学士院新会員決定

記事番号:03956
年月:1989年12月

日本学士院(脇村義太郎院長)は12日の総会で会員の補充選挙を行ない、12名の新会員を選出した。美術関係では美術史と化学との境界領域に「考古化学」とも称すべき新しい分野を開拓した山崎一雄が選ばれた。これで学士院会員は一部(人文科学)62名、二部(自然科学)74名、計136名となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top