「ヒューマンイメージ」展開催

記事番号:04601
年月:2001年10月

日本美術のなかで表現されてきた、多様な人間のあり方に焦点をあてた総合的な展覧会「ヒューマン・イメージ-われわれは人間をどのように表現してきたのか?」が、10月23日に京都国立博物館で開催された。内容は、「人のきずな」、「恋と愛」、「なりわい」など人間の多様で、複雑なあり方を見つめた10のテーマが設けられ、約120点が出品された。(会期、11月25日まで。)

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top