本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,850 件)





狩野光雅

没年月日:1953/12/17

 日本画家狩野光雅は昭和28年12月17日死去した。享年55歳。本名政次郎。明治30年和歌山県に生れ、大正8年東京美術学校日本画科を卒業、松岡映丘に師事した。同10年新興大和絵会結成に際して、これに参加し、解散まで出品をつづけ、主なものに「雨後落日」(3回)、「清晨静境」(5回)、「高野草創」(7回)等があり、昭和6年より帝展に作品を発表し、第12回帝展「紀ノ国の春」、第14回「飛爆」(特選)、昭和11年鑑査展に「雨後」等がある。昭和13年国画院結成に参加し、第1回展に「冬の陽ざし」(二曲半双)を出品した。作品はその経歴にみられる通り、伝統的大和絵画法を用い、壮大なモチーフを扱つて、追力ある力強い表現をみせた。

赤松麟作

没年月日:1953/11/24

 関西洋画界の元老であつた赤松麟作は11月24日、大阪市天王寺区の自宅で喘息のため逝去した。享年75歳。岡山県津山に生れ、東京美術学校西洋画科選科を卒業、更に研究所に学んだのち、三重県や和歌山県の中学教員を暫くつとめた。この間、白馬会出品の「夜汽車」が白馬会賞となり注目をうけた。その後は大阪朝日新聞に勤務、或は大阪市立工芸学校、関西女子美術学校に勤める傍ら、文・帝展に出品をつづけ、つねに関西洋画壇の育成に尽力し、晩年には大阪府より知事文芸賞をうけた。略年譜明治11年 1月20日、岡山県津山に生れた。明治29年 東京美術学校西洋画科選科に入学。明治32年 同校卒業、更に同校研究科に学ぶ。明治33年 同研究科退学、三重県第一中学校教員となる。明治35年 白馬会展に「夜汽車」を出品、白馬会賞をうけた。明治36年 和歌山県新宮中学校教員となる。明治37年 大阪朝日新聞社に入社、紙上に挿絵執筆。明治41年 第2回文展に「迷子」初入選。明治43年 大阪梅田に赤松洋画研究所を開いた。明治44年 第5回文展に「午後三時」を出品褒状となつた。大正2年 第7回文展に「おきな」「鶏と子供」を出品、前者は褒状となつた。大正4年 朝日新聞社を退社。大正7年 光風会々員昭和2年 大阪市立工芸学校教員となる。昭和7年 帝展無鑑査となる。昭和11年 この年からは新文展に出品を続けた。関西女子美術学校教授となる。光風会退会。昭和12年 明治記念館壁画「明治天皇津村別院行幸図」を完成した。昭和15年 大阪市美術展覧会審査員となる。昭和16年 関西女子美術学校々長となる。昭和20年 大阪市立美術研究所教授。昭和23年 大阪府より知事文芸賞をうけた。昭和28年 11月24日、大阪市天王寺区の自宅で逝去。享年75歳。

跡見泰(ゆたか)

