「綾瀬川」が入選となつた。其後制作不振のため一時画業を離れ、大正3年大阪に居住した。翌4年、友人のすすめで再び作品を文展に送り「軍鶏」が入選、以来、もつぱら軍鶏を描き、大正15年帝展出品の「雄鶏の図」は久迩宮家御用品となり、昭和7年帝展出品の「軍鶏」は特選となり、昭和洋画奨励賞をうけている。同8年帝展で「軍鶏」は再び特選をうけ、翌年から無鑑査待遇、或は招待出品者として「嵐に立つ軍鶏」(昭和11年文展招待展)、「蓼花軍鶏」(昭和13年文展)等を出し、軍鶏の画家として知られていた。晩年は日展出品依嘱者として同展に軍鶏の作品を出品、昭和26年奈良県文化功労者として表彰をうけた。

明田川孝

没年月日:1958/08/13

 新制作協会彫刻部会員明田川孝は、8月13日腸閉塞症のため宮川病院にて逝去した。享年49歳。明治42年6月22日新潟県北魚沼郡に生れ、大正9年上京、日大附属第二中学に入学し、昭和8年東京美術学校彫刻本科を卒業した。翌9年第9回国画会展に「アルプ」「仔山羊」が入選、国画奨学賞を受けた。以後同会展に発表を続けた。また昭和10年第1回新興美術家協会展に入選、同11年第2回新協展にて協会賞を受け会友に推薦せられた。更に同11年には国画会彫刻部有志と造型彫刻家協会を結成、会員となつた。同14年7月国画会彫刻部解消し、同年同メンバーが新制作派協会彫刻部設立に際し会員として入会し、没するまで同会の中枢的存在として多くの作品を発表した。昭和33年秋の新制作展には彼の遺作が20点ばかり特陳されたが、僚友本郷新の追悼記の一節を紹介すれば、「ふだんは特別気をひくようなものではなかつたが・こうして並べて見ると一貫して作者の彫刻への態度、生活感情が実によく透つていて、つくづく惜しい人を失つたという実感が迫つてくる。このことは、遺作を見た多くの人々からも感慨をもらされたことでもあつた。一つのケレンも気どりもなく誠に素直に彼の中の生活の詩ともいうべきものを塊の中に託している。初めて国展に出品していた頃の作品《山羊》や《若き蒙古》などは、羊を飼い、草を刈り、乳をしぼり、手づくりのアトリエに木靴をはいて、詩作と彫刻に若い日の美しい牧場の夢を画いていた頃のものである。山羊の乳はおいしいですよといつて仲間の友達にすすめたり、木版で自作の詩集を出したりしていた。(中略)故郷から黒い堅い石が出た頃、とても堅いけど面白いでしようといつて私達に紹介した。この黒い石を彫つた彼の作品は、年々妙味を加えてきて、彼独特の詩魂となっていた。」(三彩第107号)と。一方、今から数百年前伊太利で発明されたオカリーナと呼ぶテラコッタの笛を20数年研究改良(実用新案379907号)し、本格的な楽器として世界最透のエーストロ・オカリーナ、約10種類を完成し、彼自身も吹奏し、周囲にはオカリーナ吹奏団が出来た程で、この方でも著名であり、彼の彫刻への愛情はオカリーナに集約されているという評もあつた。主要作-「海」「鹿走る(木彫レリーフ)」「村の娘」「牛と少女(石彫)」「雪国の牛乳配り」「地」「フォーヌ」「破間川」

大貫徹心(銕心)

没年月日:1958/08/11

 日本画家、大貫徹心は(旧号銕心、本名、堅)は8月11日栃木県矢板の自宅で逝去した。享年63歳。明治25年1月13日栃木県塩谷郡に生れた。東京美術学校日本画科に学び、大正8年卒業、川合玉堂に師事していた。昭和2年第8回帝展に「和む里」が初入選となり、9回展「白樺の小径」、10回展「春の奥利根」11回展「霧降りの滝」とつづいて出品入選した。大和絵風の様式化を試み緻密な描写をみせていたが、昭和9年第15回帝展の「静日」あたりから写生をもとにした明るい近代風な描写に変つていつた。その後は昭和11年改組帝展(2月)「駅路の雪」、文展(10月)「山湖朝霧」、17年第5回文展「那須のつゆ時」などがあり、戦後の日展には昭和25年第6回展に「青巒」、第7回展に「馬事研究所」を出しているが晩年の制作発表は少なかつた。東台邦画会、下萌会の会員で、官展を作品発表の主な機関としていた。なお昭和32年7月以後の作品は徹心の号を用いた。

