重要文化的景観の指定答申

記事番号:04796
年月:2005年11月

文化審議会(阿刀田高会長)は、11月18日、文化財保護法の改正(2005年4月1日施行)に伴い、新たに設けられた「重要文化的景観」に近江八幡の水郷(滋賀県近江八幡市)の選定を小坂憲次文部科学大臣に答申した。また、同法改正で所有者の自主的な保護に期待する登録制度を建造物以外の記念物(名勝地)にも広げ、函館公園(北海道函館市)など3件が答申された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top