没年月日:1953/10/22

 光風会々員、跡見学園理事、跡見泰は胃潰瘍で療養中であつたが10月22日浦和市の自宅で死去した。享年69歳。東京美術学校卒業後、白馬会々員となり、白馬会解散後は光風会を創設した。初期文展には続けて受賞し、昭和7年以後は帝展無鑑査、日展には出品依嘱者として出品していた。略年譜明治17年 5月23日、東京神田に生れた。明治36年 東京美術学校西洋画科選科卒業。明治39年 白馬会々員に推挙される。明治40年 第1回文展「夕の岬」3等賞となる。明治41年 第2回文展「晩煙」「初夏」「冬木立」、「晩煙」は3等賞となる。明治42年 第3回文展「砥石切」3等賞。明治43年 第4回文展「霧のたえま」。明治45年・大正元年 明治44年白馬会解散後中沢弘光、山本森之助等とともに光風会を創立、爾来会員として活躍。第6回文展「野路ゆく人」。大正2年 第7回文展「あみほし場」「夏の午後」。大正3年 第8回文展「瓜畑」「半島の漁村」「村へ行く路」。第3回光風会展「なぎさ」「静物」「崖づたひ」「くれがた」。大正4年 第9回文展「真似まなび」。大正6年 第5回光風会展「長閑」「夕日の丘」「落葉」「朝の光」「十日の月」。大正11年 フランスへ留学。滞仏中ナシヨナル・サロン、サロン・ドオトンヌ等に出品。大正13年 第5回帝展「河岸の村」。大正14年 帰朝。第6回帝展「寺」。第12回光風会展「セーヌ河」「坂道」「橋」「野遊びの日」「雪」「ラバクールの朝」「牧場の家」「早春」「シャラントンの河畔」「村はづれ」。大正15年 第13回光風会展「憩ひ」。昭和3年 第9回帝展「志木町」。昭和4年 第16回光風会展「かけわら」「晩秋」。第10回帝展「庭」。昭和5年 第17回光風会展「永代橋」「倉庫のある河岸」「石川島」「細雨の川口」。昭和6年 第18回光風会展「金仙花」「冬の庭」「山あひの村」「裸婦」。昭和7年 第19回光風会展「川原湯湯元」「草津みち」「川原湯温泉」。第13回帝展「入江」無鑑査。昭和8年 第20回光風会展「奔流」「漁船」「初冬」「渓流」「暮るる山路」「石神井公園三宝寺池」。第14回帝展「北国の漁村」無鑑査。昭和9年 第21回光風会展「漁村の夕」「佐渡七浦」。第15回帝展「山路を行く」無鑑査。昭和10年 第二部会展「夕の川岸」「静寂」。昭和11年 第23回光風会展「早春」「丘」。文展招待展「荷を積む船」。昭和12年 第1回文展「渓流」無鑑査。昭和13年 第25回光風会展「たそがれ」「静物」。第2回文展「白鷺城」無鑑査。昭和14年 第26回光風会展「晩秋」「漁港」。第3回文展「夕月」無鑑査。昭和15年 紀元二千六百年奉祝展「仮泊」。昭和16年 第4回文展「大漁の日」無鑑査。昭和17年 第29回光風会展「不二」。昭和18年 第30回光風会展「房総の海岸」。昭和19年 第31回光風会展「風景」。戦時特別文展「海の幸」。昭和21年 第1回日展「初冬」。第2回日展「静物」。昭和22年 第33回光風会展「夕焼」。第3回日展「月」。昭和23年 第34回光風会展「よし子ちゃん」。第4回日展「初秋静日」。昭和24年 第35回光風会展「静物」。第5回日展「秋郊」。昭和25年 第36回光風会展「静物」。第6回日展「のこんのひかり」。昭和26年 第37回光風会展「鮹壷」。第7回日展「嬉しい日」。昭和27年 第38回光風会展「晩秋」。第8回日展「赤い花」。昭和28年 第39回光風会展「午後の一時」。10月22日没。昭和29年 第40回光風会展遺作陳列。

樺山愛輔

没年月日:1953/10/21

 日米協会長、国際文化振興会顧問、国際文化会館理事長樺山愛輔は、10月21日神奈川県の自邸で脳動脈硬化症に気管支肺炎を併発死去した。享年88歳。慶応元年故海軍大将伯爵樺山資紀の長子として鹿児島に生れ、若くしてアメリカ、ドイツに留学、壮年時代は実業界で活躍した。のち貴族院議員、枢密顧問官となり、また国際文化振興会、東洋美術国際研究会等の理事長として日本文化の海外紹介に尽し、戦後は社会教育事業のためグルー基金の創設や国際文化会館の建設に尽力した。また、黒田清輝の縁故者として美術研究所(現東京国立文化財研究所美術部)の創立と発展につくした。

上阪雅人(こおさかがじん)

没年月日:1953/09/18

 木版画家上阪雅人は、明治10年5月10日御所書林、上阪庄次郎の次男として京都で生れた。山元春挙に師事し、19歳の折、第2回内国勧業博覧会に初めて花鳥画が入選受賞した。その後、図画教員をつとめていたが、30歳で上京し、白馬会洋画研究所で改めて洋画を学んだ。大正10年頃からは、木版による創作版画をはじめ、日本版画協会展に出品していた。また、図画教育についての関心もつよく、昭和5年の頃、文部省嘱託となり、啓明会から図画教育に関する研究の助成をえて、数冊の著述も遺している。作品は、春陽会、国画会、日本版画協会の展覧会に発表していたが、第二次大戦で罹災、全作品を焼失し仙台に疎開した。24年米国第9軍師団、ライダー司令官夫人の紹介で、ロスアンジェルスで個展を開き海外で注目される端緒となつた。25年1月上京し、26年にU・S・A・エデュケーションセンター、27年には仙台市、及びパリのチェルヌスキイ美術館で個展を開いている。晩年は抽象的傾向にうつり、墨刷の力強い作品をのこしているが、国内ではまとまつた展観の機会に乏しく、むしろ海外で好評、注目をうけていた。なお没後、31年にパリ、ニューヨーク、ウイーン、ローマ、等に於て遺作展が開かれた。

円城寺(えんじょうじ)昇

没年月日:1953/09/14

 創元会々員、日展出品依嘱者であつた円城寺昇は9月14日世田谷区のアトリエで脳溢血のため逝去した。享年52歳。略年譜明治34年 6月26日千葉県香取郡に生れた。大正12年 千葉県立茂原農学校卒業。在学中に日本水彩画会に出品、入選したことがある。昭和2年 青山熊治に師事。東京美術学校西洋画科入学、藤島教室に入る。昭和4年 第1美術協会展に「岩」を出品、協会賞をうける。昭和5年 第11回帝展「風景」。昭和6年 第12回帝展「崖」。昭和7年 東京美術学校西洋画科卒業。第13回帝展「御宿風景」。昭和8年 第14回帝展「崖」。昭和9年 第15回帝展「断崖」。昭和11年 文展鑑賞展「岩」。昭和12年 第1回文展「杜」。昭和13年 第2会文展「森の中」。昭和14年 第3回文典「岩」。昭和15年 紀元二千六百年奉祝展「風景」。昭和16年 第1回創元会展「南総風景」。昭和17年 創元会々員となる。第2回創元会展「風景」「崖」。昭和18年 第3回創元会展「岩」。昭和22年 第6回創元会展「菜園の秋」「風景」。第3回日展「岩」。昭和24年 第8回創元会展「秋」。第5回日展「初秋」。昭和25年 第6回日展「岩」。昭和26年 第7回日展「岩」。昭和27年 第8回日展「崖」出品依嘱。第11回創元会展「岩」。昭和28年 9月14日没。