大智勝観

没年月日:1958/08/08

 日本美術院同人大智勝観(本名恒一)は、数年来高血圧症で病臥中のところ、8月8目杉並区の自宅において、脳軟化症のため逝去した。勝観は明治15年1月1日愛媛県今治市に生れ、同35年東京美術学校日本画科を卒業、当時の1年志願兵として兵役に入り、歩兵少尉として日露戦役に従軍した。大正2年第7回文展に「雨の後」を出品し、3等賞を受領、翌大正3年には日本美術院再興第1回展に「聴幽」を出品し、そのカを認められて同人となつた。以後没するまで連年日本美術院に力作を発表し、長老格として重きをなし、また戦後は日展にも作品を送り参事をつとめた。なお昭和5年には伊太利において開催された日本画展覧会に参加する横山大観、平福百穂、松岡映丘、遠水御舟らの一行に加わり欧州を半年程漫遊し、この時の大観と共著の「渡伊スケッチ集」(昭和5年朝日新聞社発行)がある。作品は風景を主とし初期の頃は、大正期一般の風潮を反映した光をとり入れた自由な描法になる力作が多いが、次第に淡雅な様式化を帯びて、晩年に至つては更に緊密端正な傾向がみられる。略年譜明治15年 1月1日愛媛県今治市に生る明治35年 東京美術学校日本画科卒業明治37年 頃日露戦役従軍大正2年 第7回文展「雨の後」、3等賞大正3年 日本美術院同人、第1回院展「聴幽」大正4年 第2回院展「山色四趣」其1~其4大正5年 第3回院展「蛇ケ池」大正6年 第4回院展「桃の島」「わだつみの宮」大正7年 第5回院展「うしほ時」大正8年 第6回院展「秦准の夕」大正9年 第7回院展「夕に映ゆる山路」大正10年 第8回院展「雨に暮るる瀬戸」大正11年 第9回院展「幽窓」2月米国展国内展示会展「秋暮」「夕凪」大正12年 第10回院展「雨季四題」1白映、2夕映、3早映大正13年 第11回院展「盲来人」「閑庭」大正14年 第12回院展「人形の死」大正15年 第13回院展「窓外四題」(1良脊、2落雷、3晩秋、4雪夜)昭和3年 第15回院展「諦聴」昭和4年 第16回院展「梅雨あけ」昭和5年 8月朝日新聞杜より大観共著で「渡伊スケッチ集」出版昭和6年 第18回院展「惜春」昭和7年 第19回院展「一陽来復」昭和8年 第20回院展「爽涼」昭和9年 第21回院展「夕月」昭和11年 第23回院展「夕凪」「雪晨」昭和13年 第25回院展「縁蔭」昭和14年 第26回院展「立夏」昭和15年 第27回院展「皐月頃」昭和16年 第28回院展「暗香」昭和17年 第29回院展「小松の丘」昭和18年 第30回院展「乗鞍」「穂高」昭和22年 第32回院展「連山雨後」昭和23年 第33回院展「雪後」昭和24年 第34回院展「秋雨」昭和25年 第35回降展「爽涼」昭和27年 第37回院展「庭前宿雪」昭和28年 第38回院展「峠路」

