寺内万治郎

没年月日:1964/12/14
分野:, (洋)

 洋画家、日本芸術院会員、寺内万治郎は12月14日東京渋谷の日赤中央病院で胃ガンのため逝去した。享年75才。明治23年11月25日大阪市に生まれた。大正5年東京美術学校西洋画科を卒業した。同7年第12回文展に「茶萸」を出品して以来帝展に出品をつづけ、同14年第6回展の「裸婦」と昭和2年第8回展の「インコと女」で特選を受賞、同3年には推薦となり無鑑査の資格を与えられた。その後、新文展、戦後の日展、社団法人日展或いは光風会に裸体や人物画を発表しつづけ、これに独自のアカデミックではあるが重厚な作風を発展させて行った。昭和26年の第6回日展出品の「横臥裸婦」その他一連の裸婦によって日本芸術院賞を受け、同35年には日本芸術院会員に推された。これらのほか母校及び東京教育大学、新潟大学の講師として多くの後進を指導した。
略年譜
明治23年 大阪市生。
明治42年 大阪府立天王寺中学校卒業。
大正5年 東京美術学校西洋画科卒業。
大正14年 第6回帝展「裸婦」出品、特選。
昭和2年 第8回帝展「インコと女」出品、特選。
昭和3年 帝展推薦。
昭和4年 光風会会員。
昭和8年 帝展審査員、第14回帝展「二人の女」出品。
昭和9年 同、第15回帝展「青衣姉妹」出品。
昭和10年 第二部展「浴衣」出品、帝室博物館買上。
昭和13年 第2回文展「赤いコート」出品。
昭和14年 第3回文展審査員。
昭和15年 奉祝展「新秋」出品。
昭和16年 第4回文展審査員。
昭和17年 派遣画家としてフィリッピンに滞在。
昭和18年 東京美術学校講師。
昭和 年 第6回文展審査員。
昭和21年 第2回日展審査員、「画字T君像」出品。
昭和24年 第5回日展審査員。
昭和25年 第6回日展出品「横臥裸婦」並に裸婦連作により日本芸術院賞を受く。日展第2科参事。東京美術学校講師辞任。
昭和26年 第7回日展審査員。
昭和27年 東京教育大学教育学部講師。
昭和28年 第9回日展審査員。
昭和30年 第11回日展審査員。
昭和31年 第12回日展「裸婦」出品。
昭和32年 第13回日展審査員、「髪」出品。
昭和33年 日展評議員、「裸婦立像」出品。
昭和34年 新潟大学教育学部講師。
昭和35年 日本芸術院会員、第3回日展に「横臥裸婦」出品。
昭和35年 社団法人日展理事。以後昭和39年第7回日展まで毎年「裸婦」出品。
昭和39年 12月14日東京の日赤中央病院で死去。

出 典:『日本美術年鑑』昭和40年版(137-138頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「寺内万治郎」が含まれます。
to page top