内田巌

没年月日:1953/07/17

 新制作協会油絵部会員、日本美術会委員内田巌は7月17日食道癌のため東京世田谷の自宅で逝去した。享年53歳。明治の文芸評論家として著名であつた内田魯庵の長男として東京に生れ、東京美術学校西洋画科に入つて藤島武二に学んだ。大正15年同校卒業後は帝展、光風会等に出品していたが昭和5年渡欧、パリのアカデミー・ランソンに学んで7年に帰国した。昭和10年帝展改組の際に猪熊弦一郎、伊勢正義等と新制作派協会を設立して、最後まで同会々員として活躍した。終戦後は進歩的な美術家によつて結成された日本美術会の主要メンバーとなり、また23年には日本共産党に入党して党員となつた。27年頃より食道癌におかされ、入院、手術を受けたが、遂に回復しなかつた。主な作品に「若きハンガリー人」「岩」「母の像」「(東宝争議)歌声よおこれ」等があり、又文章もよくし著書に「絵画の美」「物射る眼」「画家と作品」「人間画家」「ミレーとコロー」「絵画青春記」「ミレー」「絵の上手な描き方」等がある。略年譜明治33年 2月15日内田魯庵の長男として東京牛込に生れた。母はよし。大正2年 暁星中学に入学。大正5年 4年の時早稲田中学校に転校。大正7年 早稲田中学校卒業。大正10年 東京美術学校西洋画科に入学。藤島武二に師事。大正15年 同校卒業。第7回帝展「白い上衣の少女」入選。昭和2年 6月吉居静子と結婚。7月東京佃島小学校に図画代用教員として奉職。第8回帝展「船のある風景」。昭和3年 第9回帝展「赤い帽子」。昭和4年 第16回光風会展に「果物を持てる女」「T婦人プロフィール」「明石海岸」を出品し、光風賞を受ける。第10回帝展「水兵服」。昭和5年 第17回光風会展「海岸」「赤いジヤケツ」「静物」を出品。光風会々友となる。6月父を失う。この秋モスクワ経由、フランスに渡る。パリでアカデミー・ランソンに学ぶ。昭和7年 4月帰国。第19回光風会展「ブロトンヌ」「少女」出品。第13回帝展「若きハンガリー人」。昭和8年 第20回光風会展「踊りのコスチューム」「ミゼール」「老人」「椅子にかけたる女」「青衣の女」「プチ・ゴス」「黒衣の娘」「老漁夫」出品、光風会々員となる。第14回帝展「白衣の少女」。昭和9年 第21回光風会展「佐渡の家」「相川の町」「船の男」「八丈島風景」「黒い岩(八丈島)」。第15回帝展「室内」。昭和10年 第二部会々員として第1回展に「子供達」を出品。昭和11年 第23回光風会展に「春」を出品、同会会員を辞退する。7月、当時の美術界の政治的抗争を排し、芸術運動の純化をめざして、猪熊弦一郎、中西利雄等とともに新制作派協会を創立した。第1回展「裸女をめぐる構想」「風」「風景」「雲」。昭和12年 第2回新制作展「葡萄」「史性」「港」を出品。昭和13年 第3回新制作展「野の光」「丘」「山」「海」「畠」「黄衣」「秋」。昭和14年 第4回新制作展「崖」「構想」「岩」。昭和15年 第5回新制作展「止水」。紀元二千六百年奉祝展「岩角生秋」。昭和16年 第6回新制作展「岩 三」「岩 一」「空(東洋画における翻案試作)」「白い服の子供」「岩 二」。昭和17年 第7回新制作展「日本の秋(大詔奉戴日)」「柄沢部隊長」「レース服の路子」「横顔」「少女と提灯」「母の像」。昭和18年 第8回新制作展「茉莉子像」「母の像」「影の顔」。昭和21年 第10回新制作展「風」「雲」「光」。進歩的美術家により日本美術会が結成され、その重なメンバーの一人となる。昭和22年 第11回新制作展「ミチコ像」「リサコ像」。昭和23年 第12回新制作展「少女像」「秋」「海辺」第2回日本美術会アンデパンダン展「歌声よ起れ」。日本共産党に入党。第2回美術団体連合展「たんぽぽ」。昭和24年 第13回新制作展「N青年の像」「秋」「嵐の中の三色旗」「宇宙盲点」。第3回美術団体連合展「平和を求むる人々」「徳永直像」。昭和25年 第14回新制作展「私の現代絵画考A(ギサク風の試作)」「同B」「同C」「同D」「同E」。第3回日本美術会アンデパンダン展「晴れたる日」。第4回美術団体連合展「春にして草木深し」。昭和26年 第15回新制作展「犠牲者A」「同B」。第4回日本美術会アンデパンダン展「歌人坪野哲久像」。第5回美術団体連合展「冬野」。昭和27年 第16回新制作展「一九五二年」。第5回日本美術会アンデパンダン展「秋(細川嘉六氏夫妻の像)」。秋ごろより健康を損う。昭和28年 4月千葉医大附属病院に入院、食道癌の診断をうける。6月27日1時退院、7月17日午後10時10分東京都世田谷区の自宅で死去。第17回新制作展遺作陳列。昭和29年 第6回日本美術会展に遺作陳列。