藤懸静也

没年月日:1958/08/05

 文化財専門審議会々長、国華社主幹、明治大学教授、文学博士藤懸静也は、8月5日前立腺肥大症のため東京逓信病院で逝去した。享年77歳。明治14年2月25日茨城県古河に生れた。第一高等学校を経て同43年東京帝国大学文科大学史学科国史科を卒業し、直ちに大学院に入つて日本美術史を専攻した。大正3年以来同大学文学部の副手をつとめるかたわら「国華」の編集をたすけた。また女子美術学校、日本大学の講師、国学院大学教授、帝室博物館学芸委員などを勤めた。昭和2年から翌年にわたり海外における日本美術史の資料調査、各国博物館の調査のため欧米を巡歴した。帰国後文部技師に任ぜられ、国宝鑑査官、国宝保存会幹事、同委員、重要美術品等調査委員会委員として国宝等の保存行政につくした。昭和9年東京帝国大学教授に任ぜられ、同16年定年で退官するまで後進の指導にあたつた。この間、昭和9年に文学榑士の学位を受けた。昭和20年瀧精一博士の後を継いで国華社主幹となり、「国華」編集の中心となつた。戦後、文化財専門審議会の設置と共に専門委員となり、晩年にはその会長をつとめた。また東京国立博物館評議員であつた。浮世絵版画を歴史的に系統づけた功績は大きく、多くの著書や論文がある。略年譜明治14年 2月25日茨城県古河に生る明治43年 東京帝国大学文科大学史学科国史科卒業、大学院入学。明治45年 女子美術学校講師を嘱託せらる大正3年 東京帝国大学文学部副手を命ぜらる(東京帝国大学)大正6年 国学院大学教授を命ぜらる大正11年 日本大学講師を嘱託せらる大正13年 願に依り東京帝国大学文学部嘱託を解かる(東京帝国大学)美術史に関する事項調査を嘱託さる(同前)史料編纂業務を嘱託さる(同前)昭和2年 帝室博物館学芸委員を被仰付(宮内省)。東京帝室博物館勤務を命ぜらる(同前)欧米諸国に於ける日本美術史に関する資料調査を嘱託さる(東京帝国大学)。欧米各国博物館調査を嘱託さる(帝室博物館)4月2日欧米へ向け出発昭和3年 3月29日帰国。6月文部技師に任ぜらる(総理大臣)。宗教局勤務を命ぜらる(内閣)昭和4年 国宝保存会幹事被仰付(内閣)昭和5年 国宝保存会幹事被免(内閣)国宝保存会委員被仰付(同前)依願免本官(内閣)。国宝保存会委員被仰付(同前)昭和7年 御物調査委員会臨時委員を命ぜらる(宮内省)昭和8年 重要美術品等調査委員会委員を依嘱さる(文部省)昭和9年 任東京帝国大学教授、叙高等官3等(内閣)文学部美学美術史第2講座担任を命ず(文部省)。文学博士の学位を授けらる(東京帝国大学)昭和15年 日本諸学振興委員会昭和14年度芸術学部臨時委員を嘱託さる(文部省)美術振興調査会委員被仰付(内閣)昭和16年 依願免本官、陞叙高等官1等(内閣)昭和20年 国華杜主幹となる昭和25年 文化財専門審議会専門委員を委嘱さる(文化財保護委員会)昭和27年 文化財専門審議会専門委員を委嘱され、第1及び第2分科会所属を命ぜらる(同前)昭和29年 文化財専門審議会尊門委員を委嘱され、第1及び第4分科会所属を命ぜらる(同前)昭和32年 文化財専門審議会尊門委員を委嘱され、第1及び第4分科会所属を命ぜらる(同前)昭和33年 8月5日逝去。8月8日青山葬儀所で告別式を行う主要著書目録浮世絵大家画集 大正4年 浮世絵研究会浮世絵 大正13年 雄山閣浮世絵の研究 昭和19年 雄山閣増訂浮世絵 昭和21年 雄山閣日本美術図説〔監修〕 昭和25年 朝日新聞社浮世絵(アルス・グラフ) 昭和27年 アルスJapanese wood-block prints 昭和25年 日本交通公社

金原省吾

没年月日:1958/08/02

 文学博士金原省吾は、8月2日脳出血のため武蔵野市の自宅で逝去Lた。享年68歳。明治21年9月1日長野県諏訪郡の河西家に生れた。同43年長野県師範学校を卒業し、45年9月長野県北安曇郡の金原家の婿養子となつた。この年10月上京して翌大正2年早稲田大学予科に入学した。大正6年早稲田大学文学部哲学科を卒業、更に二カ年研究科に在籍して東洋美学及東洋美術史の研究を深め、その後は日本橋区第二実業補導学校、また日本美術学校講師をつとめていた。この頃から著述生活に入り大正13年「支那上代画論研究」「東洋画論」などを発行している。昭和4年帝国美術学校教授並びに教務主任となり、16年から18年迄、年1回約1カ月、満州国立建国大学教授として渡満している。24年新潟大学教授となり、30年文学博士の学位をうけた。更に31年東横女子短大講師、東京学芸大学講師を兼ね、武蔵野美術学校にも関係していた。東洋美術に関する著書多く、「支那上代画論研究」(大正13年岩波書店)、「東洋画概論」(大正13年古今書院)、「絵画に於ける線の研究」(昭和2年古今書廃)、「東洋美論」(昭和4年春秋杜)、「東洋美術論叢」(昭和9年古今書院)、「表現の問題」(昭和12年古今書院)、「支那絵画史」(昭和13年古今書院)、「日本美術論」(昭和14年河出書房)、「日本芸術の課題」(昭和15年河出書房)、「東洋美術論」(昭和17年講談杜)など50余冊に及んでいる。

