国宝第二次、重要文化財第一次指定発表

記事番号:01421
年月:1952年03月

二六日から四日間開かれた文化財専門審議会の決定にもとづき、文化財保護委員会は二九日、第二次指定国宝一二六件、第一次指定重要文化財一一五件を発表した。国宝の主なものには「鳥獣戯画」、東大寺の「日光、月光立像」などがあり、また重要文化財の指定は文化財保護法公布以後はじめてで、すでに重要美術品に認定されたもののうちから選ばれたものと全然未指定であつたものから選ばれたものと二種ある。四月三日より一二日まで国立博物館表慶館においてその一部が展観された。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top