小室達(とおる)

没年月日:1953/06/18

 日本陶彫会々員小室達は6月18日肺浸潤のため逝去した。享年53歳。杉並区の自宅で告別式が行われた。明治32年 8月10日宮城県柴田郡に小室源吾の三男として生れた。大正8年 宮城県立白石中学校卒業。東京美術学校彫刻科塑造部入学。大正11年 第4回帝展「想」。大正12年 東台彫塑会展「婦人胸像」「しな」。大正13年 東京美術学校彫刻科塑造部卒業。研究科にすすむ。帝都復興記念合同彫塑展「淵」妙技賞4席、「清穆」「自作像」出品。第5回帝展「曙光」。大正14年 第2回東台彫塑会展「習作」「すがた」。東台彫塑会々員となる。第6回帝展「構想」特選。大正15年 第7回帝展「洗心」無鑑査。昭和2年 第8回帝展「新月」帝展委員。昭和4年 第10回帝展「舞」無鑑査。昭和5年 第11回帝展「念」無鑑査。昭和6年 第12回帝展「抱和」無鑑査。昭和7年 第13回帝展「光芒」無鑑査。昭和10年 伊達政宗騎馬像(仙台)をつくる。昭和11年 文展招待展「踞める女」。昭和12年 第1回文展「銀河」無鑑査。昭和13年 第2回文展「架橋」無鑑査。昭和14年 第3回文展「髪」無鑑査。女武者木像2躯。(宮城県刈田郡斎川村甲冑堂)。昭和15年 紀元二千六百年奉祝展「立像」。昭和16年 第4回文展「座像」無鑑査。昭和18年 第6回文展「想」無鑑査。昭和24年 第5回日展「蝉声閑声」出品依嘱。昭和25年 第6回日展「遙かなる愁」。昭和26年 第7回日展「はるか」。昭和28年 6月18日世田谷区世田谷桜病院で病没。

漆原木虫

没年月日:1953/06/06

 版画家漆原木虫は6月6日肺臓癌のため国立東京第二病院で死去した。享年64歳。告別式は世田谷区の自宅で行われた。名由次郎、明治21年東京に生れた。早くから木版彫刻の技術に習熟しており、19歳の時渡英、1910年の日英博覧会の折にはロンドンにいて、展覧会場において木版技術の実演を行つた。その後30年間ロンドンとパリに滞在して多くの版画を作り、日本の伝統的な木版技術による作品はイギリス、フランスの愛好家に好まれた。イギリスの画家フランク・ブランギンに認められ、彼の画を木版にした。自画、自刻、自摺の作品はヨーロッパでは暖く迎えられ、鑑賞された。大英博物館の嘱託にもなつた。昭和9年日本に帰り、帰朝後も版画を作つている。日本での作品には西洋の愛好家に特に評判であつた風景にも匹敵する馬や花の静物が含まれている。それらは白から灰色を通して深い黒い列なる階調に独自の美しさをみせている。しかし赤、緑、青と色彩を効果的に用いた「椿」のような作品もある。外人に木版を教え、また戦後は米国に作品を送つて、日本よりもむしろ外国で著名な作家であつた。