藤井浩佑

没年月日:1958/07/15

 彫塑家、日本芸術院会員藤井浩佑は7月15日午前5時40分急性スイ臓炎のため熱海市の自宅で逝去した。享年75歳。本名は浩佑(ひろすけ)。明治15年11月29日東京神田に生れ、父祐敬は九条家出入りの唐木細工師であつた。はじめ不同舎へ通い、満谷国四郎に師事してデッサンを学び、第四中学を経て明治40年東京美術学校彫刻本科を卒業した。同年第1回文展に「狩」を出品して以来、第9回文展にいたるまで出品をつづけた。その間第4回文展出品の「髪洗」は褒状を受けて出世作となり、コンスタンタン・ムニエの影響の濃い「トロを待つ坑婦」(第8回文展3等賞)など初期の代表作がある。大正5年9月日本美術院同人に推薦された。昭和11年日本美術院を退き、同年帝国美術院会員、翌年帝国芸術院会員となり、その後官展に作品を発表し、戦後も日展に参加し、斯界の長老として重きをなした。日展では同展運営会理事、逝去後の秋開かれる新日展では顧問ということになつていた。没後勲三等に叙せられ瑞宝章を贈られた。「梳髪」や「浴女」など、日本風裸女の普遍的な姿態を、情趣深く表現するのに長じた独特な作風を示した。作品には諸展覧会発表作の他、彼としてはめずらしいものに、孫娘を妻としたのが縁で作つたアンパンの元祖、木村安兵衛夫婦の座像(鋳鍋・大正7年11月除幕、東京浅草田中町東禅寺境内)がある。作品略年譜明治40年 第1回文展「狩」明治41年 第2回文展「まぼろし」明治42年 第3回文展「秀ちやん」「疲労」明治43年 第4回文展「疲れたるモデル」「ものおもふ女」「髪洗」(褒状)明治44年 第5回文展「石割」「伏したる肉」「鏡の前」(3等賞)大正元年 第6回文展「海」「帰る坑夫」「潭」(3等賞)大正2年 第7回文展「女」「若者」「坑内の女」(3等賞)大正3年 第8回文展「婦」「トロを待つ坑婦」(3等賞)大正4年 第9回文展「早朝の霊拝」「或女の顔」「髪」大正5年 第3回院展「白眼」「髪梳く女」「若き少女の顔」大正6年 第4回院展「鋳像の色つけ」大正7年 第5回院展「海の女」「かぢめ運ぶ女」「合せ鏡」大正8年 第6回院展「湯のあと」「裸1・2・3」大正9年 第7回院展「迎火」「浴」大正10年 第8回院展「鏡に向て」「浴」「座せる女」大正11年 第9回院展「春」「水浴」「萌え出る蕨」「浴泉」大正12年 第10回院展「静かな水」「恐怖と悔悟」「化粧」「浴女」「湯を前に」大正13年 第11回院展「髪」「踵をふく女」「海女」「髪をあむ」「脱衣の女」大正14年 第12回院展「浴」「浴み」「小瑠璃」「裸」「足をふく女」大正15年 第13回院展「裸婦」「水浴」「背を拭く女」昭和2年 第14回院展「足を拭く女」「爪を切る女」「壼をかかへる女」昭和3年 第15回院展「魔女」「浴女」「黒髪」「水浴の女」「水鏡」昭和4年 第16回院展「脱衣婦」「浴女」「髪」「浴」昭和5年 第17回院展「脱衣」「をどり」「浴女」「腰のみの」「犬(エヤデルテリア)」「髪」昭和6年 第18回院展「浴み」「ポルゾイ」昭和7年 第19回院展「梳る女」「浴女」「土用波」昭和8年 第20回院展「化粧」「浴女」昭和9年 第21回院展「浴女」「水浴」昭和11年 文展(招待展)「手鏡」昭和13年 第2回文展「鏡」昭和14年 第3回文展「浴女」昭和15年 紀元2600年奉祝美術展(前期)「裸女」昭和16年 第4回文展「腰かけた裸婦」昭和17年 第5回文展「泳後」昭和18年 第6回文展「崔氏菩薩」昭和21年 3月第1回日展「裸婦」昭和21年 10月第2回日展「無題」昭和22年 第3回日展「浴女」昭和23年 第4回目展「腰かけた裸婦」昭和24年 第5回日展「少女立像」昭和25年 第6回日展「浴女」昭和26年 第7回日展「裸婦」昭和27年 第8回日展「浴女」昭和28年 第9回日展「女の顔」。この年より浩佑と称す昭和29年 第10回日展「浴女」昭和30年 第11回日展「裸女微笑」昭和31年 第12回日展「踊女」昭和32年 第13回日展「鏡の前」昭和33年 第1回日展(新日展)「裸婦」(遺作)

