第19回世界文化賞受賞者決定

記事番号:04889
年月:2007年09月

世界の優れた芸術家に贈られる高松宮殿下記念世界文化賞(日本美術協会主催)の第19回目の受賞者が決まった。絵画部門ではストライプによる作品で知られるダニエル・ビュレン(フランス)、彫刻部門では多様な素材を用いて自然と人間の関係を探求するトニー・クラッグ(イギリス)、建築部門では表層表現に独自性を打ち出したジャック・ヘルツォーク(スイス)とピエール・ド・ムーロン(同)が受賞した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top