国吉康雄

没年月日:1953/05/14

 米国に於いて国際的作家としての地位を築いた日本人画家国吉康雄は、5月14日ニューヨーク・グリニッチヴィレッジの自宅で、胃潰瘍のため死去した。享年63才。1889年(明治22年)岡山市の商家に生れ、小学校卒業後工業学校で染色を学んだが中退して、1906年17才の時英語習得の目的でアメリカに渡つた。 憧れの新天地も少年の夢からは遙かに遠く、鉄道掃除夫、ボーイ、運搬夫等の仕事に従い乍ら、英語を学んでいたが、数カ月にしてロスアンゼルス美術図案学校に転じた。ここで3カ年勉強をつづけ、その後紐育に移り、ナショナル・アカデミー・スクール、インデペンデント・スクール、アート・ステューデント・リーグ等に学ぶ。この間アート・ステューデント・リーグに於いてケネス・ヘイス・ミラーに友好的指導を受けてその画才をのばし、又多くの知友を得た。インデペンデント展、ペンギン展等に出品し、又1922年にはダニエル画廊に第1回の個展を開き、その後連続8回に亘り開催した。この頃の作品に「牛をつれる子供」「夢」等がある。1925年ヨーロッパに渡り、フランス近代絵画の影響をうけた。この渡欧を境として従来の素朴な空想的様式の時代を終り、次第に欧羅巴の近代絵画の要素が入り混んできて変化している。1928年再渡欧し、ユトリロ、スーチン、ピカソ等に深い感銘を受け、多くのリトグラフの制作をした。翌年紐育に新設された現代美術館に於ける「十九人の現存アメリカ作家展」の一人として選ばれ、この頃より彼の存在は漸く確かなものとなり、アメリカ現代美術展には殆ど参加し、1931年にはカーネギー・インスティチユートで受賞した。 同年病父を見舞うため日本に帰り、東京と大阪で個展を開き、携えてきた油彩と、版画数十点を展示した。併し当時の日本画壇におけるアメリカ美術蔑視の風潮と彼の一見地味な作風から大した反響も得られず翌年★々日本を去つた。この前年二科会々員となつた。帰国後のアメリカ画壇に於ける制作以外の活動も目覚しく、アメリカ美術家会議国内執行委員、展覧会委員会議長、アメリカ美術家会議副議長等の任にあたつて活躍した。又1948年紐育ホイットニー美術館で現存画家のための最初の企画として「国吉回顧展」を開催、米国各地の美術館、画廊、愛蔵家より集めた作品百数十点を一堂に集め、非常な好評を博した。亡くなる前年にはヴェニスのビェンナーレにアメリカ代表の四人の画家の一人として選ばれる等、アメリカ美術界に於ける栄誉は最高の位置に達し、30余年に亘るその足跡は日米美術界に永く明記されるべきものである。 作品は初期の空想的要素の多い地味なものから、晩年の鮮やかな色彩を加えた、生活感情の深い象徴ともみられる表現へと幾多の変化をみせているが、画面はどこか悲痛な哀愁と静寂をただよわせ、晩年の華やいだ色彩のかげにも東洋人らしい虚無的思想がうかがわれ、それらがアメリカ風の大まかな味と混り合つて特異な国吉芸術を生み出している。略年譜1889年(明22) 9月1日岡山市に中産階級の商人の一人子として生る。父宇吉。母糸子。1906年(明39) 小学校卒業後、工業学校で染色を学び中退。英語修学の目的をもつて9月渡米。夜学のパブリック・スクールに入学。ロスアンゼルス美術学校に転入学。鉄道工夫、ボーイ、傭農夫等して働く。1910年(明43) 秋ニューヨークに赴く。ヘンリー・スクールからナショナル・アカデミーに転じ2ヶ月後退学。1914年(大3) インデペンデント美術学校に入学。1916年(大5) 秋アート・ステューデント・リーグに入学、ケネス・ヘイス・ミラーの指導を受く。友人にアレキサンダー・ブルック、ペギー・ベーコン、カザリン・シュミッド等がいた。ペンギンクラブに入る。インデペンデント美術展初出品。ハミルトン・イスター・フィールドの庇護を受く。ペンギン展に出品。パスキンと交友を結ぶ。1919年(大8) 夏女流作家カザリン・シュミットと結婚。コラムビアハイツに定住。1921年(大10) ダニエル画廊に自作2点を陳列。1922年(大11) 1月ダニエル画廊に第1回個展開催。以後同画廊閉鎖まで8回に亘り個展開く。サロン・オブ・アメリカの理事になる。1923年(大12) 「牛と小さなジョー」、「果物を盗む子供」等の作品あり、この頃写真撮影により生活の資にした。1925年(大14) 春渡欧。「力持の女」制作さる。1927年(昭2) 「ゴルフをする自画像」制作。1928年(昭3) 再渡欧、フランスでリトグラフを試みる。1929年(昭4) 春帰米、ウッドスタックに画室を建てる。紐育近代美術館主催「十九人の現存アメリカ作家」展の一人に推さる。1931年(昭6) 11月、帰国。毎日新聞社主催により東京・大阪三越で個展開催。カーネギー国際展で受賞。1932年(昭7) 2月帰米。父死去。カザリン・シュミットと離婚。秋二科展に「サーカスの女」出品。1933年(昭8) アート・ステューデント・リーグ教授となる。ダウン・タウン画廊で個展を開く。以後7回開催。1934年(昭9) ロスアンゼルス美術館で2等賞を得。ペンシルヴァニア・アカデミーでテムプル金牌を得。1935年(昭10) 7月、サラ・マゾと結婚。「デイリーニュース」制作。グッゲンハイム奨学資金によりメキシコ、タオスを2ケ月に亘り旅行。1936年(昭11) ニュー・スクール・フォア・ソーシャル・リサーチの教授となる。1937年(昭12) アメリカ美術家会議の国内委員となる。展覧会委員会議長をつとむ。1938年(昭13) アメリカ美術家会議副議長の一人となる。「私は疲れた」制作。1939年(昭14) An American Group会長。カーネギー国際展2等賞、ゴールデン・ゲート展覧会、アメリカ部門1等賞。「お祭は終つた」「牛乳列車」「こわれた橋桁」「ひつくり返したテーブルとマスク」制作。1943年(昭18) カーネギー国際展に「誰かが私のポスターを破つた」を出品、1等賞になる。(『国吉康雄遺作展』国立近代美術館、1954年に拠る。)1944年(昭19) ペンシルヴアニア・アカデミーでヘンリー・シュミット記念賞を受ける。カーネギー研究所賞第1席。ヴァジニア美術館で購入賞を受く。1945年(昭20) シカゴのアート・インスティテュートのノーマン・ウェイト・ハリス青銅牌賞受く。1946年(昭21) 「飛ぶよ御覧」「疲れた道化師」他制作。1947年(昭22) 「ここは私の遊び場」制作。Artists’ Equity会長となる。1948年(昭23) 紐育ホイットニー美術館で回顧展開く。「マスク」(リトグラフ)「寡婦」(カゼイン)制作。1950年(昭25) メトロポリタン美術館主催「現代アメリカ絵画展」に「鯉のぼり」出品3等賞を得。1952年(昭27) ヴェニス、ビエンナーレにアメリカ代表の四人の画家の一人として選ばれ出品。第1回日本国際美術展アメリカ部に「私は疲れた」出品。1953年(昭28) 5月14日ニューヨーク・グリニッチ・ヴィレジの自宅で胃潰瘍のため死去。1954年(昭29) 1953年「代表作展」が日本で開かれる寸前逝去し、之が「遺作展」に替えられ、5月国立近代美術館に於いて開催された。