水田竹圃

没年月日:1958/07/11

 日本画家水田竹圃は7月11日心臓衰弱のため京大病院で逝去した。享年75才。本名忠治。別号満碧堂、積翠堂、水竹居、蟻池庵。自宅は京都市北区。明治16年2月14日大阪市に生れた。同30年大阪で姫島竹外の門に入つて南画を学び、また伊藤介夫に漢学の教えをうけた。大正元年第6回文展で「渓山滴翠」が初入選で褒状を受け、更に8回、9回展でも受賞し、同5年10回展では「早春」が特選となつて画壇に認められた。大正8年、京都に居を移し、同10年には河野秋邨らと日本南画院を創立した。日本南画院展には昭和10年解散するまて毎年出品し、帝展も大正15年第7回展に委員に推され、昭和12年以降の文展にかけて出品をつづけている。日展には第4回から出品依嘱者として作品を送つている。大正10年より画塾菁我会を主宰し南画の指導、興隆に尽力した。なお水田硯山は実弟、水田慶泉は長男である。主な作品は「普陀」「三峡」「秋声」「残照」「月光」など。作品略年譜大正元年 第6回文展「渓山滴翠」褒状大正3年 第8回文展「雲林清深」褒状大正4年 第9回文展「大華山実景」3等賞大正5年 第10回文展「早春」特選大正6年 第11回文展「秋山岑寂」無鑑査出品大正8年 第1回帝展「華岳仙隠」この後6回展迄出品なし大正10年 第1回南画院展「泰山」「牧羊」大正15年 第7回帝展「普陀」「三峡」帝展委員となる第5回南画院展「夏日湖畔」「夏」昭和4年 第10回帝展「絶墾飛泉」帝展審査員第8回南画院展「薬圃」「洞庭風雨」昭和6年 第12回帝展「千山一白」無鑑査第10回南画院展「水国秋雨」昭和7年 第13回帝展「澄秋」帝展審査員昭和12年 第1回文展「下賀茂春暁」無鑑査昭和13年 第2回文展「残照」無鑑査昭和14年 第3回文展「松轡暮靄」無鑑査昭和19年 戦時特別文展「高千穂峡」昭和23年 第4回日展「残雪在山」出品依嘱者として以後32年迄毎回出品昭和31年 第12回展「月光」

五島耕畝

没年月日:1958/06/11

 日本画家五島耕畝は、6月11日新宿区の自宅で逝去した。享年76才。本名貞雄。明治15年4月3日茨城県に生れた。明治34年荒木寛畝のもとに入門し、36年には美術協会展で二等賞をうけ、翌年美術協会の会員となつた。つづいて美術協会、同研究会、或は美術研精会に出品して毎年連続して1~2等賞を受賞している。文展には2、5、8、9、10回展に出品し大正4年第9回展では「深山の秋」(6曲1双)が褒状となつた。帝展は第4回展から入選し、「桃」(第4回展)、「猫」(第5回展)、「長閑」(第7回展)などを経て、昭和4年第10回帝展で「池畔」を出品、5年第11回帝展から無鑑査待遇をうけた。帝展では「秋の裏園」(11回展)、「軍鶏」(15回展)などがある。いづれも、寛畝の系統をひく細密な花鳥画を特徴としている。昭和期の文展では17年第5回文展に★をかいた「後苑」などがあり、戦後、日展委員にもあげられたが、晩年は殆ど展覧会に作品を発表していない。

