文化財の時代範囲拡大への提言

記事番号:04317
年月:1995年10月

近代の文化遺産の保存や活用のあり方を検討している文化庁の協力者会議(河合隼雄座長)は16日、「大正期以前に限定してきた文化財(建造物)の時代範囲の基準を、建築後半世紀を経過した建造物に改めるべきだ」とする報告書をまとめた。また、橋などの土木構造物も対象に加え、使用しながら保存するよう提言している。これにより、近代の文化財の指定、保存に新たな枠組みが提示されたこととなる。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top