吉田苞(しげる)

没年月日:1953/04/27

 光風会々員吉田苞は4月27日岡山市の自宅に於て十二指腸潰瘍のため逝去した。享年70歳。明治16年4月岡山市に生れ、同41年東京美術学校西洋画科を卒業後は終始官展に出品をつづけ、又光風会々員として同展にも作品を発表した。岡山県美術協会々員、大原美術館理事でもあつた。略年譜明治16年 4月25日岡山市に生れた。明治41年 東京美術学校西洋画科卒業。更に研究科に入る。明治43年 同校研究科修業。明治44年 麻布連隊へ志願兵として入隊、歩兵伍長として同年暮除隊。明治45年 岡山に帰る。大正4年 第9回文展へ「森」を出品、初入選となる。大正5年 第10回文展に「雁来紅」出品。大正6年 第11回文展に「赤松」出品。大正7年 第12回文展に「陶窯」出品。大正8年 第1回帝展に「峠の池」出品。第六高等学校講師となる。大正9年 渡仏。大正10年 帰朝、第3回帝展に「公園の朝」「ブルージュにて」(特選)を出品。大正11年 第4回帝展に無鑑査として「母と子」「木蔭」を出品、「母と子」は特選となつた。大正12年 光風会々員となり、以後帝展(第11回展迄)、光風会展に出品をつづけた。昭和4年 児島虎次郎の没後、同氏担当予定の壁画(対露宣戦御前会議)の揮毫を依嘱され、同9年に完成納入す。昭和10年 帝展廃止後二部会へ「奈良の森」出品。昭和17年 第六高等学校講師を辞任。昭和28年 岡山県文化賞を受く。4月27日、岡山市の自宅において逝去。

保尊良朔

没年月日:1953/04/22

 本名良作。明治30年3月5日、長野県南安曇郡に生れた。日本美術院研究所に学び、大正11年日本美術院第9回展に「石灰焼」が初入選となつた。この頃は霊水の号を用いていた。その後、大正14年第12回院展に「柿若葉」、昭和3年第15回院展に「石花菜を乾す」、昭和8年第20回展に「鯉」(この時頃から良朔の号を用う)、昭和10年第22回展に「鵜籠」を出品している。日本美術院の試作展にも出品し院友となつたが、昭和12年9月日本美術院々友11名と共に同院を脱退し新に新興美術院を結成し同人となつて活躍した。同展に「石仏」「競馬」「馬二題」「舟正月」「あぐり舟」を発表、昭和25年更に、新興美術院同人中同志5名と共に再興新興美術院として発足、毎年春秋二季の展覧会を開き、「七面鳥」「早春風景」「明神池」等を発表していたが、4月22日逝去した。享年56歳。