小場恒吉

没年月日:1958/05/29

 元東京芸術大学図案科教授小場恒吉は、5月29日老衰のため、東京都中野区の自宅で逝去した。享年80歳。明治11年1月25日秋田市に生れた。郷里の中学に学び、同地の狩野派の画家につき指導をうけたのち上京、明治31年東京美術学校図案科に入学した。かたわら荒木寛畝に日本画を、岡本椿所について篆刻を学んだ。明治36年東京美術学校を卒業し、一時郷里の秋田工業学校に勤務したが、同41年東京美術学校雇、図案課助手となり、大正元年同校助教授となつた。この年から朝鮮古墳壁画模写、或は学術研究のため朝鮮に出張、大正5年には美校を辞し、朝鮮博物館事務を嘱託、また総督府学務局古墳調査課に勤務、朝鮮美術審査委員会委員などを兼務していた。大正14年6月、東京美術学校講師となり、工芸史授業を担任、同年更に美術学校から研究のため朝鮮に赴いた。昭和8年朝鮮総督府宝物古墳名勝天然記念物保存会委員を嘱託、年々渡鮮し古墳調査の傍ら高勾麗壁画の模写に従事した。昭和21年東京美術学校教授、24年には東京芸術大学及び同大学東京美術学校教授に任ぜられ27年3月まで教授として在任した。また昭和27年から29年まで同大学評議会評議員をつとめていた。紋様史の研究を専門とし、日本、中国及び朝鮮の古墳古建築の装飾から、絵画彫刻の絵紋様、又は一般古美術工芸品に現われた形態、若しくは紋様などを対象とするもので、実測にもとづく綿密な調査研究は美術界に寄与するところ大きく、研究の一部をなす「日本紋様の研究」は昭和25年に芸術院恩賜賞を受賞した。著書「朝鮮古蹟調査報告」「慶州南山の仏蹟」「楽浪王光墓」等。

吉田源十郎

没年月日:1958/04/04

 漆工芸家、日展参事吉田源十郎は、胃潰瘍のため、4月4日世田谷区の自宅で逝去した。享年62歳。明治29年3月20日高知県安芸郡に生れ、石井士口(吉次郎)に師事し、漆芸を学び大正8年東京美術学校漆工科選科を卒業した。昭和2年第8回帝展にはじめて工芸部が設置されたが、翌年の第9回帝展で「麦の棚」が初入選となつた。その後連続入選し、昭和5年第11回展出品の「泉の衝立」、第14回展「トマトの図棚」は特選となり、昭和12年第1回文展の審査員となつた。昭和期の文展では17年、18年と審査員に推され、18年文展出品の「梅蒔絵飾棚」は芸術院賞(第2回)となつた。23年から金沢美術工芸短期大学教授に任命され、戦後の日展では審査員、参事の役をつとめていた。また、昭和12年造幣局嘱託となつたこともあり、戦後、目本漆工芸会を主宰、会長として漆工芸の発展に尽力していた。

