「牧谿-憧憬の水墨画」展開催

記事番号:04364
年月:1996年10月

中国南宋時代末期から元時代初期にかけて活躍し、日本の水墨画に多大な影響を及ぼした禅僧、牧谿の日本に現存する作品を初めて一堂に集めた「牧谿-憧憬の水墨画」展が26日から五島美術館で開催された(~11.24)。新出作品・模本を含めた展観に加え、図録も伝来作品の図版一覧や資料編を充実させるなど、日本の水墨画研究に大きく寄与する企画となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top