宮坂勝

没年月日:1953/04/10

 国画会会員、同会理事、武蔵野美術学校教授宮坂勝は国画会出品作を制作中脳溢血のため、大田区の自宅で死去した。享年58歳。略年譜明治28年 1月1日長野県南安曇郡に酒造業宮坂熊一の次男として生れた。母ミ江。大正2年 長野県松本中学校卒業。大正8年 東京美術学校西洋画科を卒業。大正12年 渡仏、アカデミー・モデルヌに入り、オットン・フリエスに師事。昭和2年 帰朝。第6回国画創作協会展に「女画家」「静物」「南フランス風景」「川べり」「裸婦」「アデン港」等滞欧作を出品、国画創作協会奨励賞を受け、同時に会友に推挙される。郷里松本において松本洋画研究会をおこす。昭和3年 上京。第7回国画創作協会展「初秋郊外」。昭和4年 1930年協会々員となる。第4回国画会展「林」「裸体」。昭和5年 国画会会員となる。以後毎年同会に出品を続ける。昭和6年 帝国美術学校教授となる。第6回国画会展「伊豆下田風景(一)」「同(二)」「同(三)」「伊豆須崎風景」「裸婦デッサン」。昭和8年 第8回国画会展「ポプラ」「浅間風景」。昭和9年 第9回国画会展「裸婦習作」「上高地風景」「下田風景」。朝鮮に旅行する。昭和10年 第10回国画会展「河港」「練光亭」「練光亭と大同門」。ハルピンに旅行。昭和11年 第11回国画会展「キタイスカヤ街」「大同江岸」「夏スンガリー」「大同門」。満州熱河に旅行。昭和12年 第12回国画会展「熱河風景(一)」「同(二)」「裸体」「熱河風景(三)」昭和13年 第13回国画会展「立てる裸婦」「腰かけたる裸婦」。第2回文展「裸婦立像」無鑑査。昭和14年 第14回国画会展「夕之雪山」「雪の南駒ヶ岳」「夕の西駒ヶ岳」。昭和15年 第15回国画会展「風景(1)」「同(2)」。紀元二千六百年奉祝展「憩い」。北支に旅行。昭和16年 第16回国画会展「立てる裸婦(デッサン)」「臥せる裸婦(デッサン)」「腰かけたる裸婦(デッサン)」。再び北支へ旅行。第4回文展「路傍群像」無鑑査。昭和17年 第17回国画会展「裸婦習作」「湖畔雪景」。第5回文展出品「北京北池子街」政府買上となる。昭和18年 第18回国画会展「波切風景」「北京風景(1)」「同(2)」。第6回文展「山湖初秋」無鑑査。昭和19年 第19回国画会展「早春」「雪」。戦時特別文展「秋色」。昭和21年 第20回国画会展「晩秋雑木林」「柿」。第1回日展出品「スケート」特選となる。第2回日展出品「湖畔」特選。信州美術会を結成、同会幹事、審査員となる。昭和22年 第21回国画会展「雪三題(A)」「同(B)」「同(C)」。昭和23年 第22回国画会展「早春」「裸婦」「残雪」。第2回美術団体連合展「山湖新緑A」「同B」。昭和24年 第23回国画会展「湖畔」「雪山」「裸婦」。第3回美術団体連合展「裸婦」。昭和25年 第24回国画会展「晩秋(B)山は雪」「晩秋(A)凩の後」「晩秋(C)静かな湖」。第4回美術団体連合展「山村新緑」「裸婦」。昭和26年 第5回美術団体連合展「風景」。この年末頃より喘息に悩む。昭和27年 第26回国画会展「寝ている裸婦」「立つている裸婦」「腰かけている裸婦」。昭和28年 喘息によつて心臓を痛め、第27回国画会展出品のため「夏の湖」を製作中、未完成のうちに4月10日脳溢血により逝去。国画会展に遺作陳列。松本市より地方文化向上に寄与した功績により功労賞をうけた。

矢崎美盛

没年月日:1953/04/07

 東京大学文学部教授文学博士矢崎美盛は、4月7日胃癌のため世田谷の国立第二病院で没した。享年58歳。明治28年山梨県東山梨郡に生る。大正5年第一高等学校を、同8年東京帝国大学文学部哲学科を卒業した。同12年ドイツ、フランス、イタリア等に留学し、同14年法政大学教授、同15年東京帝国大学文学部講師となつた。昭和2年九州大学法文学部助教授に任ぜられ、同10年教授に進み、この間、同3年ドイツ、フランス、イタリア、アメリカ等に留学した。同16年京城帝国大学教授を兼任した。同23年東京大学教授に転じ、九州大学教授を兼ね、美学、美術史を担当した。また皇太子殿下御進講を嘱託され、大正大学、東北大学、法政大学、早稲田大学の講師となり、後進を指導した。著書に「様式の美学」(創元社)、「芸術学」(弘文堂)、「少年美術館」(岩波書店)、「マリアの美術」(岩波書店)、「絵画の見方」(同上)などがある。