西山翠嶂

没年月日:1958/03/30

 日本芸術院会員、京都美術大学名誉教授西山翠嶂は、3月30日心筋梗塞のため京都市東山区の自宅で逝去した。享年78歳。本名卯三郎。明治12年4月2日京都に生れた。若くして竹内栖鳳の門に入り、また京都市立美術工芸学校に日本画を修めた。明治30年代からすでに京都の諸展覧会で受賞をつづけたが、その名を広く認められたのは文展以後である。明治40年第1回文展に「広寒宮」を出品して3等賞を受けたのをはじめ、その後つづいて受賞或いは特選となつた。文展時代の作品には「採桑」「未★の女」「落梅」などがある。大正8年帝展の開設とともに審査員に選ばれ、昭和4年帝国美術院会員に推された。帝展時代の主なものには「春霞」「木槿」「乍晴乍陰」「くらべ馬」「牛買ひ」などがある。帝展改組後芸術院会員となり、新文展の審査員もつとめた。この時期のものに「雨餘」「洛北の秋」などがある。昭和19年帝室技芸員を命ぜられ、栖鳳なきあとは京都画壇だけでなく日本画壇の長老として重きをなした。終戦後もたゆまぬ制作をつづけ、日展などに「黒豹」「山羊と猿」などを発表した。また日展運営会理事、芸術院会員選考委員をつとめ、美術の発展につくした。彼はまたはやくから母校に教鞭をとり、大正8年には京都市立絵画専門学校教授となり、さらに昭和8年から11年までその校長をつとめた。また大正10年頃画塾青甲社を創立して堂本印象、中村大三郎、上村松篁など多くの門弟を育成した。かように、彼の活動は多方面にわたつたが、昭和32年生の功労によつて文化勲章を授けられた。 彼の作域は人物、花鳥、動物、風景にわたるが、その得意とするところは人物、動物で、京都伝統の円山、四条派の写生を根底として作風を展開した。そのはじめ彼は、歴史人物画が多いが、次第に抒情味にあふれる人物画に移り、晩年は動物画や山水に洗練された技法を示した。その随筆に「大朴無法」がある。略年譜明治12年 4月2日京都に生まれる。父政治郎、母さと明治26年 竹内栖鳳の門に入る明治27年 京都市工芸品展「箕面瀑布図」褒状、日本美術協会展「鷹狩図」3等明治28年 第4回内国勧業博覧会「富士川水禽図」褒状、日本青年絵画共進会「対風牡丹図」2等明治29年 大阪私立日本絵画共進会「対風牡丹図」2等明治30年 第1回全国絵画共進会「義光勇戦図」2等明治31年 この頃から旧淀藩士中島静甫について国漢を学ぶ。京都新古美術品展「秋口喚渡の図」1等明治32年 京都市立美術工芸学校卒業。全国絵画共進会「村童」3等、第2回全国絵画共進会「迦葉哄笑図」3等明治33年 京都新古美術品展「韓退之図」3等、後素青年会展展「悉多発心図」優等1席明治34年 京都新古美術品展「沙陽」3等、日本絵画協会(日本美術院聯合)第11回絵画共進会「狂女」明治35年 京都市立美術工芸学校に奉職。小谷とみ子と結婚。京都新古美術品展「緑陰」3等明治36年 第5回内国勧業博覧会「詰汾興魏図」3等明治37年 7月満州、朝鮮へ旅行。京都新古美術品展「祝戸開き」3等、楳嶺翁10周年追悼展「地蔵菩薩」明治38年 関雪、五雲等8名で水曜会を結成、機関誌「黎明」を刊行、継続4年明治40年 第1回文展「広寒宮」3等明治41年 第2回文展「軒迷開悟」褒状明治42年 京都市絵画専門学校助教諭。第3回文展「花見」3等明治43年 竹内栖鳳東本願寺天井絵制作に際し、土田麦侭と助手をつとむ大正1年 第6回文展「青田」3等大正2年 妻とみ没大正3年 第8回文展「採桑」3等大正4年 竹内貞子と再婚す。第9回文展「農夫」3等大正5年 第10回文展「未★の女」特選大正6年 第11回文展「短夜」特選大正7年 第12回文展「落梅」特選大正8年 京都市立絵画専門学校教授となる。第1回帝展審査員に選ばれ、以降第10回帝展に至る。第1回帝展「春霞」大正9年 平和記念美術展審査員となる。第2回帝展「秣」大正10年 私塾青甲杜を創立。第3回帝展「錦祥女」大正12年 大毎主催絵画展「木槿」大正14年 聖徳太子奉賛美術展「竹生島」大正15年 第7回帝展「夕」。青甲社展「唐崎」昭和2年 青甲社展「粛条」昭和3年 今上天皇御即位の大典に際し御下命画「春曙」、久迩宮家より御即位の大典に際し御下命画「月下群鴎」をえがく昭和4年 帝国美術院会員となる。パリ日本美術展「雪中白鷹」。第10回帝展「乍晴乍陰」昭和5年 青甲杜展「飢鴉」。ローマ日本絵画展「乍晴乍陰」昭和6年 青甲杜展「東山洛雨」、暹羅国展「漁楽」、米国トレード展「闘鶏」、伯林日本画展「飢鴉」昭和7年 第13回帝展「くらべ馬」昭和8年 京都市絵画専門学校、京都市美術工芸学校々長となる。大礼記念京都美術館評議員昭和9年 第15回帝展「牛買ひ」、珊々会「ゆく秋」昭和10年 珊々会「宿鳧」、献上画「天馬」昭和11年 京都市絵画専門学校、京都市美術工芸学校を辞す。新文展招待展「竹生島」昭和12年 帝国芸術院会員、第1回文展審査員となる昭和13年 文展審査員。青甲社展「雨餘」、京都市美術展「牡丹」昭和14年 第3回文展「馬」、珊々会展「釆腕」、紐育万国博覧会「雨餘」昭和15年 紀元2600年奉祝美術展委員となる。奉祝美術展「洛北の秋」、大毎奉祝展「薄暮」昭和16年 珊々会「霧の海」、海軍省に「日出づる処」を納める昭和18年 産業戦士贈画展「暁に薫る」、京都霊山護国神杜に「神駿」を納める昭和19年 帝室技芸員となる昭和21年 妻貞子没昭和23年 著書「大朴無法」刊行昭和25年 京都市立美術大学名誉教授となる。東京新築歌舞伎座壁画「松涛月明図」昭和26年 日展運営会理事となる。青甲社30周年展「黒豹」、白寿会「石榴」昭和27年 第8回日展「山羊と猿」、日活国際会館サロン壁画「牡丹」、京都南座緞帳「鶴翼演舞」昭和28年 日本芸術院会員選考委員となる(32年まで)日本美術協会第6回展「新夏」昭和29年 日本美術協会第7回展「緬羊」、東横展「芦の湖」、東京大丸開店展「暁に馥る」昭和30年 無名会展「葉牡丹」「緬羊」、薫風展「暮韻」、青甲社展「歌舞伎絵」、宮中御下命画「暁に薫る」昭和31年 日本芸術院会館建設日本芸術院会員展「枯葉」、成和会「馥郁」、無名会展「早春」、青甲社35周年展「静物」、日本美術協会展「三宝柑」昭和32年 文化勲章を授与さる。松坂屋画廊開き展「日暖」、東横展「雹霜」、薫風会展「花篭」、成和会展「狗子」、白寿会展「雄心」、北斗会展「新竹」、高島屋50周年記念展「猩々」昭和33年 5都美術家連盟展「富獄」、京都能楽堂壁画「東山春月」。京都歌舞練場の依嘱により「東山春宵」を執筆、未完に終る3月30日没す。正3位勲2等旭日重光章を授与さる。

三村英一

没年月日:1958/03/27

 新構造社創立会員三村英一は3月27日脳溢血のため東京都小金井市の自宅で逝去した。享年68才。明治23年4月11日広島県北婆原郡に生れた。同38年町絵師の徒弟となつたが41年白馬会に入り洋画を学んだ。その後、一時京都・大阪に居住し、明治44年から大正2年まで時々関西美術会展に出品していた。大正5年ショウインドウ会社に勤務、図案部主任、編集顧問などつとめたのち、大正9年から杉並区成宗に居住し、花卉栽培をはじめ園芸を副業として西部花卉協同組合の顧問を勤めつつ没年まで画道に精進、また新構造社の発展に尽力していた。昭和4年構造社展に「水辺」を出品以来同展に出品し、翌年会友、同7年会員になつた。また槐樹社展にも作品を送つた。構造社時代の作品に「武蔵野の夕陽」「牡丹」(8年)、「盛夏の頃」(9年)などがある。昭和11年帝展改組に関連して構造社が分裂した際、三村英一は代表となつて新構造社を結成、作品には「卓上」(14年)、「稔の朝」(14年)、「郷秋」(15年)、「初秋の午後」(17年)などを出品、戦後の連立展では「初夏の田園」(5回展)、「麦秋」(6回展)、「近郷の春」(9回展)、「湖畔の町」(16回展)などがあげられよう。

島村亮

没年月日:1958/03/20

 日月社会員、旧南画院同人島村亮は3月20日厚木市の自宅で逝去した。享年57才。明治34年4月5日神奈川県愛甲郡に生れた。大正8年山内多聞の塾に入り、昭和6年5月多聞逝去迄門下生として学んだ。次で昭和7年から春陽会洋画研究所で3年間洋画を学び、更に9年から安田靭彦の門に入り火曜会々員として指導をうけている。作品は帝展及び昭和期の文展のほか、南画院、日月社の展覧会にも出品していた。南画院同人、南画人連盟創立委員であつた。点描風の南画で主な作品に「春甫」(昭和11年2月帝展)、「秋林」(昭和11年10月文展)、「春閑」(昭和12年文展)、「浅春」(昭和13年文展)、「春郊」(昭和15年奉祝展)、「里の春」(昭和17年文展)などがある。

to page top