九里四郎

没年月日:1953/03/01

 洋画家九里四郎は3月1日長野県飯田市飯田病院で胸部疾患のため死去した。享年67歳。明治19年東京に生れ、学習院から明治43年東京美術学校西洋画科を卒業した。池部鈞、藤田嗣治、近藤浩一路等と同級で明治44年欧州に留学した。在学中すでに明治40年の第1回文展に「霧の榛名野」が初入選となり、同41年の第2回文展には「蔵」が入選、3等賞となり、43年第4回文展の「老人」も3等賞となつた。然し帰朝後は官展風の自然描写を棄て、強い主観的表現をとる様になり、文展内に於ける二科制設置運動に加わつたが当局に容れられず、官展を離れた。大正3年二科会創立に際してその鑑賞委員に選ばれたが辞退し、第4回展に「庭」「静物」他4点を出品した。その後も二科会に出品していたが、のち料理屋を経営したり、風物を描きながら生涯を送つた。

上田直次

没年月日:1953/02/21

 元文展無鑑査の彫刻家上田直次は2月21日肝臓癌のため郷里広島県賀茂郡の自宅で逝去した。享年72歳。明治13年郷里で当地第一人者といわれた宮大工を父として生れ、早くから彫刻家としての才能を示していた。27歳の時単身上京し、望月圭介の被護をうけ、また旧藩主浅野長勲侯に認められ、困苦のうちにも彫塑に励んだ。木彫を山崎朝雲に、塑像を朝倉文夫に学び、官展で名を現わした。 昭和11年にはドイツ人フォン・ウエグマンに認められ、独仏に紹介されたりした。晩年は殆んど中央の美術展に出品せず、仏像の制作に励み、また広島県美術展の彫刻部発展に尽力した。展覧会に発表した以外の作品に、厳島神社豊太閤(大正8年)、望月圭介胸像、浅野長勲侯胸像、元帥加藤友三郎銅像(広島)、大池忠助銅像(釜山)、沢原為綱銅像(呉)、亀田多吉銅像(安浦町三津口)等がある。略年譜明治13年 広島県賀茂郡に生れた。父は宮大工として知られていた。明治39年 単身上京し、太平洋美術学校に学び、更に山崎朝雲、朝倉文夫に師事した。明治44年 第5回文展に「労働者の妻」初入選。大正元年 第6回文展「水鏡」。大正5年 第10回文展「ゆあがり」。大正6年 第11回文展「うつりゆく心」。大正7年 第12回文展「涼風」。大正8年 第1回帝展「労働者」。大正9年 第2回帝展「沖の不安」。大正10年 第3回帝展「高峰」。大正13年 第5回帝展「老の喜び」。大正15年 第7回帝展「母性の愛護」。昭和2年 第8回帝展「朝餉の戯れ」。昭和4年 第10回帝展「個性」。昭和5年 第11回帝展「山羊の親子」特選、宮内省買上となる。昭和6年 第12回帝展「愛に生きる」無鑑査。昭和7年 第13回帝展「青葉のにほい」無鑑査。昭和8年 第14回帝展「山羊群像」無鑑査。昭和9年 第15回帝展「山彦」無鑑査。昭和14年 第3回文展「空のこゑ」無鑑査。昭和15年 紀元二千六百年奉祝展「聖羊」。昭和16年 第4回文展「村上英先生像」無鑑査。昭和18年 第6回文展「肇国の理想」無鑑査。昭和19年 戦時特別文展「母性愛」。昭和20年 郷里広島県に帰る。昭和28年 2月21被没。

橋本邦助

没年月日:1953/01/07

 初期文展に活躍し、昭和7年第13回帝展からは無鑑査となつていた橋本邦助は昨年来脳軟化症で療養中であつたが、1月7日文京区の自宅で死去した。享年69歳。明治17年1月栃木県に生れ、白馬会研究所に学び、さらに同36年東京美術学校西洋画科選科を卒業した。欧州に二度外遊している。主観的な表現をさけその外面的描写技術は当時としては非常に秀れた作家であつたが、対象の内部まで入ろうとする力には欠けていた。明治40年第1回文展から続けて3度入賞し、その後も官展に出品を続けていたが、近年は振わなかつた。作品略年譜明治40年 第1回文展「秋の花」「裸体美人」「ともしび」出品。「ともしび」は3等賞をうける。明治41年 第2回文展「逍遙」「水のほとり」、「水のほとり」は3等賞。明治42年 第3回文展「幕間」「微酔」「風の海」、「幕間」は3等賞。明治43年 第4回文展「白い雲」「水鳥」。明治44年 第5回文展「凝視」。昭和2年 第8回帝展「けしの花」。昭和3年 第9回帝展「白百合」。昭和4年 第10回帝展「渓流」。昭和5年 第11回帝展「店頭小景」。昭和6年 第12回帝展「店頭風景海の幸」。昭和7年 第13回帝展「蝶々」無鑑査。昭和8年 第14回帝展「午前の海」無鑑査。昭和9年 第15回帝展「紀州白浜千畳敷」無鑑査。昭和10年 第二部会展「芍薬」「菊」。昭和11年 文展招待展「菊花」。昭和12年 第1回文展「果物」無鑑査。昭和13年 第2回文展「大王崎の一角」無鑑査。昭和14年 第3回文展「晴れゆく富士」無鑑査。昭和15年 紀元二千六百年奉祝展「太平洋」昭和16年 第4回文展「M氏肖像」無鑑査。

to page top